YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
画材メーカー・ターナーさんの色々なBlue
無事、息子も熱下がり元気復活。学校へも行きひと安心です。(心配下さった方々、ありがとうございました)

で、小学校へ送り出してから、今日は朝一番から大手前大学で「表現技法」の授業。
簡単で、でも応用次第で可能性の広がる技法の色々を毎回体験して貰い、できた物を今後の色んなジャンルでの制作の発想に役立てて貰う為にファイルにまとめていき最後に提出(もちろんすぐ返します)させます。

簡単なフロッタージュ(擦りだし技法-壁や床や、木の表面やマンホールの蓋、ロッカーの通気口、机の上の硬貨や紙…色んな物に紙を当てて鉛筆・色鉛筆・チョーク・クレバスなどで形を写しだすのですが、学生達が意外な面白いモチーフ見つけ出したりして、さまよう姿も面白い・・)から始まって、オートマティックに予想外の形ができる、デカルコマニー(絵の具を絞り出して紙を折り畳み転写する、あの不思議な形が心理テストにも使われるもの・・)やマーブリング(昔は墨流しと言われてた、水の表面にインクや墨を流して大理石模様のような手書きでは出せない模様を紙に写しとるもの・・)などを既にやってきて、後半はマスキング技法やスタンピングやコラージュなどもするのですが、折り返し地点でのメインに、マチエール(画肌)とテクスチュア(素材感)作りがあり、昨年は、アクリルのメディウムに各自で工夫して色々まぜこみ沢山の見本を作って貰い、塩やメリケン粉など持ってきて混ぜる子、透明ストローを細かく刻んで混ぜる子、砂や葉っぱや彫刻の部屋の粘土の破片を細かくして混ぜるなど、色々やってくれました。

今年はその自作マチエールの前に、画材メーカー・ターナーさんの協力で、色々な絵の具の組成や、何故艶消しや艶有りにになるか、新しい画材がこんな所にも使われているなどなどの、スライドレクチャーと、色んなメディウムを無料でふんだんに使わせて貰って実際にマチエールやテクスチュア作りをキャンバスボードにつくる講習を入れさせてもらい、今日無事終了。

色々画材店にはあるメディウムも、使って色も混ぜたり試してみて初めて、その質感もわかるのですが、でも、お金のない学生達には色々買って試す余裕は中々無く、こんなに沢山のメディウムや絵の具を自由に試せるのは至福のひととき。余裕あると思った授業時間のぎりぎりいっぱいまで、試作を重ねる学生も多く、よかったなあ…と。
それにメディウムへの疑問・質問を、学生以上に投げかけ、答えて頂いた私や授業を手伝ってくれてるTAのKさん(卒業生で作家活動も頑張っている)も、とても勉強になりました。

そしてターナーさんが持ってきてくれたそれは沢山の色々なBlueの絵の具に感動…思わず見入ってしまいました。

ターナーHさん、本当にありがとうございました。

*ターナー色彩さんは、芦屋美術博物館で月一回開催される「美術館で美術クラブ」にも、画材を無料提供してくださっていて、場所代としての1回1000円の会費で、画材は使い放題で手ぶらで行って楽しめます。
新しいメディウムや画材を試したい方にはいいですね。
次回は6月28日(土)午後1時〜4時だそうです。
(私は中々土曜も所用ばかりで参加できないのですが・・)
| - | 22:30 | comments(0) | - |
墨で大きくクロッキー…に、のびのび

昨日はぎりぎり昼前まで息子の様子見て、まだ微熱だけど吐いたり下したりも治まっていたので、火曜水曜が休みの主人に託して、滋賀県成安造形大学まで車飛ばして出勤。
イラスト科1年の基礎造形実習。先週、前の課題の合評終わり、昨日から新しい課題。透視図法的遠近法と空気遠近法を使って、近景と遠景との空間を描く風景デッサン。
板書で軽く理論で説明して、キャンパス内でいい構図を切り取るスケッチへ。
天気よく、暑い位だったので、何枚かスケッチして3時間弱でとにかく描く場所やアングル決まったら、後半1時間は涼しいデッサン室へ移動して、刷毛や大きな筆を使い墨でのびのび大きな紙へのクロッキーをしてもらいました。
デッサンの細かい作業にキーっとなってた子や、デッサン苦手の子が、実にのびやかな筆のタッチで模造紙に描いてくれて、「ボカシたいところは水でボカシたり、滲ませたりしてみ…」のアドバイスに素直に反応して、それはそれは力作が沢山でき、かつ「楽しかった!またやりたい」の笑顔のおまけつき。

元気を貰いました。

息子を気にしつつ高速飛ばす帰り道、微熱に重い体も、楽しそうに頑張ってくれた学生達のおかげで、明日も頑張るぞって思えました。ありがとうね、みんな!
| - | 00:09 | comments(0) | - |
熱下がらず…40 度に!
もう月曜からは学校へ行けると思っていた息子が、(念のために金曜も休み、土日も家で休んでいたらすっかり大丈夫のつもりだったのに)40度の熱!…なんで?って思わず口走りました。昨日、朝はなかったのに午後、念のため計らせたらぐんぐん上がり、40度!
それからが大変…肌布団にくるまってリビングでビデオ見ていた息子をちゃんと和室の布団に寝かせ、アミノサプリ飲料をせっせと飲ませたり、夕食には消化の良い煮物(大根・人参・山芋や肉団子で)を柔らかく煮込み、少しでも食べて薬飲ませようと…
が、少し食べ進んだところで「何だか吐きそう…」
で、吐き下しも始まり…さすがに熱高いとトイレに行くのもフラフラの息子

夜中もずっと看護の私も、今日は微熱…

朝から再び病院へ。「喉はまだ赤いですが、前回受診の時のとはまた別のエピソードが加わったものかも」との若い医師の小さい声の解説に違和感…。エピソード?…火曜から熱だしてから、木曜にこの病院へ来た以外はずっと家で安静にしていたのに・・・
「金曜から咳が出てきて、胸が痛いと言ったりもしてましたが、胸のレントゲンはいいですか?」「…胸の音は悪くないので多分大丈夫でしょう、一応抗生剤も加えましょう」「下痢には家のビオフェルミン飲ませてますがいいですか?」「あー一応粉のタイプの出しておきましょう」
何となく大丈夫かな…と思いながら、息子の熱がまた高くならないよう、吐き下しがこのまま止まっててくれるよう祈りつつ、食事や飲み物準備しておいて、昼から重い体と心で出勤。

学生達も風邪ぎみの子多く、モデルさんが来る最後の日で、みな頑張って描いていましたが、ずっと鼻水グスグス言ってた2人は、7時40分までの授業の後半、6時すぎのモデルさんの休憩時に相次いで早退。
咳が続いてた子と、もう一人しんどそうにしていた子は何とか最後まで・・
お互いよく頑張りました。色んな風邪が流行ってるようです。

今日はクラブを休んで夕方早く帰宅してくれた次女とともに、私が帰るまでに夕食すませた息子は、無事吐かず下さず、熱も微熱ながら上がらずだったそうでちょっとほっとしましたが、何時まで続く微熱・・明日もまだ学校は無理で、なるべくしばらく安静にといわれ・・・心配です。
| - | 22:31 | comments(2) | - |
In the blue

結局、昨日も今日も、微熱にはなったものの熱が下がらない息子。
昨日は大学の授業が夙川キャンパスで近いし、朝一番から昼過ぎまでの授業だったので、無事授業はこなして飛んで帰り、今日は様子見ながら家で家事と制作。土曜日のNHKの仕事が今週はなくてよかった…

絵は、息子が色々言ってくる中では中々集中できないのですが、そんな事言ってる余裕はないので、また色んなBlueを駆使しながら…数点に少しずつ筆を入れて行きました。

…降り続く雨の中、ユーミンを聴きながら、時折娘や息子達と話し、絵筆を握る穏やかな昼下がり…
しばし、迫る締め切りや、山積みのやらねばならない仕事を忘れられたら…と思いつつ…
| - | 23:29 | comments(0) | - |
人の存在の切なさ・はかなさ・温かさ・・・
私の絵には、人は描かないけれど、そこには、たった今までそこにいた人の存在・・その風景を見つめる人の存在・・そういった人の存在の切なさ・はかなさ・温かさをこめて描いてきました。

連日報道される、中国の震災被害、ミャンマーのサイクロン被害、一瞬の自然災害の前になんてはかない人の存在。そんな中で助けられた命の報道・・今日も180時間ぶりに救出された女性が、運ばれる途中で出産したというニュースに思わず涙・・
衰弱しきった母体、でも赤ちゃんは元気・・きっとこの女性は、体内の愛しい新しい命のために、必死で死んではいけないと、ついえそうになる気力を保っていたのでしょう。
一番安全であるべき学校の建物が、違法建築でもろくも崩れ去り、わが子を生き埋めにされたまま、遺体を掘り出すことすらできないたくさんの親達の悲壮な嗚咽が耳に残ります。

私の作品を収蔵いただいてるシスメックス社が、医療機器メーカーならではの医療機器類をとてもたくさん中国被災地に送る支援をされたことを知り、少し心が温かくなりました。
業績を伸ばしている企業が、自社の利益を上げることのみでなく、その利益の一部を、芸術への支援やこういう災害被災地への支援へも多額に充てられる姿勢、たくさんの企業に見習ってもらいたいものです。

今日は、日曜はあんなに元気だった息子が火曜から熱続いていて(月曜下校後、私が仕事で帰宅遅いのをいいことに雨の中友達と野球してたらしい)、でもちょうど火曜水曜は主人が休みの日、今日木曜は私が家で制作できる唯一の日で家にいてよかったのですが、昨日で熱下がるかと思ったら今日も熱で、病院へつれてったり看護に追われたことでした。人の身体の繊細さをまた感じたことでした。
| - | 23:18 | comments(0) | - |
神戸アートウ゛ィレッジセンターの面白い展に
日曜、ホームズスタジアム神戸へ行く前に、新開地にある神戸アートウ゛ィレッジセンターへ行ってきました。
10cm四方位の段ボール立方体に、それぞれ工夫を凝らしアレンジして、音を内蔵しての「音箱」展。それに、それはそれは各方面色んなジャンルの多彩な面々が出品されていました。
現代美術家で京都芸大准教授・井上明彦氏から案内頂いたのですが、彼は箱の回りに鉛筆で線がぐるりと引いてあり、それを書く音がスイッチ押すと聞こえ…
なんとギャラリー島田社長はニックネーム「蝙蝠」として参加。自身のこうもりたる所以を語る声がスイッチ押すと流れてきて、島田さんの聞き慣れた声に思わ微笑み…
ウ゛ィッセル神戸の出品作もあり、ヴィッセルカラーのその箱からは試合前にいつもサポーターが熱唱する「神戸讃歌」が…
私の絵を納めて頂いてるシスメックス(株)は、先端医療機器メーカーらしく、スイッチ押すと心臓の鼓動音。
お笑いの一節や、祝詞や…バスの「次停車」ボタンが箱につけてあり「押し放題」とあるのは成安の情報メディアセンターにおられる谷本研さんの作品、息子が喜んで何回も押していました。
でも、阪神大震災の当日に、実際に最初に流されたラジオニュースというのには、思わず胸が痛く切なくなりながら聴き入ってしまい…

色んな沢山の小さな音の箱達。たった30秒の音にドラマがありました。

(残念ながら、日曜が最終日で終了しています)
| - | 01:51 | comments(0) | - |
ホームズスタジアムの芝生コートの感触は?
予行の後、ホームズスタジアム内に入ったスクール生達、大画面に自分が映るとVサインしたりしながら行進。最初で最後かも知れない?コートの感触をしっかり踏み締めて味わっておいでと言っていたのでしたが、コーチからは、「大事なコートだから、座ってもむしったりしないように」前もって厳重注意。でも挨拶された会長さんが「みんな寝転んでご覧」といってくださって嬉しそうにみんな寝っ転がっていました。
戻ってきた息子と、引き続き、ウ゛ィッセル神戸とアルビレックス新潟の試合をスタンドから観戦。
必死の応援も勝利には届かず、1-1のドローで終了。
でも、前試合でまた右膝痛め心配していた大久保選手が、元気に出場し、先制Goalを決めたので、それが見られたからよかった…との息子でした。
| - | 01:37 | comments(4) | - |
日曜はウ゛ィッセルスクール始業式に

ホームスタジアム神戸で、ウ゛ィッセルサッカースクール各校から集まったちびっ子達の始業式があり、息子も参加。幼稚園年長さんクラスは幼稚園の遠足状態でブカブカユニフォームが可愛かったのですが、コーチ達が大声での指示にも中々まとまらず、スタジアム前の芝生で長い予行…スタジアムに入場してからはあっという間でした。
ちなみに、ウ゛ィッセルサッカースクールは、ウ゛ィッセルユースを育てるような精鋭チームと言うのでなく、地域の少年達の健全な心身育成にウ゛ィッセルの若手指導部コーチ達(元選手も)が県内各地で開いているもので、誰でも入れます。
今まで少し遠い所ばかりだったのが、この春から我が家から近い深江浜フットサルコートにも開校したので、ウ゛ィッセルファンの息子は週1回金曜夕方〜夜のそのスクールに、何とか行かせて欲しいと懇願、忙しい母は悩んだあげく、塾に行かなくていいくらい自分でちゃんと勉強する約束でOKを出し、回りは塾に忙しい子も多くなる中、サッカーへ送り迎えしている私です。
| - | 12:41 | comments(0) | - |
出勤前、朝のヨットハーバーにてバス待ち

我が家から最寄りのバス停は南北に2ヶ所あり、南側ヨットハーバーを目の前に望むバス停の方が、朝は先に、午後は逆回りで後になります。なので、時間に余裕のある朝は、見晴らしがよく座れる可能性も高い南のバス停へ向かいますが、2〜3分差とはいえぎりぎり飛び出した朝には少しでもあとの北側バス停へ駆け付けバスに滑り込みです。
今朝は、余裕を持って出れたので南へ。晴れ渡る朝のヨットハーバー前の芝生公園、たんぽぽやクローバーがそこここに…ヨットは爽やかな陽射しに輝き、バスに乗って仕事へ向かう前のささやかに気持ちいいひとときでした。
10時過ぎから12時半過ぎまでNHK神戸文化センターでの「大好きな絵を描こう」講座。今日も皆さんそれぞれに、物凄く細密に描く人、おおらかに大胆に描く人、デッサンから淡彩の人や、しっかり着彩の人、色鉛筆でスケッチ風に…は新しく来られた方。それぞれがその人にあった描き方で、楽しんで絵が描けるように…いつもそう思って、生き生きとしたひとときのお手伝いを(時々アドバイスや、時にちょっと手を入れたりしながら)しています。

終わってから、中々クラブの休みがなく、中間試験前の今しか休みがない高校2年の次女と待ち合わせ…、来月に迫った修学旅行(ニュージーランド!)に向けての買い物がしたい彼女の、前から行きたがっていた京都のお店を探して案内。
小学校でサッカー練習の息子には、おむすびのランチを作ってきたのでちゃんと食べれたか電話入れたりしながら、やはり京都へは行き帰りに時間かかるため、3時頃着いて、夕食時間に間に合うよう5時過ぎには出る僅か2時間ほどのショッピング。
私が用あるギャラリーにも1軒だけ寄らねばならず、次女はまだまだお店見たいようだったけれど、一人待つ息子も気になり急ぎ帰宅、それでも7時。大急ぎで夕食準備して8時までには何とか、鶏肉と新キャベツたっぷりのクリーム煮とドライカレー半熟卵乗せの夕食をまず3人で。9時半から10時に時間差で帰ってくる主人や長女。
今日も朝から晩まで目まぐるしく…
| - | 00:05 | comments(0) | - |
久しぶりに手作りサンドイッチランチを

なるべくもう、自分達で作って持って行くようにしている大学2年と高校2年の娘のお弁当。
でも今日は、よつ葉さんの美味しく安心なサンドイッチ用パンが届いていたので、私が大学へ持っていく昼食とともに久しぶりに、娘らの分も合わせ3人分のサンドイッチを手作り。
写真写り悪いですが手前は、ベーコンと溶けるチーズを片面それぞれに乗せて焼いて、少し冷ましてから、間にきゅうりとサラダナをキュッとマヨネーズ絞って挟んだベーコンレタスチーズサンドイッチ。粗びきブラックペッパーを効かせて…(汁が出ないよう一切れずつラップ-燃やしても塩素ガスやダイオキシンがでない薄いポリエチレンラップ)
向こうに並ぶのが、作りかけの、定番潰しゆで卵にマヨネーズを混ぜたサンドイッチ。薄くスライスして種や水分拭き取ったトマトとチシャ菜も挟んで栄養も彩りもバランスよく…。

今日は晴れて日中は暑い位だったので、それぞれミニ保冷バッグに保冷剤とともに入れて持たせてよかった…帰宅後「美味しかったわ〜!」次女がニッコリ、こちらもニッコリでした。

大学から帰ってからは早めの夕食作り食べさせて、修学旅行から元気に戻った息子を6時半〜8時すぎまでのサッカースクールへ送り迎え。
深江浜まで送ってから、コーナンへ走り板材など素材買い出しし、7時半頃コートサイドに戻って8時過ぎまで見学、連れ帰りました。
夜は浜風がまた肌寒く身に染み、5月半ばで暑かったり寒かったり…気候不順が続き、大学のめったに風邪ひかないTさん(美芸院助手さん)が珍しく風邪でしんどそうでした。一人暮らしの彼女、大丈夫かな…
| - | 00:00 | comments(2) | - |
命・・・
今朝は、夕べから心配したひどい雷と雨もすっかり上がり、さわやかに晴れた中、いつもなら起こしても中々起きない息子が5時過ぎに一度で起きて、朝食中も賑やかに、今日行くリトルワールドの話などしながら食べ、最後の荷物点検もして、修学旅行へと出発。「行ってきま〜す!」と大荷物持って飛び出したあと、も一度ドアあけて、「顔見て言ってなかった、行ってきます」と満面の笑顔。あんないい笑顔で手を振ってでて行かれたら、旅先でなんかあるんじゃないかと取り越し苦労?の心配してしまいました。

先日来、何時間か前は元気だった娘さんが遺体となって帰ってきた事件が2件続き、親御さんはどんなに胸のつぶれるような悲嘆の淵に沈まれてることかとたまらぬ思いでいます。何てひどい・・犯人は一刻も早く捕まってほしい。
そして、ミャンマーのサイクロン被害、どんどん増える犠牲者と、他国からの救援部隊を受け入れない軍事政権。中国の大地震・・目の前のつぶれた学校の中に生き埋めになった子供達がいるのに、救出ができないで泣き叫ぶ親達・・・こちらもニュースのたびにどんどん増えていく犠牲者数・・。

その一人一人が本当にかけがえのない命・・・。

愛する家族を突然失う悲しみが痛いほど実感を伴う私には、突然の大きな自然災害の前にはなんてはかない命・・とあらためて恐ろしく思うとともに、
救出や支援を阻む人災的要素には、深い憤りを覚えます。
と偉そうに言っても、私には一人でも多くのひとが助かってくれるようにと祈ることしかできないのだけれど・・・
| - | 00:03 | comments(0) | - |
今日は湖西の学舎で授業
GW休みで2回抜けて、3週間ぶりの成安造形大学。
久々の学生達は元気に全員出席。イラスト科の1年生の基礎造形実習を担当しているのですが、学生達のモチベーションの高さにいつも感心します。そして遠方(東北・中国・九州など)からの下宿生の割合が高くて、素朴でかわいいのです。
この大学では、日本画・洋画・彫刻、写真や映像、デザイン各種など、やはり少子化の影響かじりじり減ってたりする中、イラスト志望の学生は逆に増えて行っていて、競争率も上がったりしてるせいでしょうか。頑張って来てる学生が多いのです。今日も、1時40分から6時まで4時間20分の長丁場も、本当に皆よく頑張っていました。

朝はとても気持ちいい五月晴れだったのに、授業中から掻き曇り、帰り道は冷たい雨…何だか5月半ばなのに寒いこと。明日早朝から息子が修学旅行へ旅立つので、雨が上がって暖かくなってくれる事祈りつつ…朝5時に起こして朝食食べさせさないといけないし、後片付けと朝食下準備できたら今夜はなるべく早く寝なきゃと思っています。
| - | 00:17 | comments(2) | - |
新緑のS女子大学にて

昨日・今日は土日の冷たい雨や風と打って変わって爽やかな五月晴れ、動いていると暑いくらい。暑くなったり寒くなったりで、体調崩したり風邪ひきの人も多いです。皆さん気をつけて下さいね。
昨日、O大学へ出勤の途中、S大学に用があり立ち寄りました。O大学の伊丹学舎も南仏風の明るい綺麗なキャンパスなんですが、S大学は英国風かな…と、建物までの深い緑のアプローチに勝手に思いながら、落ち着きある中に女子大学の華やいだ雰囲気が、かつて10年前くらいのO大学を彷彿とさせるものがありました。

昨日はまた午後から、土曜に補講をした2クラス。午後7時40分まで…。皆元気に出てきていましたが、かなり眠たそうな子がいて、「寝不足?」と聞くと、早朝からコンビニで働き、大学来て、終わってからもまたバイトして、何とか学費払ってるそう。「スミマセン!居眠りしません!頑張ります!」「よく頑張ってるやん、えらいなぁ」クロッキーもドローイングも本当にしっかり頑張って描いている彼女に元気を貰った夜の授業でした。
| - | 12:08 | comments(0) | - |
補講の必要性???
昨日は、大手前大学の月曜授業が、どうしても振り替え祝日などで休み多くなり、規定の前期15回を満たせないために設定するように言われた補講。
休みでいる息子の遅い朝食の世話と昼食の指示して昼前に飛び出したものの、ひどい雨で道も混み、授業開始直前、1時に滑り込み。けれども教務の職員さん達も休みで、預けてた資料本どっさりが中々出せず、チャイム鳴って駆け込み、息切れしながら休日返上で来てる学生に謝罪。でも学生の遅刻も多かったなぁ…。
3時間授業を2コマ。休み時間ふくめ6時間半、7時40分まで。ぎりぎりまで時間がかかって描いていた数人の学生の完成を待って提出作品受け取り、片付けして事務室へ8時頃戻ろうとすると、すでに電気も消え、鍵もかかっていて唖然。同じく補講していた先生が通りかかって裏口が開いてますよ、と教えて下さって、裏口から入ってタイムカードは何とかなったものの、非常勤講師控室も既に施錠されていて、その中のロッカーに貴重品バッグを預けていた私は真っ青!やめてぇ〜と呟きながら、無人の暗い事務室で鍵の在りかを捜し、何とか見つけ出して鍵開けバッグゲット、よかった〜!
でもあんまりじゃありません?この仕打ち。休日返上で冷たい雨の中出講し、学生達も休日返上だから不満げな子も居て…
クタクタで出てくると大学側のフォローはなく締め出し。
補講をする必要性に疑問ふが…。
| - | 01:51 | comments(4) | - |
兵庫県芸術文化協会発行紙面に…
少し前に自宅まで来ていただいて、2時間余りの取材。本当に沢山お話しし、纏めるのは大変だろうなと思っていましたが、とても上手く纏めて頂いた記事、受賞者の「素顔拝見」が掲載された、兵庫県芸術文化協会発行紙「すずかけ」が、先日届きました。
取材してくれた女性が、「本を出されたら!?
今、大変な状況下にある人の励みになりますよ!きっと」と言って下さったほど、色々次々困難が押し寄せたりした私の事、その一部分ながら、素敵に纏めて下さってる「すずかけ」5月号。ご覧になりたい方は、神戸・ギャラリー島田に30部ほど…、9月ギャラリー30周年と受賞記念展として企画頂いてる個展会場(やはり神戸・ギャラリー島田)にも置きます。
私が話してる最中の画像とプロフィール、作品画像2点とともに、3人の子供らとともに、まさに素顔の授賞式後の写真も載っています。
| - | 01:08 | comments(2) | - |
夜の授業・・夜のドライブ
昨日は大手前伊丹キャンバスでの『クロッキー&ドローイング」の授業。
「GWは楽しく過ごせましたかぁ〜?楽しかった人!」・・約3分の1。
「じゃあ、しんどかったなぁ〜って人は?』・・約3分の1。
『ではでは・・たくさんの人に会ったし、スケッチやクロッキーもしたぞって人は〜?」・・・・0。・・・がっくり
気をとりなおして、とにかく学生達のモチベーションを高めるべく考えコトバかけしながら、終わる8時前には真っ暗になる夜の授業。
奄美から来てる学生は、『実家に帰ったの?』の問いに、『そんなぁ〜先生無理ですよぉ〜、なんせ1回帰ったら10万円以上かかるんですもん。盆と正月位しか帰れません〜』そうか・・大変やねえ・・と身体気をつけや・・など話していると「なんか先生お母さんみたいに思えてきた〜お母さん恋しくなってくる時期なんよね・・』他にも富山からや広島から、初めての下宿生活に不安な思いの1年生たち。がんばりや。気をつけて帰るんやで・・自分の子供達ともかぶって、思わず声かけにも力が入ってしまいました。

帰り道、夜のドライブ。これが中々快適なのです。
出てくる前に、忙しく夕食準備してくるので、授業終了後、電話をいれ、無事夕食を次女や息子ら先に済ませたこと確認したら、あとは慌てることもないし、すいた夜道を好きな音楽かけながらのゆったりドライブ。
家ではなかなか自分の好きな音楽をゆったり聴く暇もないので、一人だけの至福のひととき、ユーミンや、コブクロや小田和正、ビートルズを、個室で大音量で聞きながら・・
| - | 23:20 | comments(4) | - |
新緑-ヨットハーバーへの道…チョットダウン

4月に同じアングルで桜満開のヨットハーバーへと続くこの小道を載せましたが、今は新緑-昨日の小雨の後でまさに生き生きと若い緑が輝いています。

でも私はちょっとダウン。
連日分刻みのスケジュールがちょっとこたえたかな……
昨日も所用何ヶ所か三宮でこなし、(いつもクラブで休みなしの次女が珍しく休みで、ランチは一緒にいいひと時を持てたのでしたが)慌ただしく帰宅して夕食準備し、6時すぎに合宿から帰着の息子を迎えに…。みんな日焼けしたいい笑顔でバスから降りてきました。帰って家族5人久々に揃っての夕食、疲れて眠そうな息子には、シャワー浴びて寝るまえに、沢山の汗くさい洗濯物を自分でバケツ2つに洗剤液でつけおきさせたりの指示をして、できるだけ自分でできる荷物の片付けをさせてから寝させたのですが、そのあと残った片付けや翌朝の生野菜の準備してる頃から胃が痛みだし…それから夜中まで、何度か吐いたりちょっと大変でした。
元々疲れがたまると胃が痛むたちで、春休みにもお医者さんの検査でかなり荒れてるからとしばらく投薬されてたのでした。
気をつけねば…と、今朝はゆっくりして、山盛りの洗濯物だけ何とかこなしました。五月晴れの洗濯日和で助かりました。
明日の大学へは無事行けそうです。
| - | 22:27 | comments(4) | - |
カフェも素敵

前に書いたギャラリーの1階のcafeサルンポワク。ジブリ美術館に勤めていたと言う若きオーナーの素敵なお店。美味しそうなピタパンサンド?やドリンクをゆっくり読書したり友人とおしゃべりしながら楽しむお客さん達。
私は時間なくとんぼ返りで残念でしたが、また行ってみたい。
GWの喧騒とは無縁の場所でした。
| - | 22:29 | comments(0) | - |
可愛いモデル・ジャスミンちゃん

1日から明日6日まで、箕面の素敵なcafe2階にあるギャラリーで、井上直久先生と娘の菊子さん、そのご主人の濱本裕介さん(お二人とも京都芸大洋画卒業の作家)の3人展が開かれています。菊子さん夫妻の娘で1歳10ヶ月の可愛いジャスミンちゃん(本名からもじった愛称です)がモデルの作品が主で、私は昨日、家事と制作の合間に慌ただしくバス・電車乗り継ぎとんで行ったのですが、なんかゆったり温かな空気が流れていて、ホッとそこにいる間気持ちが和みました。
明日、最終日は16時までですが、阪急宝塚線沿線の方や、連休最終日予定を入れずにいる方、おすすめです。
阪急箕面駅下車。ロータリーを右に線路沿いに戻り、一筋めを左折して少し行くと左にある素敵なカフェの2階です

MI・CA・LIgallery
tel-072-764-8200
1:00〜明日は16:00まで
| - | 22:19 | comments(0) | - |
風景は青く響く…巨匠東山もまた

昨日の朝の新日曜美術館(NHK教育TVで毎日曜am9:00〜10:00)、タイトルは「風景は青く響く・東山魁夷」
これは見なければと思い見ました。
全作品の中で、青を基調にした作品が高い割合を占めている画家の作品に、初めて出会った学生時代から、日本画作品ながら心惹かれ、父が買ってくれた画集を大事に見ていました。少し前に京都文化博物館で開かれた、川端康成との交流書簡も紹介された久々の大きな展覧会も多忙な中何とか見に行きました。
その画家が、やはり家族の相次ぐ死に向き合い、喪失感の中から青の作品を生みだした事、50歳頃の北欧の旅が、その後の作品に大きな影響を与え、さらに深い青…静謐な光と影を生みだした事に、あまりの自分との共通点に(もちろん巨匠と自分を比較するのはすごく僭越ながら…)驚き感動でした。

姉と母の急な死による大きな喪失感、4年前展覧会の機会を貰って初めて立った北欧・デンマークで、自分の追い求める光と風の風景がまさにそこにあって思わず涙した私…
好きなBlueの作家(でもやはり、好きな作品とそうでない作品もありますが)が、同じような体験の中からあの深い作品達を生み出された事が、北欧の旅以降50歳以降に多くの傑作を生み出された事が、とても元気をくれました。

やはりBlueは「喪失と再生の色、可能性の色」
| - | 21:39 | comments(0) | - |
晴れ渡るGW に-芦屋から京都へ

昨日3日は、朝4時半に起きて息子と娘のお弁当作り。5時に起こして朝食取らせ、持っていく荷物の最終点検もして、息子は6時過ぎにサッカー部の合宿の集合場所へ送り、次女はバレーボール部リーグ入れ替え戦へ出発。それぞれ「頑張ってき〜や」

それから9時過ぎに出て芦屋美術博物館へ。アートフリーマーケットの受け付けで13時までお手伝い。好天で沢山の家族連れや個人の参加も多く賑わっていました。(写真)AMM・Sさん・Mさん・Iさんお疲れ様でした!。

そしてそれから車を飛ばして、既に12時半から始まっているH先生(芸大先輩でO大学での上司)の新居兼スタジオでのO大学芸術系担当先生らの集まりに京都へ。
渋滞を心配しましたが、名神高速の大山崎インターでおりたため、そのすぐ先からの京都東辺りまで10数曾詑擇砲牢き込まれずに済み一安心、スムーズに2時半に着き、5時過ぎまで先生方や助手さんTAさんらと色々話したりスタジオ見学させて貰ったり…京都芸大近く、柿畑を望む素敵なスタジオ兼住居でした。

帰宅後、いい試合をしてリーグ昇格なったと言う次女におめでとう言いながらの夕食。ウ゛ィッセル神戸と浦和レッズの試合も前半終わりからは見れて、合宿中の息子達は見てるのかなと思いつつ、応援。惜しいGoalならずのシュートがウ゛ィッセルには3回位あり、首位浦和に後半先制されてその後吉田のゴールでドロー=同点で終える事できたものの、大久保の厳しい表情は勝てたはずとの思いが感じられました。
| - | 23:14 | comments(0) | - |
芦屋美術博物館アートフリーマーケット
明日と明後日、芦屋美術博物館の庭で、恒例のアートフリーマーケットが開催されます。多彩に色々なブースが並び、若手の作家さんの陶器や木工作品が手頃な値段で買えたり、ワークショップコーナーもあります。今年は「手仕事の温度」というテーマのもと、過去最高60コーナーの出店(一部ホールも使って)だそう。お近くの方や予定のない方、美術館の展覧会も見がてら遊びに出かけてみて下さいな。昨年もお子さん達とワークショップコーナー楽しんだり、家族連れでも賑わっていました。
この春卒業した学生達が、急な声かけにも関わらず、子供のワークショップコーナーのボランティアスタッフに来てくれたのが懐かしい・・・。今年は新年度始まってからも、担当授業がさらに増えたりの変動もあり、入って来たての1年生の授業が多いという事もあり、バタバタしていて学生スタッフを頼む余裕もないまま……ワークショップコーナーは、熟年?ボランティアスタッフ達で頑張られるそうです。
私も明日は早朝に息子を合宿に送り出してから、午前中から1時までですがAMM(美術館運営NPO)一員として(たまにしか手伝えないのですが)手伝いに行きます。

アートフリーマーケット
5月3日(土)・4日(日)10:00〜17:00 雨天中止
芦屋市立美術博物館 前庭とホール
阪神芦屋駅から南東へ徒歩15分
0797-38-5432
| - | 10:05 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< May 2008 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ