YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
光る海を見つめて
寒さ厳しくなってきました。凛と冴えわたる空気の中、時おり雲間からさす光に海は目に痛いほど輝いて…光が強ければ強いほど、今はそこに哀しみを感じてしまいます。
不安定な天気とともに、心も晴れたり曇ったり。
一昨日は大学授業で、風邪ひきさんが増えた学生達を励まし励まし制作指導。
そして夕方、父が4年半お世話になった病院へ支払いにと、病棟へも上がりお礼のご挨拶に。エレベーター降りたら、、そして右の部屋に入ったら、まだそこに父がベッドで待っているかのような錯覚を覚え(困ったな)
昨日は雨が降ったりやんだりの中、明石市役所や、明石の年金事務所などへ諸々の手続きに。
市役所は、駅から南へ歩いて海の前をさらに東へ。
年金事務所は、逆に駅から北側、明石城のお堀端を西へ。てくてく歩いていると、32年前に、母が検査入院して末期がん宣告を受けた時、お腹の中に長女を抱えて九州からの祖父母たちを迎え、共に泊まったグリーンヒルホテルが目の前に現れて・・・えっ?
何だか記憶の迷路にさまよっているかのような、小雨の中の彷徨でした。

朝は美味しいコーヒーを、昨夜泊まった次女にたててもらい、コーヒーが好きだった父の前にも焼きたてトーストと共に(元気だったころは父は朝はコーヒーとパンとゆで卵サラダとミルクでした)そなえ、今日も役所や病院に走り、やっと少しアトリエにも行って絵の前に。絵に向かう時間は心落ち着きます。
絵の持つ力・・・感謝。

まだしばらくバタバタは続きます。連絡不行き届きやら、失礼もあるかと思いますがどうぞご容赦下さい。
| - | 22:30 | comments(0) | - |
2018.12月3日の朝に
 人が亡くなると哀しみに浸る暇もなく怒涛の時間が流れますね。
母の時もそうだった…
今日病院に会いに来る予定だった次女は間に合わなかった、お爺ちゃんごめんと涙…思わず抱きしめてやっと涙。
 夜中に一緒に病院へ駆けつけた息子、お腹が大きい(もう来月予定日)長女もその旦那さんもよく動いてくれて助けられました。
 長い病院生活だったけれど、12月3日の明け方に父は安らかに逝きました。
 31年前母が亡くなってからは一人娘の私が看取らねばと。
やっと果たし、通夜と葬儀(親族と父と近しかった方だけでの)の喪主も終えたけれど、また明日からも、仕事の前や帰りに病院へ走ってしまいそうな私です。
 今まで心配下さった方々、ありがとうございました。
| - | 01:21 | comments(0) | - |
乗っ取りに合った?
3日前にPCに不審なメールが届きました。
私の電子メールとデバイスをクラックしたハッカーだと。
私の連絡先全てを保存したしウイルスをインストールしたし、送信してほしくなければの600ドル請求。
私自身のアドレスが発信元になってるので慌てました。私からのメールだと思って友人知人が巻き込まれる事態になるのではと胸がざわつき慌てたのです。
けれど、システムエンジニア氏(長女の旦那さん)やプロバイダーに相談し、私のパスワードは変更されてないし心配ないとの事。同じ文面での相談が他からも今寄せられてるし詐欺ですとのこと。
こういうのに慌ててお金を振り込む人‐自分の知人たちに迷惑がかかるかと慌てる人もいるかと…
やめてほしいですね。本当に…皆さんもお気を付けください。。

さて、12月に入りました。
何だか一段と時間が飛ぶように過ぎてゆきます。
昨日はNHK講座へ。
やはり体調が心配な方、静養で休まれてる方、気になりながらの指導。
でも、絵がもたらす素敵な力は、必ず心身に良い物を目には見えずとも与えてくれる…、実際そういう力に自分自身元気を貰って生かされてきましたし、学生や様々な場所での生徒さんにも感じて実感してきました。
教室には来れなくても、無理なくで、絵に少しでも向き合って楽しんで頂く時間が持てますように・・・
| - | 11:30 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ