YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
新しい旅立ちへ
長くもってくれてた桜も、散り始め……新緑の季節へとうつりゆきつつありますね。
勤務していた大学も、地元の学校も、入学式も終わって新学期がスタート。そして卒業した学生たちは新生活を緊張と共にスタートしてるだろうなと、(みんな頑張れ!)と心でエール送りながら、私自身も前を向いて新年度のスタートです。
 次の個展やグループ展のための準備は、制作はもちろんのこと、具体的に美術館への大作(9月)や、少し前に打ち合わせした仙台の個展(8月)、銀座の個展(9月)少し先とはいえホームグラウンドの神戸の個展(12月)も、それぞれの会場を考えた上での展示プラン、構想、そこからまた画材の発注や、どんなフレームをつけるか(つけないか)考えて、計画的に進めないと。
 そして新たな出品依頼や仕事の依頼にも相談に乗りながら・・・なんだかバタバタ毎日が過ぎてゆきます。
 週に3日あった大学授業は退職したものの、来月は別大学での集中授業は引き続きあるので、つい、O大学の仕事終えたら時間ができるからと依頼頂いた展を受けて、今年は個展が各地で4つ企画頂き、グループ展も(海外にも出品することになりそうで)多数になってしまい、ちゃんとそれぞれに完成度のある作品展示しなければと、改めて心引き締めて毎日絵に向かっています。

*NHK講座の増設講座は京都・神戸共に希望者が集まらず開設されないとのこと、ゆっくり考えていた方あればすみません。現在教える講座は満席、キャンセル待ちとなる状況です。。
| - | 13:24 | comments(0) | - |
青と白、白いガーベラの花言葉は…

4月になりました。
アトリエで聞いてるラジオ番組が、あれ?声が違う…と思うと、春の番組改編で長く続いていた番組がなくなったり、パーソナリティーが変わったり…そんな事から新年度がスタートしたことを実感したりしています。

寒い日が続いてつぼみがなかなか膨らまずにいた今年の桜も、先週から急速に暖かくなって開花し出し、我が家近くのハーバー前の桜たちも満開になった今日は「さくら祭り」。沢山の人で賑わって、私はまた防災ブース助っ人に呼ばれてお手伝い。暑いくらいになった日差しの元、炊き出しの豚汁は売れないのでは?の心配は、昼過ぎには完売の嬉しい誤算となりました。

何やかや身辺慌ただしかった3月でしたから、4月には本格的に8月9月の展のための制作にも取り組まねばと、大作の構想も練りながら小品制作。
ホワイトガーベラの花言葉は、希望・律儀・純粋…
白は青に似合うのです。

| - | 23:12 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2024 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ