YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
GW突入、でも変わりなく制作です。
今日から世間はゴールデンウイーク。3年ぶり旅行にの人も多いようで、新幹線や飛行機、高速道路も混み合ってるとのニュース報道を見ながら、私は変わりなく制作の日々です。

昨日は大学授業後、長女宅へ誕生日祝いの夕食を届けに走ろうとしたら、大学正門出て駐車場への道で、老婦人が自転車と接触しかけて倒れ、頭打って失神、慌てて駆け寄り救急車到着まで出血されてた頭をハンカチで押さえ寄り添って…。無事救急車に託してからも長女宅へ向かう途中、警察から電話(目撃者として連絡先を救急隊員に聞かれ伝えたので)、要請されてまた現場に戻ってお話し、長女へは連絡入れて遅くなってのお祝い夕食になりましたが、その老婦人は無事意識戻って大事なかったとの連絡入り、良かった・・・。寄り添いながら、母が生きてたら同じ位だろうかと…とにかくご無事で本当に良かった。

今日は大雨の中アトリエへ。9月銀座の個展への作品を描くのと並行し、6月末〜7月京セラ美術館でのGe展出品大作の地塗りを重ねていました。
6月京都ギャラリーaでのBreeze展(5人展)も3年ぶりに開催決まって、その搬入展示日など連絡メールも入って来て、展覧会を楽しみに待ってくれてる方々を思いながら、GW中もとにかく制作頑張りたいと思います。
| - | 22:33 | comments(0) | - |
残影1

京都市立芸術大学4年の時、アトリエ棟の窓辺と、窓の外は異空間に描いて、逝ってしまった存在への想いを込めた80号の油彩画でした。(ワイエスの影響が大きいですね)。そして全国公募の展に初挑戦し入選。東京・大阪・京都の美術館で自分の作品が展示されて感激したものでした。



| - | 11:37 | comments(0) | - |
残影3

京都市立芸術大学 大学院時代の作品、油彩80号。
貧乏学生は、自力でベニヤ板と木材でパネルを作って…でもだから震災の揺れなど経ても40年も無事にいてくれたのかもしれませんね。
| - | 11:37 | comments(0) | - |
残影たちと向き合って
前週の土曜は、また空き家になって久しい実家のことで明石へ。
両親が明石に家を建てて実際に住みだしたのは私が家を出てからなので、私は住んだことのない地ではあるものの、小さい頃は祖父母が住みお正月には親戚が集まっていた場所、母亡き後は、法事をしに行っていました。
父が亡くなって3年、その前に我が家近くの病院に約5年の入院生活、空き家になってから10年近くが経ってしまい、それまでも、家事・仕事・制作・子供の事父の世話もあって、明石の家へ行ってもその時々の用事こなすだけで精一杯、整理まで手をつけられずにきてしまいました。
 従姉妹らの思い出もある場所だしと、そのまましばらく置いていたら、維持費と共に空き家問題、ゴミが投げ込まれていたり動物が入り込んだ?痕跡があったり、道に面した木が伸びて車の通行の邪魔になるとの苦情が寄せられて、市のシルバー人材センターの方に切ってもらったら、その方に北側の竹の事での別の苦情が入り自分の手に負えないと言われて別の方に相談したり…私が急に逝ってしまったら子供らが困る事になりそうで、処分の相談を昨年開始,何度も市とやりとりしながら一生懸命動いて下さる方を従姉妹に紹介して貰い動いて貰っています。
 中の物も処分して貰うにあたり、置いてあった古い絵を発掘、大学4年で初めて公募展に入選したときの80号油彩が出てきました。(「残影機廖Α峪脹藤押廖
迷ったけれど、これはやはり持ち帰ろう・・・何とか車に積み込んでアトリエへ。
22歳の私、頑張ってたね…と向き合って・・・
              (大学院時代に描いた「残影3」も)


| - | 11:25 | comments(0) | - |
新年度スタートしました
昨日はぐっと気温が上がって、少し前の花冷えの肌寒さがうそのよう。
今学期スタートの授業に、暑い〜といいながら入って来た学生たち、
元気な顔に対面で授業ができる幸せ。昨年のように、始まってからまた非対面オンラインにならないよう、まだまだ感染予防には気をつけていこうねと、声かけしながら・・・
こういう日常がいかにあっけなく壊れるものであるか、コロナはもとより、連日のウクライナのニュース報道に、とにかく今できる事を精一杯やろう、
自分に今何ができるかを悩ましく思いながらも・・・

自宅周辺の桜の木々は葉桜に、足元にはピンカミノールの青紫の小花が咲き広がり、ベランダのブルーデージーは今年も毎日花開いていき、季節はたしかに移り変わって行っていて…

次女のカフェlokkiも、7日、無事1周年を迎えました。
もう私が手伝うことなく、すべて一人で、ゆるやかに彼女のペースでやっていて(親バカながらえらいもんだなと)、常連さんも増えてくれている様子、感謝…これからもどうぞよろしくお願いします。
| - | 23:31 | comments(0) | - |
桜の季節に
3日は地元の「さくら祭」が、3年ぶりに開催されました。
さくら公園のステージでは、演奏やダンスが次々と…それを囲むいくつかのテントが設営され、ワークショップや少しだけ飲食販売も…
そのテントの一つに防災部会による「災害時の非常食を手軽に美味しく」の実演コーナー。実はこれ、2年前防災ブースの企画会議で、coopの防災レシピブック(無料配布)のメニューを実演するコーナーにしては?と、当時防災部会部長を任されてしまってた私の提案したもので、coopさんや西宮市社協の協力もお願いして皆さんで動きかけていたのに、コロナ渦でさくら祭自体が中止に。翌年の去年も中止。今年やっとの実現となったものでした。
私は任期を終えて、もう今は役員ではないのですが、手伝って頂けないかのメールがあり、提案した者としての責任も感じ、前週日曜の試作には九州行きで立ち会えないけど、当日半日だけ(午後は長女の旦那さん誕生日パーティーを我が家でになっていて💦)なら…とお手伝いに。
雨が降ったりやんだり、花冷えになりましたが、3年ぶりのさくら祭は、やはりやっとこういう事がまたできた喜びを、開催に向け(ご自身の仕事も忙しい中ボランティアで)がんばってこられた役員の方々、来場していた沢山の方々にも、感じたことでした。

午前中さくら祭お手伝い、午後は天使一家の世話にもてんてこ舞いでしたが、満開の桜とともにこういう事ができる幸せに感謝・・・

コロナ渦はまだあっても、戦争などない日常がある事、その幸せをしみじみ想い、ウクライナでの戦禍が一日も早く止む事を毎日心から祈っています。
| - | 12:34 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2022 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ