YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
追伸・岳の作ったご飯

完成!白身魚(鱈)のフライと千切り?キャベツ 、横に乗ってるのは、私がトンカツやらフライ物を作ると残った小麦粉・卵・パン粉を混ぜてドーナツみたいなのを揚げてオマケに付け合わせてやるのがいつも子供らのお楽しみなので、それを真似た物。(ちょっと焦げてる)
岳の大好きなイクラが半額になってたのでご褒美にイクラご飯も…。
| - | 12:56 | comments(3) | - |
1/2成人式〜そして夕食作り
昨日は西宮浜小学校で1/2成人式がありました。先日来、息子に贈る手紙を書くのにも10歳になるまでの色々思い出して夜中に涙目になってた私は、体育館で式が始まり子供達の「トゥモロー」の斉唱を聞くopeningに既に目頭が熱くなりかけてたのですが、その後4クラスに別れて「1/2成人の主張」。「生まれる時には大変だったそうですがこんなに大きくなったのはお父さんお母さんのおかげです。」「私は大きくなったらお母さんのような素敵なお母さんになりたいです」など言う女の子の主張にじ〜ん、さていよいよ息子、「僕は1996年に生まれて1才1才誕生日を迎えて今10才になりました」そのあとが続きません。「…」私は出かかってた涙も引っ込みハラハラ。ウ〜ンと考えボソボソ言ってはまた考え、先生に(見てもエエゾ)とささやいて貰って原稿をポケットから取出しやっと最後の「将来の夢はサッカー選手になりたいです」まで言い切りました。後から先生が「岳は他の子より沢山書きすぎてしまって、最後まで中々覚えられんかったんですわ。清書した原稿を持ち帰りますから見てやって下さい」と申し訳なさそうに言われました。1番発表は下手だったけど1番伝えたい事がいっぱいだった息子でした。

帰宅後、寝不足のまま朝から大学へ走り一仕事の後、小学校へ滑り込みだったので、ちょっとめまいがして横になり、「夕食どうしようかなぁ…」と考える私に「僕が作ろか?」。ん〜今はまだ余計に手間も時間もかかってしまうのだけれど…気持ちが嬉しくて、共に買い出しに行き彼が作りたいと言った魚のフライを作って貰いました。キャベツの千切りも乱切り?になってたけど頑張っていました。持ち帰った「10才の主張」の中に「毎日毎日ごはんとかは自分でできないのでやってもらっている事がとてもありがたいと思っています」とも書いていたのでした。
| - | 12:14 | comments(6) | - |
寒空

昨日・おとといと3月〜4月の気候だったため、今日が今頃に相応の寒さなのでしょう…寒さはこたえるけれど、凛としたこの空気感は好きです。明日朝、このマリナパーク始発のバスで出て、京都で実技1次試験を受ける長女には、試験前に手をほぐし温めておくように言ってやりましょう。
毎日新聞の挿絵、3月はまた5日か6日の予定だったのが、1日に早まり、焦りました。が、今日明け方まで頑張って、何とか週明け届くよう明日発送できそうです。今回は陳先生から直接エッセィを預かり、お話した記憶がまだ鮮明なので、何回も読み返していると先生が語りかけて下さってる感覚を覚えて、よけい気持ちが入りました。でも、たくさんアイデアスケッチした中でこの構図・このモチーフでよかったか発送直前まで迷うのはいつもです。
| - | 20:35 | comments(2) | - |
作品の基礎作りに想い込め・・・・・・
7月の展覧会に向け、昨日はベニヤ板3枚分のパネル作り、角材を計り、ノコギリで切り、ベニヤに合わせて組んでからまた微調整して切ったりしてから、木工ボンドで張り合わせていき、今日はそれが乾燥して固まったパネルのはみ出し板材・角材(微妙な剃りがあるのです)1〜2世鬟ンナでシャッシャッと削り整えてから下地作り。立ったり座ったりはいつくばったり、ノコギリやカンナの作業は汗かく位の力仕事だし、モデリングペーストとジェルメディウムをまぜた基底材をベニヤにペィンティングナイフで塗り付けて行くのは、なんせ画面が大きいので腰に負担。やがて歳を重ねると、こういう体力仕事は人にやってもらって描くことのみに集中するということになるのかも知れないけど(人に頼めるほど甲斐性はないかな?)木目にせっせとメディウム塗り込んでいきながら、こういう段階から何回も想いを込めて塗り重ねていくほどに、絵にも魂が篭る…そんな気がして…
締め切り迫る挿絵の仕事もあり乾かないうちは上塗りも無理だしと急ぎ帰途につきながら、体のあちこち心地よい疲労感でした。
休みに入った大学の制作室、クリーンアップまでの僅かな日程に綱渡りながら制作に入らせて貰えた事に感謝しつつ……。

帰宅後は仕事ちょっとしてまた父も含め6人の家族の夕食作りに大忙しでした。色々やっと片付いて今からまたひと仕事。夕方、挿絵の締め切りが早まったとの電話連絡あり、ちょっとがんばらないと間に合いそうにありません。汗・・
| - | 00:40 | comments(2) | - |
ブランチにフレンチトースト

日曜朝、久しぶりに少しゆっくりできたので、子供達にフレンチトーストとたっぷりフルーツで、ゆったりブランチ。
掃除もすませてから、(本当は挿絵の仕事や確定申告ややらねばならない事山積みながら)、来週はまた土日も仕事絡みで出て行かねばならないし、エイッ、と次女が行きたがってた映画「どろろ」(酷評されてるようですが、手塚治虫の原作漫画を読んでいない娘らはそれなりに面白かったよう)に息子とともに連れて行ってきました。高校生になったら、“高校生3人割引”で友達と映画行く!と言ってる次女とはこれが最後かな…三宮駅前ミントビル9階の映画館は初めて。待合スペースから神戸市街が見渡せて、映画終わって出てきた時の黄昏れの見晴らしが綺麗でした。
前日、話題の結婚式のあった生田神社の近くを通り元町へ、懐かしい海文堂ギャラリー(ギャラリー島田の前身)のあった海文堂書店に資料収集に寄り、すぐ近くに若き女性オーナーが開き奮闘中のギャラリーヤマキファィンアートにも駆け足で立ち寄り(白いセンスのよい空間でした。山木さん頑張って下さいね)帰途へ…。
| - | 23:11 | comments(0) | - |
桜ひとつ……
我が家にこの春待ち望む、2輪の桜…ひとつが昨日無事咲きました。

おとといはまた夕方6時からPTA会議で中学校へ。日常の愛護パトロールなど活動報告以外に、後約2週間に迫った卒業式の記念品準備や、5日の父兄親睦会の役割分担など、8時までかかり、帰宅後もバタバタ電話連絡などに追われていました。
昨日は朝からNHK神戸文化センターで、前回に続き各種メディウムを使ってマチエール(画肌)の色々を作っての絵作り体験、中々個人では沢山の種類を買い込む事できないのを、画材メーカー・ターナー色彩さんの協力を得て、沢山のメディウムや絵の具、ボードや筆提供して頂き、皆さんカタログと見比べながら、楽しく盛り上げたり絵の具と混ぜたり重ねたり、多彩な個性的作品ができ、よかった事でした。ターナー・Hさん有難うございました!
で、返却するメディウム類を車に積み込み、帰宅したら、雨の中友達らと自転車で発表を見に行きかけてた次女らと遭遇。「乗っけていこか?」…校門前で待ち、誰にもどうだった?とは聞かず、3人とも発表見てから中学校へ送り、後で帰宅後にドキドキしながら尋ねたら、友達2人はだめで娘だけ受かってたとの事……よく受かった事です…とにかくも第一志望の高校に推薦入試で入れた事心からおめでとう言い抱きしめながら半分ホッとした私……
もう一輪の桜は、約10倍の競争率突破を目指し、来週実技1次試験。何とか咲いてくれるよう祈るばかりです。
| - | 21:19 | comments(5) | - |
今朝…2・16 ・Fri・am6 :30

空の色が綺麗でした。
昨日、病院ではとりあえず心配はなさそうとの事、ホッとしながらまた半年後の予約は入れさせられました。半年後ならギャラリー島田の展覧会も終わり大学の新年度も夏休みに…受験生2人・娘達は落ち着いてるんかな…父は元気でまた入院などしてなければいいけど…ダメダメ、取り越し苦労はやめて前向きにいかないとネ。といつも反省…
| - | 10:24 | comments(2) | - |
夜の花屋さん

早く出さないと行けない郵便物があって、翌朝にはまた持ってでるのを忘れそう(本当に忘れっぽいのです)だし、夜中12時頃にすぐそばのマリナパーク郵便局前のポストへ投函しに行きました。犬の散歩してる人もいて桜通りの街灯もまだついていたし怖くはなく、桜の木を見上げてまだつぼみはかたそうだけどついてきてるなぁなんて思いながら、ゆっくりしてる暇はないけど夜の散歩も中々いいなと思った事でした。特に夜の闇に浮かび上がる花屋さんの季節の花たち…昼間の華やかさとは違う、ちょっと控え目な美しさに心惹かれ……
| - | 10:07 | comments(0) | - |
2月は逃げる?!
毎日があっという間、こないだ新年を迎えたと思っていたら、もう2月も半分終わってしまいましたね。
大学の授業が終了して少し時間にゆとりができるかと思いきや、何だかやっぱり色々あって、毎日ゆっくりする時間はなく、明け方3時ごろにやっと寝て6時半に起きる「1日の時間がもっとほしい」病の私です。

連休は、土曜は芦屋市立美術博物館へ「アーティストと語ろう」講座の手伝いに。具体美術の作家、今回は最後の具体メンバー世代・向井・松谷・前川の3氏。裏話の暴露し合いがなかなか面白く、貴重なお話に受講生の方々や飛び入り参加の方も盛り上がっていました。

日曜は先日書いた、息子のサッカー練習のお世話当番。

月曜は、また、息子のサッカーの試合に、南甲子園小学校へ。4台の車に分乗していく1台を運転し、5人乗せて行きました。寒くなるかと思ったのが小春日和となり、試合も2試合ともいいペースで勝ち、サッカー少年達元気いっぱい。3月ももう決まってる試合、次回はかなり強い(この地区でリーグ優勝)チームだそうで、コーチは「ときには強いところにやられてなにくそ!って思わせないとね、ここのところ同じくらいか弱いチームとの勝ちつづきでちょっと天狗になってる子もいるし・・」なるほど、飴と鞭ですね・・。

昨日火曜は、東京から休暇で帰ってらした毎日新聞・東京学芸部記者Kさんと(いつも連載挿絵の件で、メールや電話やりとりはしていても、お会いするのはほんとに久しぶり)ランチのあと、陳 舜臣先生のお宅へあいさつに伺いました。初めてお会いするし、緊張していた私に、柔らかな笑顔で奥様とともに迎えてくださいました。お二人からの「いい絵を描いて下さって」の言葉に救われる思いで、次回の原稿(直筆のコピー)をお預かりし、また頑張って描くぞ〜と元気を頂きました。
短い時間でしたが忘れられないひとときになりそうです。
陳先生、奥様、岸さん、ありがとうございました!

今日は、次女の推薦入試。お弁当何がいい?にサンドイッチのリクエスト、明け方心をいっぱい込めてつくり、朝持たせて送り出しました。
そして私は大手前大学へ採点に・・さっき夕食時にたずねたら、面接で緊張して言い間違いばっかりして、面接官の一人が笑ってたそう。
ま、一生懸命言ったんなら気持ちは伝わってるよ、気持ち切り替えて来月に向けてがんばり!と言っておきました。さあ、どうなることやら・・

明日は私は、去年検査でひっかかり多分大丈夫だけど追跡検査しておきましょうと予約させられてた再検査に病院です。
| - | 22:04 | comments(0) | - |
もうすぐ2 分の1成人式のサッカー少年たち
今日は冬型気圧配置で寒くなると聞き、息子らのサッカー練習のお世話当番でグラウンドへ行くのを怯えていたら、元気いっぱいな彼らの掛け声でのスタートに吹き飛ばされたように北風・曇り空が一転、晴天のサッカー日和に。長袖を脱いで半袖姿になる子もいて、ランニングからストレッチ、リフティングや基礎フットワークも楽しげにこなし、最後はミニゲームに盛り上がっていました。
4年生は10歳になる学年(息子は昨年7月に10歳に)、20歳成人の半分なので2分の1成人式というのを小学校で今月末の参観日にしてもらう事になっています。サッカーする姿を見ていても、皆大きくなったなあ…とつくづく感慨深いものが…。
2分の1成人式にサプライズで渡す事になっている親からの手紙を書くのに、息子が寝静まってから色んな事思い出し…
赤ちゃんの時ロタウィルスでの吐き下しで脱水症状に陥った事、保育園時代高い所から落ちて頭蓋骨骨折、死ぬかあるいは障害が残るか見守り続けた日々、そして昨年春〜夏のいじめに巻き込まれて親子で苦しんだ日々…胸が熱くなり便箋がにじみ、中々書けずにいます。
明日はまた朝一番からサッカーの試合に、何人か乗せ車を出します。
| - | 21:08 | comments(2) | - |
パネル作り〜地塗り

春・京都高島屋でのアートフェアに出す12号サイズや、夏・ギャラリー島田での2人展向けに、パネル作りと地塗り。大学の授業が一段落する今の時期に、これから大作も含め出来るだけ制作進めておかないと、週5日の出勤に土日は息子のサッカーの試合や雑用に追われる毎日の、夜中寝る時間削り少しずつの制作だけでは、やはりとても間に合わなくなるのです…でもこうやって普段は大学へ行ってる日中に、家族も皆元気で出て行っていて下準備ながら制作三昧できるのは本当に貴重なひととき、つい頑張ってしまいます。市販のキャンバスや、小品は板材にそのまま地塗りして描く事もあるけれど、好きなサイズに一からベニヤ板や角材をギコギコきって組み立て、ボンドで固め、メディウムを順に何回も塗り込んで何日もかけてパネルを作っていくと、絵の具を置く前から大切に絵を作りあげていく手応えがあって、よけいに作品に想いが入る気がします。(でも無器用な私、学生時代にも仲間からよく指摘されましたが、今でもたまにパネルが歪んでいることが…展覧
会場でドキッ…それでもプロか!って?)
| - | 23:33 | comments(0) | - |
受験生-食事で応援!
次女の推薦入試(高校)は1週間後に迫り、長女はセンター入試は終わったものの、25日にデッサン試験、それに通れば3月1・2日続けて実技試験。続けて次女は3月15日に公立入試…それぞれにストレスを抱える日々がいよいよピークです…前にも何回となく書いていますが、忙しい時ほど食は大事。そして近頃子供の食育を言われるけれど、子供に親がしてやれる事は、上手でなくても心がこもった食事を作ってやる事、その時々の子供の体調を考え、足りなさそうな物を補い栄養バランスをとったり、好きな食材を使って喜ぶ笑顔を引き出してやることが、せめてもの、そして何よりの応援であると思っています。
海老が安くなってた(家計のやり繰りも大事)ので、子供ら大好きな海老マヨを作り、ローストポークのサラダには大根と人参・胡瓜をスライスして水にさらしたシャキシャキをたっぷり、淡色・緑黄色ともに野菜はふんだんに。冷やご飯は、チャーハンにするか迷ったあげく、八方だしに大根葉といれて土鍋で煮て、卵でとじた消化のよいおじやに。
葉付き泥付きで届く、無農薬の大根の葉っぱは、いつでも使いやすいように、傷まないうちに、細かく刻んでさっと塩ゆであくぬきして、少量ずつ冷凍しておくのですが、そうしておくと、鉄分やビタミンA・カルシウムも豊富な大根葉を、無駄に捨てることなくすぐチャーハンやおひたしや、お雑炊や味噌汁の具に、お弁当の胡麻和えにと役に立ってくれます。
| - | 23:30 | comments(4) | - |
東京レポート追伸- 国立新美術館

先日の東京行きで帰る前のわずかな時間に、駆け足で勿体なかったけれど、Openしたての国立新美術館を視察。コレクションを持たない、企画と貸し(大きな公募団体への)のみの美術館の在り方……企画は確かに力の入った展覧会でした、建物も斬新、初の外部出店というポール・ボキューズのレストランもあり、と、話題には事かかず、平日にも関わらず沢山の人で賑わっていました。でも美術館の存り方を考えてしまいます。例えばパリのルーブルやフィレンツェのウフィツィ美術館のように、あそこに行けば本物に会える、と海外からも人が堪えない、そういう美術館を、採算性よりも考えるべきではないのかと、ちょっと考えてしまいます。或はデンマークのルイジアナ美術館のように、常に子供向けのワークショップやLEGOの部屋があり、次世代を育むような…。日本のお役所が採算性ばかり重視するがゆえに、各地で公立美術館から学芸員が減らされ、具体美術の凄いコレクションを持つ芦屋美術館などが存続の危機に陥る、色々な役所で問題になっている膨大な裏金な
ど変な所に使われてる税金を、守るべきもの、育むべきものに充てるべきなのでは…色々考えてしまいます。
| - | 02:17 | comments(0) | - |
ど根性マメ
昨日、節分の豆まき後の落ちた豆や踏み潰した豆もあるし掃除していた時の事。リビングの木の整理棚前のカーテンに、まかれたままにへばり付いていた豆一粒を発見!
落ちずにけなげにカーテンにくっついてる小さな豆粒…・・・「ホラ!見てみー落ちそうになりながら根性で踏ん張ってるで!あんたらもあやかって頑張りー」受験生の娘らに声かけると、しゃがみ込んで豆を愛おしそうに撮影する私を面白がっていました。
母の心、子知らず…

*ご報告・・毎日新聞「海の世紀」陳舜臣氏エッセーの挿絵 2月の掲載は5日と書いていましたが、6日に変更になったそうです。今日5日の夕刊を見てくださった方、ごめんなさい。
| - | 23:00 | comments(0) | - |
節分に手作り寿司
昨日は節分、子供の頃から豆まきは、寒い中各部屋窓を開けては、真剣に鬼を追い出して福がくるように気合いを入れてやっていた気がするけれど、お寿司の丸かぶりはやっていなかったし、寿司業界の思惑には乗りたくないな、と思いつつも、「今年はどっち向いて食べるん?」「巻き寿司食べるんでしょ?」とか、結構楽しみにしている子供らに、家で手作り。鬼よけの鰯の塩焼きや小松菜のお浸しなどおかずも作ったし、具はシンプルに…無農薬チシャ菜と貝割れ(子供は辛くないブロッコリー新芽スプラウト)と蟹風味蒲鉾のサラダ巻きと、明石の穴子の焚いたんがNHK神戸の仕事帰りにデパ地下で安く出てたのでそれときゅうりで穴きゅう巻き。海苔は有明海のいい焼き海苔を九州・大牟田の親類が毎年送ってくれるので、それをさっとあぶって…。
紫がかった黒だった海苔が、いいあぶり加減で緑がかった海藻色にパリッと変わる…不思議ですよね。それ以上あぶるとこげたり火がついたり…大きな海苔を慎重に回し、全体満遍なくあぶっていくのを息子は横から面白そうに眺め、「焼きたて海苔美味しそう!このまま食べていい?」と、10枚焼いた中の2枚もバリバリ食べてしまいました。
ちょうどお寿司全部巻き終わった所へ帰って来たダンナと家族揃って北々西向かってかぶりつき、食後は豆まきもして、特に受験生2人に福が来ること祈り、縁起担ぎの我が家でした。
息子が小さい頃は鬼が怖くて、保育園の豆まきで鬼に扮装した先生見て大泣き。家ではお姉ちゃん達が大きな紙袋で手作りした鬼の面被って、キャッキャと豆まきしてまわる後ろから、気がつくとヨチヨチ歩きでまかれて落ちてる豆を次々食べて行っててお腹こわすよ!と慌てた事もあったなあ…
毎年、忙しい中でも、日本の季節ごとの行事は我が家なりに子供達に伝えて行きたくて…色々なお正月や節分がありました。
| - | 17:33 | comments(0) | - |
楽しくクロッキーの最終授業

ゆうべ東京から帰って子供らと夕食とりながら、3時間半かかっての東京からの道程も、いつも成安造形大学へ2時間半かけて通ってるせいか、前より近く感じた私でした(でも夜中に2日分の大量の洗濯はきつかったけれど)。今日は朝一番から大手前大学のクロッキー&ドローイングの授業、学生達順番にモデルになって、とにかく毎回数をこなし、時には夙川界隈で色々な世代の人を描いたり、王子動物園に行き様々な動物をスケッチしたりもして半年…頑張って沢山描いた学生は確かに上手くなり、手応えの感じられる授業なのです。今季最終日の今日、後半は学生らによるリクエストや自らの振り付けでユニークなポーズが続き、楽しく盛り上がりながら、この2人ポーズで終了しました。お疲れさん!
| - | 23:41 | comments(2) | - |
表参道ヒルズ横目に…

青山のギャラリ-コンセプト21へは、恵比寿から山手線で2駅、原宿で降り神宮前を経て歩くと、前、展覧会で来た時には工事中だった表参道ヒルズ。話題の安藤忠雄作品を横目に見ながらギャラリ-へ急ぎました。平日なのに沢山の人…
| - | 18:47 | comments(2) | - |
東京都写真美術館「光と影」展

昨日〜今日、東京・自由が丘でのYUKIKOの展示の手伝いと、青山で2年半前個展を企画して頂いたギャラリ-へ仕事の話し&私を紹介して下さったスゥェーデン在住の中島由夫氏の個展も開催中でお会いするためー、そしていくつかの展覧会を駆け足で廻る超タイトなスケジュールながら、東京に行ってきました。
東京都写真美術館では「光と影-Light&Shadow」という展覧会、私の昨年の個展のサブテーマと同じタイトルにひかれ行ってきました。マン・レイの見慣れたソラリゼーション作品の他、片桐飛鳥や森山大道作品が新鮮でした。写真美術館のある恵比寿ガーデンプレイスもおもしろい場所でしたがゆっくり見てる時間はなく、青山へ…。
| - | 18:37 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ