YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
大切な人が突然逝ってしまう事・・・
誰もができるなら体験したくない事だけれど、大切な人が、愛しい存在が、ある日突然いなくなってしまう・・そんな胸がつぶれる思いの出来事が、悲しいかな現実にはほんとに突然襲うことがあります。

先週25日は、尼崎での、JR福知山線脱線事故3周年でした。
3年前のあの日、大学で朝から授業をしていた私は、休憩時間に共同研究室のPCに映し出されたニュース映像に、目を疑いました。そして、大学にも近くの国道を次々走る救急車の音が響き、入ってくるニュースでは次々増えていく犠牲者の予想数、授業にまだ来ていない学生の安否を気にし、胸はざわざわとしめつけられました。幸いその授業の学生たちは、事故の影響で遅れた子はいても、皆無事だったのでしたが、後日、高校の同級生が亡くなったことがわかり、ふさぎ込んでいた二人の女子学生がいました。
新聞などで報道される犠牲者の遺族の方々の様子に、何年たっても癒えない喪失感(姉の死・母の死)を抱える私には痛いほど、その辛さが伝わってきました。

土曜に見た『ゼロからの風」の映画もまた、それが実話であっただけに、夫も病で失い、これからは僕がと自分を優しく支えてくれていた19歳の息子を突然無謀な悪質運転の交通事故で失う母親の心の痛みが、あまりにも実感できて、涙が止まりませんでした。

大切な人の存在の、切なさ・はかなさ・温かさ・・
それを祈るような気持ちで今日も絵にしています。
そうすることで、自分自身が少し癒されながら・・・
| - | 02:50 | comments(0) | - |
練習のあとには…

お世話当番の後には、救急バッグの管理と、練習で使ったビブス(チーム分けに使う、メッシュのタンクトップ型ゼッケンのような物)の洗濯です。今週末にはサッカー部5・6年合宿もあるので急ぎ夜中に洗濯。(翌日月曜は日中〜夜8時前まで大学授業だしできないので…)
凄い量…カラフルでしょう?
私の好きなブルーがないのがちょっと残念。
| - | 00:23 | comments(0) | - |
五月晴れ- 藤の花咲く校庭でサッカー
昨日日曜日は、朝から息子のサッカー部お世話当番で西宮浜小学校グランドへ。爽やかな天気で伸び伸びサッカーをする子供達見守る上には見事な藤の花でした。

帰宅後は忙しく家の雑用をこなしつつなんとかNHKで放映のヴィッセル神戸vsガンバ大阪のサッカー試合を観戦。大久保選手のしぶとい2ゴールで強豪ガンバを2-1で下し、息子とともに歓声。
実は息子は、先日、6年になってあらためてユニフォームのゼッケンを監督が決める時に、希望が通って 、恐れ多くもヴィッセルの大久保選手と同じ13番をゲットできたので、大喜びだったのです。あんなに根性と負けん気あふれるプレーが、少しでもできるようになればいいのですけど…「よかったね、背番号に負けないよう頑張りや!」と励ましています。

そして夜には野球は阪神が何とか巨人に逆転ねばり勝ち、中々気持ちいい日でした。

(ヴィッセルや阪神ファンでない方ごめんなさい)
| - | 23:50 | comments(4) | - |
0からの風
「交通事故によって突然奪われた最愛の人。軽すぎる刑法と厳しい社会の現実にも屈せず、法律を変えた一人の母親がいました。」
この実話を以前新聞で見た記憶がありました。その映画の実行委員をしている先生から、凄くいい映画なのに自主上映だから、宣伝も皆実行委員が口コミで頑張っている事、人が入らないと全部持ち出しで大変な事、売上は全国で開催されている「命のメッセージ展」運営の為に寄付される事、など聞いて共感、宣伝しています。

明日26日(土)フレンテ西宮(JR西宮南側)5階西宮市フレンテホールにて、11時〜と2時〜の2回上映。大人子供ともに1000円。

田中好子さん主演、杉浦太陽くんが息子役です。
署名運動シーンなど、西宮エビスタ前など、西宮でのロケシーンが各所にあり、市民も多数出演されてるそう。私も忙しい時間を何とかやりくりして、サッカー部仲間のお母さん数人つれて、11時〜の部に見に行きます。
| - | 01:52 | comments(0) | - |
ブルーのキーワードは「可能性」
日曜は朝から息子のサッカー部総会。役員の引継ぎもあり、前夜から引継ぎの書類やメモを用意したりして、バタバタ。無事引き継いだものの、まだ新しい連絡網や、役員に一斉に届くフリーメールの設定が新役員に書き換えられるまでは、急な連絡網など(さっきも入っていました)対応して回さねばなりません。ほっとお役御免で解放されるのはまだちょっと先になりそうです。午後は何とか制作もして・・

月曜はまた大手前大学伊丹キャンパスにて夜8時まで授業。

火曜は朝から兵庫県立美術館の「南画ってなんだ?」展の開会式と内覧会にご招待いただいて出席、午後は滋賀県の成安造形大学での授業だったので、11時には会場出て、灘駅から何時何分の電車に乗って・・と分刻みでのスケジュール。でも、同じく成安で午後の授業がある児玉さん(洋画の特任准教授で京都芸大後輩)と出会って、ともに湖西へと急ぎ、無事授業へ・・1年生の授業では、慣れない下宿生活や新学期の緊張からの疲れが出てきてか、風邪引きの学生多く、熱のある子もいて、少し早めに合評終了。みんなゴールデンウィークに実家に帰って元気補給してきてね。

そして水曜、4時半からの授業までに、制作したかったけれど、夕べ夜中にできなかった山盛りの洗濯や(1日で山盛り、下手すると毎日でも2回回さないと追いつかない量なのです)郵便局行っての発送やら雑事多く、ならばちょうど車で大学行く途中の美容院に寄って、またぼさぼさになってきてる髪を何とかしてもらおうと、「3時半までで何とかして」とムリ言って授業前にしばし美容院タイム。やっぱり頭をきれいに整えてもらうのは、とても心癒される時間ですね。ブルーの格子柄のリネンなどが素敵なバスク地方(スペイン北部とフランス南部にまたがる小国のような地域)を特集した雑誌に見とれながら、スタッフの一人に色彩検定2級を取得している人がいて、(かつて専門学校で色彩の授業も担当しましたが、色彩検定4級はだれでも取れて、3級はちょっと難しくなり、2級になると中々の難関なのです)思わず「色」の話に。
私が読んだ色彩学の本では「青は喪失と再生の色」とあって、なるほど・・と自分の体験と重ね合わせていましたが、彼によると「ブルーは・・特に紺ですが、‘可能性’の色」なんだそうです。何だか好きな色にまた元気をもらえるキーワードで、うれしくなりました。ちなみに彼はお子さんに「蒼(あお)」という名前をつけたそう。
以前一度紹介しましたが、この西宮北口南西すぐの美容院は
Enchantee(アンシャンテ)Tel.0120-64-6781(予約優先)
アプローチには生花が定期的にちゃんと大きくアレンジされていて素敵な空間です。スタッフも皆さん気持ちいい方ばかり(皆さん今日はありがとう!)。写真を撮るのを、授業時間が迫ってたし、忘れて飛び出してしまったのが残念。
| - | 01:07 | comments(4) | - |
原さんの展覧会 2

これは柏木江里子さんデザインの和の紙小物(一筆箋)と、原さんの干菓子のコラボ。とっても素敵に忍ばせた細かく砕いたコンペイトウのちらっと見せ色…
| - | 23:51 | comments(0) | - |
原さんの「うちのおだいどこ」展
1昨日土曜は朝から、NHK神戸文化センターで水彩の講座。前回に続き静物写生。同じ水彩でもそれぞれの方で個性が顕著に出てきていて、できるだけそれを伸ばしてあげられるように苦心してアドバイス…皆さん熱心な頑張りで、淡いボカシ、滲みを生かしたのや透明な塗り重ね、しっかり塗る着彩、それぞれに確実に力をつけて来ています。
12時半過ぎに終わってから、駆け足で過密スケジュールを、無理かなと思いながらも今日しかないし…と(この性格困りものですね)神戸で2件、京都へ行って6件の画廊&美術館。まさに足が棒に…でも学生にもできるだけ良さそうな展覧会は見て回って目を鍛えるよう言ってるし、自分も時間はないけど何とか時々実践、最後にモーネンスコンビスへ。原敬子さんの展覧会。
彼女は料理家・平山由香さんのアシスタントから独立し、雑誌などでの食のコーディネートを手掛けたり、モーネの文化祭でも日本茶のフルコースを和菓子もカードそれぞれ手づくりで、お楽しみ満載に出してくれたり…きめ細やかな心配りが脱帽なのです。
今回の展覧会では、文章も素敵な彼女のプチ解説が添えられた、道具達。旅先で出会ったり人から教わったり、本で見て一目惚れしたりで少しずつ集めた、彼女の温かい手が感じられる物たちの展示。
と、毎日のおだいどこ(台所)に登場するお米のミニパック(彼女のミニパンフレット付き)や、手づくり干菓子などが販売されています。

18日(金)〜29(火)12:00〜18:00 火・水・木定休日・最終日の火曜日はOpen
京都・堀川丸太町下る
ギャラリー モーネンスコンビス
tel075-821-3477
http://WWW.maane-moon.com/
| - | 23:44 | comments(0) | - |
描きかけの作品達- 北欧の光・海風

相変わらず仕事や家事の雑用に追われ、残された少ない時間をやり繰りして何とか制作もしています。この夏の展覧会もあっという間にやってきそうで、時々ふっと焦燥感…早めに発送しないといけないのに間に合うかな…
北欧の光・海・風をまたいっぱい見て感じて来ようと思いながら、その空気を思い起こして制作しながら…この日本のあまりに追われるような時間の流れ方…、なぜなんだろう、時差はあっても同じ時間軸を過ごしているはずの北欧の空気は、ゆっくり流れているのです。
| - | 20:29 | comments(2) | - |
定番、海老とブロッコリーのサラダ

水曜はまた遅くまで授業の日。朝から海老とブロッコリーのサラダを仕込んで…
このサラダを初めてblogでご紹介したのは、3年前、HP開設時にnewsにblogをくっつけて貰い、時々書き始めた頃。携帯から送った画像と文章が、深夜にPCを開いて見てちゃんとアップされてるのを見て感動したりしていました。
簡単で美味しく、緑黄色野菜であるブロッコリーもたっぷりとれるサラダ、すぐに「blog拝見して我が家でも作ってみました!」とか、随分経ってから「うちでも定番メニューになってます」など会った時に言われうれしくなりました。
もちろん全く料理は素人、なのでアップしてからやめとけばよかったかもと反省したりするのですが、でもだから誰でもできるっていう感覚で見て貰えるのもいいかなと。とにかく必要に迫られて手早く安く美味しくできて、安心な栄養価高い食材で…を長年考えて来てはいます。
初めて見た方にとちょっとまた紹介。
どこかで食べて美味しかった海老とブロッコリーサラダを簡単に自分なりに作ってみたのがこのメニュー、ブロッコリーの房がドーンと届いた時や売りだしの時、むき海老の冷凍の(できればなるべく中〜大サイズ)300墜りは安売りの時に冷凍庫に買いおいておいて作ります。
大鍋にたっぷりお湯を沸かし、ブロッコリー2房の固い根っこだけ落として、茎をまず一口大に刻み塩を一つまみ入れた熱湯に。少しグラグラ煮てそして緑の頭部分も一口大に切って入れ、そして海老も放り込む、冷凍海老で温度が下がるので強火にして再び沸騰しかけたら似過ぎず(これが海老がふっくらのポイント!)全部を大ザルに一気にあけて冷まします。冷めたらボウルに入れて塩胡椒とマヨネーズとおろしニンニクで和えて出来上がり。少しの時間差攻撃で、一度に一つの鍋で短時間でできてとっても簡単。冷ます時間だけは必要なので、先に作っておいて他の料理もう一品作ったり、前の夜や朝にして冷蔵庫に冷やしておくといいです。
ニンニクマヨネーズに海老の風味がからまって、子供達、ブロッコリーもパクパクです。(この分量で5〜6人分できます)
時間がある時は、タルタルソースのように、ピクルスや玉葱、ゆで卵のみじん切りを加えてもいいですね。
| - | 19:07 | comments(0) | - |
ひこうき雲

火曜日、成安造形大学で、授業終えて見上げた空に…ユーミンの歌を思い出しながら、見とれてしまいました。
| - | 02:21 | comments(0) | - |
忙しくても子供には安心で美味しいものを・・・
月曜は8時近くまで授業、火曜は6時までの授業だけれど遠いのでやはり帰宅は9時近く…水曜も急遽夕方の授業が入ってしまい(月曜の授業で選択する学生が溢れてしまい、急遽教室のあきがある水曜の4時半から7時40分にも振り分け同じ授業をすることに…)どうしても朝から簡単に準備して飛び出したり、娘2人に週1回は食事当番ね,と任せたり(彼女らもクラブで遅くなったりで簡単なものに・・)サラダだけ冷蔵庫に5人分作りおきレトルトのカレーなど子供らで先に食べられる物で済ます日もあったり、手薄になりがち。
なのでせめて早く帰れる日や日曜は、安心な食材で手づくりのものを…と心掛けます。
栄養バランスのとれた(愛情のこもった)美味しい食事を作って貰う事は、子供の精神的ケアーに、ときに沢山の言葉かけより威力を発揮する事を、歳のあいた3人の子の長い子育てで実感しています。
日曜の夕食、白身魚(真ダラ)のフライにピクルスや玉ねぎのみじん切りたっぷりのタルタルソース、無農薬人参のグラッセとエリンギのニンニクバター炒めを添え、サラダはゆで卵のみじん切りをたっぷりのレタスやスライスキュウリの上に散らした春らしいミモザサラダ。それに無農薬の胚芽米ごはん。
美味しい!と子供らの笑顔に母も癒され…でした。
| - | 23:11 | comments(4) | - |
芦屋カトリック教会-23 年前の11月…喜びと悲しみの切ない残像
昨日は、また朝からサッカー部運営会議。昨年度役員として最後の会議で、来週の総会で今年度の役員さんに引き継ぎをしたら役目を終えます。土日の練習のお世話当番や、試合に車出したりするのは今年も引き続きですが、その連絡を回すのや、配車の段取り、当番を決めたり親睦会を段取りしたり試合時の世話や救急セットの管理・補充、学年会計、その他諸々……の仕事は、やっとバトンタッチ。ちょっとホッとしています。

会議の前、他学年役員のお母さんから「新聞見ましたよ!受賞おめでとうございます、画家さんなんて知らなかったからびっくりしました!」と声かけられ、ちょっとはにかみオバサンに。

夕方、阪急芦屋川近くのギャラリーへ行くため、最寄の阪神西宮から芦屋まで乗り、芦屋川沿いを山手まで往復したのですが、川添いに変わらず建つ芦屋カトリック教会の前で思わず立ち止まりました。
ここは23年前-1985年11月に結婚式を挙げた場所。まだ母も元気に幸せそうな笑顔で、この階段前で私に並んで写真に納まり、その黒留め袖の母の姿が、翌年体調を崩しさらに翌年の5月の早すぎるお葬式の、悲しい遺影となったのです。
今も我が家に飾ってある、微笑む母の写真の後ろには、確かにこの教会が…
もう車では何回も通っている道なのですが、久しぶりに歩いて目の前に佇むと、たそがれの空気も手伝い何だか切なく…
神様の祝福を受けライスシャワーを浴びながらこの階段を降りたあの日。喜びの中では、僅か1年半後にあんなに悲しい別れがやってくるとは、誰一人思いもしなかったのです。
喜びと悲しみの、切ない残像・・・
| - | 00:04 | comments(0) | - |
湖西の学舎から新学期スタート

またあっという間に週末
。教える大学も、子供らの学校も、新学期スタートで目まぐるしい事この上なし。
でも新しい出会いの季節…。
月曜は雨の中、京都国立近代美術館・「秋野不矩展」openingへ。6人の子を産み育てながらの画業…そしてインドと運命的に出会ってからの60代、70代の大作の素晴らしさ…。
9年前に浜松での展覧会に参加した時、出品作家達らで秋野不矩美術館に行って、まさにインドにいるかのような美術館にも絵にも感動したのですが、今回はさらに各美術館所蔵の大作も沢山並び、壮観でした。

火曜は琵琶湖西岸・成安造形大学にて、新年度初授業。風が強くて湖西線が一時止まり、授業に間に合うかハラハラしましたが、無事セーフ。なのに、担当の1年生クラス全員が間違えて別教室へ行っていて、教える教室へ入ったら誰もいなくてちょっと焦りました。間違いに気付き「すみません!」と口々に行って走って入ってくる様子が初々しい1年生とのまた出会いの日でした。
画像はその3階教室から湖を望んだもの。

水曜は何とか制作。まだ昼までで帰って来た息子と足りない文房具など買いに行ったり、授業用プリント作成などにも追われ…

木曜は、兵庫県芸術文化協会の会報に受賞者の素顔を載せるコーナーがあり、その取材にと我が家まで二人の気持ちよい女性が来て下さいました。10時半に駅まで迎えに行って我が家に来て頂いて、また駅までお送りするまでの3時間。とても沢山お話しした事が、どんな風に記事になるのか、また楽しみです。

そして金曜、大手前大学の授業もスタート。こちらは3-4年の選択授業、1年や2年で担当した懐かしい顔との再会でした。
| - | 01:57 | comments(0) | - |
ヨットハーバーへ続く桜

桜の名所・夙川の桜並木を河口から真っ直ぐ海を渡ってさらに南へ続くように結んで植えられたという桜並木。
埋め立て地マリナパークの北側、西宮浜小学校と中学校の間の道の両側から、私達の家のあるマンション群中心を貫き(桜通りと言う小路)、南のヨットハーバーまで続きます。夙川界隈は物凄い人ですが(土曜日、大手前大学会議後の夕方、先生方のお花見に少しだけ顔出して、その人の多さに圧倒されました)ここは穏やかなもの。
忙しく下を通り過ぎるばかりの私も、時々見上げては、はかなげに舞い降りる花びらに癒されています。

去年は次女の高校入学式、長女の大学入学式のそれぞれの朝、満開の桜の下で写真を撮ってやったっけ。
来年は息子の卒業・入学式の頃に綺麗に咲いているかな…などと思いながら、引越してきた頃は若木だった桜も随分立派になって、時の流れをまたあらためて感じます。

今日は朝から雨。
まだもう少し、頑張って咲いていて…と祈りつつ…
| - | 00:03 | comments(4) | - |
無事帰ってきました- 出勤途中
昨日は午前中家族でまるでプライベートゲレンデのように空いたゲレンデを滑った後、午後、また7時間半ほどを交代しながら休憩しながら運転し、無事帰宅。
帰宅後はウエアーや靴をベランダに干したり、山盛りの洗濯機回したり…
今日は朝から息子の朝・昼ご飯用意してNHK文化センターへ今出勤、午後はO大学の会議でフル出勤です。

ほんとに僅かなひとときながら、でも、自然の中で過ごす時間は、日頃忙しくすれ違いがちの家族の心を一つに引き寄せる気がしました。
| - | 10:05 | comments(0) | - |
Close to Heaven
山頂付近は、私の絵のタイトルのよう…
*「天国に近い場所」
| - | 09:36 | comments(0) | - |
4・4・am7:0 0

綺麗に晴れ渡り、残された僅かな時間を神様からのプレゼントのよう…
| - | 09:28 | comments(0) | - |
山頂からの雄大な風景

いつも肝心な時に雨女の私ですが、少しぱらついた位で晴れ渡り、遥かに雄大な山々の広がりを見渡せて感動。
| - | 22:36 | comments(3) | - |
白銀の世界〜3

山頂付近は雪質もよかったけれど、初級・中級コースがすでに閉鎖されていて、上級コースのみにちょっとドキッ。でも息子も果敢に滑りきりました。
娘達は楽々…あっぱれ。
| - | 22:32 | comments(0) | - |
白銀の世界〜2

ゲレンデの風景を続けて…
| - | 22:26 | comments(0) | - |
無事、信州・白馬コルチナスキー場に

何とか息子も元気に(薬飲みながらですが)スキー場へやってこれました。

ザラザラ雪ですが、4月にまで残っていてくれて、おかげで年に一度の家族スキーが実現。去年は私が着いてから40度近い熱でダウンしたので、家族5人でのシュプールは2年ぶり。
子供達それぞれ、抱っこして滑った頃を思うと、今はどんどん自分でリフトにも乗り、追い付くのがやっとな位に滑っていくのですから、成長したなぁとつくづく思います。

昨日は6時起きで成安造形大学入学式へ、色々な授業の打ち合わせや教員親睦会もあり早めに抜けさせて貰ったものの、7時に帰宅して慌ただしく夕食作り、出発準備。スキーはウエアーや板や靴やら色々準備は大変です。そして、今日、4時にみんなを起こして出発。途中、食事休憩もしながら、約7時間で昼前に到着。午後、シーズンも終わりで空いてるゲレンデで、ゆったり滑れました。忙しい中ハートスケジュールだけれど(ゲレンデにも次々仕事関連の携帯メールが…)やはり白銀の世界には心洗われます。
| - | 22:24 | comments(0) | - |
再会・・
4月・・新年度がスタートしました。・・が。花冷えの日が続いて、桜も咲きかけてこごえているようです。
この2日間、息子も「お腹痛い・・」と下痢が続き、熱はないのですが、元気がありません。温かくて消化のよいものを食べさせつつ、春休み最後に、何とか雪が残っていると聞いて、白馬へまた(今年は1泊だけですが)3日の早朝に出て家族スキーに行くのを、誰よりも楽しみにしているのは息子なのに、大丈夫かな・・とちょっと心配しています。
明日は大学の入学式で、滋賀県まで行くので、今日ばたばたと家族のスキーウエァーなどの準備したり、絵の発送もしたり、教材のリサーチに東急ハンズまで行ったり、また大忙し。でも、それも、息子の様子見ながら・・

明日はまた、新しい学生達との出会いやなぁ・と思いつつ、先週は、古きを温めた機会もありました。
22年ぶりの再会。
神戸の小学校を出て、父の転勤で引っ越した滋賀県彦根市で、彦根城すぐ横の西中学校へ入った私が、また引っ越すことになって中2の夏まで、思えばたったの1年半だったにも関わらず、とても温かい思い出をいっぱい持つことができた、そのときの親友が、大学時代と、そして彼女の結婚式に会っていらい、22年ぶりに来てくれたのです。
今は仙台に住む彼女(娘さんが神戸大学に入り、去年から神戸に下宿しだしたとかで、2月阪急の個展にきてくれて初めて会ってびっくりしたのでしたが)春休みに娘のところへ(彦根の実家にも寄ってから)やってきたからと電話をくれたので、私はもう声を聞くのも何年ぶりかと懐かしく、いくら忙しくても又何時会えるかもわからないし、2時間だけのランチだけれど時間を作って会ったのでした。
お互いお母さんになってからの色々な苦労を話しあうと、時の流れを感じましたが、時を経ても、優しくまっすぐな彼女に、また癒された私でした。
私が駅まで向かえに行った車に彼女を乗せ、駐車場にバックで入れる時、一生懸命後や左右を見てくれるので、『大丈夫よ」というと、「オハセどんくさかったから・・」と心配顔。
それを夜家族に話すと、娘が『お母さん昔からドジやったんや〜」と笑い転げられてしまいました。
姉とはよくけんかしながら両親の優しい笑顔・神戸の海を毎日眺めた幸せな小学校時代、温かい先生や友人たちに囲まれての彦根の中学校時代、まだ姉も母も元気だったその時代のあたたかな心の貯金が、その後色んなことがあったけれども、乗り越える力を私にくれたのだと思っています。

尊敬する仲島先生がいつも言われるように、だから子供達に、学生達に、たくさんの温かい心の貯金をさせてやりたいと思っています。
| - | 00:21 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2008 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ