YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
忘れないで…





| - | 21:08 | comments(0) | - |
JuneからJulyへ…今年も折り返し
豪雨でスタートの今日は夏至でしたね、今年も早くも折り返し。。。

日曜日は京都ギャラリーaさんでの「Breeze展」無事終了。来て頂いた沢山の方々ありがとうございました。
教える仕事と迫る個展準備と病院の父の色々も毎日あり、初日と土・日のみ、それも夕方5時からくらいしかギャラリー行けずで、お会いできなかった方多く、すみませんでした。
「Breeze展」・・・素敵なメンバーでの展覧会を気持ちよくさせて下さるオーナーMさんが、「皆さん良い展覧会ですねと言って下さってましたよ、また来年もしましょうね!」とご自身も楽しそうに企画して下さるのが、とても嬉しく、ありがたく…励みになるのです。
そして、初日に集まった時も最終日片付けの前にも、メンバーの誰も、Breeze展って何回目?もしかして来年10周年?とか言いながら定かでないのが(オーナーMさんも)そのゆるさがまたいい感じなのでした。いや、もちろん作品に対する姿勢は皆シビアです。だから良いのですね。

月曜は、O大学で朝から夕方までフル授業。それからアトリエ走り制作。
昨日は父の病院へ行ってからアトリエへ。今日はO歯科大学で授業してからアトリエへ。明日はまた病院へ行ってから大学、そしてアトリエ。
いよいよ迫りくる個展へ、ラストスパートの毎日です。

| - | 23:49 | comments(0) | - |
個展に寄せて…
梅雨入りしたものの、爽やかに晴れる日多く、助かる。。。けど、農家の方は水田など困るだろうな・・
そんな事思いながら、今日も父の病院からアトリエへ。個展も迫りちょっと遅くまで制作頑張って帰宅したら、夕食いらないと言っていた息子が早く帰って寝ていて体調悪いとのことで、熱計ると38度。食欲なく何も食べてないというから、食べれそうな物、そうめんなどしてやったり…暑くなったり肌寒くなったりで夏風邪でしょうか…。(大きくなっても子供は何かと心配です。そういえば、小さい頃から個展前とか仕事忙しい時にかぎって子供ら高熱出したりケガして病院走ったりでした…)

個展に向け、ギャラリー島田の画廊通信に以下の文章を寄せました。
『毎日絵に向かう。
仕事や父の病院から帰ってのわずかな時間しかない日も、その時間が、「先生」でも「娘」でも「母」でもない、画家としての私に、私自身に向き合う時間となる。
いってしまった人達から受け取った温かいもの、厳しいものを、光と影、静かな風、様々なブルーに託しずっと描いてきた。絵は、正直にその時その時の生き方を映し出す。
母が亡くなって30年、そして私自身が母になって30年、それだけの時を経ても、受け取ったものを子供らに渡せてはいないな…などと思いながら、言えなかった沢山のありがとうの思いは(それは母にだけでなく)、いつも絵の中にあるのです。       井上よう子  』
| - | 00:20 | - | - |
揺れる紫陽花の・・・切ないブルー
火曜日、京都ギャラリーaでは「Breeze展」始まりました。
大阪歯科大学での授業(学生らに色彩の講義のあと、肌の色作り、頑張ってくれました)を終えてから、5時半すぎて駆けつけたのですが、早々に来て下さった方々、ありがとうございました。不在ですみません。
其々にとても力ある作家メンバーで、良い刺激を貰えるこの「Breeze展」毎年企画しお世話下さるギャラリーaさんに感謝し、楽しみにしてるのですが、個展も迫り、今年は在廊ほとんどできません。
初日夕方からは出品者皆そろい、他にも元芸大の先生方や作家さんも集まりにぎやかに。
そこへ、仕事で来日中で翌日デンマークへ帰国のYUKU TAKADA KELLERとモーネ工房の井上由季子さんも来てくれて、久々にY3(YUKO&YUKIKO&YOKO)の再会も嬉しかったことでした。

一昨日は梅雨入りして、雨の水曜日・・・
でも昨日は雨上がり、キャンパスにも爽やかな風。
今日も晴れて、紫陽花の花が風にはかなげに揺れる姿がきれいで、父の病院へ行く道でしばし見とれました。
アトリエで7月の個展への絵に向かった後、ガーデンズのショップで見つけた紫陽花(生花ではありません。微妙な青色が素敵なアンティーク紫陽花のイミテーション)を買って、ブルーの小瓶とともにプレゼントラッピングしてもらいました。
明後日は、緩和ケア病棟で、3回目の…
父のBirthday。
| - | 22:55 | comments(0) | - |
7月の個展


展覧会が続きます。
日曜までの神戸三ノ宮でのグループ展終了後、来週火曜から2週間は京都・ギャラリーaでの毎年恒例企画頂いてる≪Breeze≫展。
7月にはまた神戸ギャラリー島田での個展。
ひたすら描く毎日。
大学仕事・父の病院へもほぼ毎日…で、案内頂く展にも行けなかったり、案内状も発送少しずつだったり…不義理をお許しください。
とにかく今の私が描けるベストの作品をぎりぎりまで頑張って出品し良い展覧会にするのが、企画して(リスクを背負って)下さるギャラリーへのせめてもの恩返しであり、自分の生きる力の元でもあるのです。


| - | 00:20 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ