YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
努力・頑張りは、人を裏切らない・・
努力なんて大嫌いだ・・そういう人もいるけれど、私はやっぱり、努力は必ずその人に帰ってくると。。。努力と頑張りは、人を裏切らないと本当に思います。
その言葉が信じられない時期もかつてはあったけど、それでもずっとずっとがんばってきたら、本当にそれが報われるんだなあと思えるようになってきたから。。学生らにも言える。

今もちょっとしんどいこともある毎日、とにかく仕事に制作に家のことに今自分にできるだけのことは精いっぱい頑張ってしようと思い、(でもめげそうになるときももちろんありながら・・)、とにかくどう頑張っても時間の足りない毎日だから、やりたいことや寝る時間や削らないと仕方ないわけですが、(頑張るという言葉でしんどくさせてしまう人もあるから、それは気をつけないといけないのですが・・)
昨日、今日も、そんな中で、ちょっとご褒美のようにいいことがありました。

ひとつは、長女のこと。
今は大学3年から始まる就職活動、で、去年秋からず〜〜っと振られっぱなしだった彼女。。。頑張ってポートフォリオ作って2次3次まで進んで行って今度こそ決まるかと思ったらだめだったり・・・
さすがにこの夏休み以降は「もうあかんかも・・」弱気な発言も。
それがやっと昨日、内定通知が来たとのこと。よかった・・・ほんとによかった・・これでまず一人、我が家から巣立ってくれる事になるでしょう。

そして、友人からの素敵なプレゼント・・・・。

それで微熱も吹き飛ばして頑張るぞと今日帰宅したら、以前、買って頂いたことのあるT社会長さんから、今回の神戸の個展に行けなくて残念だった。以前のあなたの作品は会社の談話室に飾っている、色々なところから案内状貰うけど、やはりあなたの絵がいいと思う、今回また同じくらい(10号)の作品が会社にも家にもほしいので、手元にあるそれくらいのをいくつかコピーでもいいから見せてほしい・・・云々のお便りが、会長さん直筆で届いていたのです。
なんてありがたいことだろう・・と。

ちょうどギャラリー島田さんでの個展に出した10号作品がまだ何点かあるはずなので、島田さんにも相談の上、見ていただこうと思います。

また次々、頑張って制作しなければ・・・・
感謝とともに、思ったことでした。
| - | 01:13 | comments(4) | - |
展覧会準備続く・・・寒波がこたえる・・
昨日、今日と、本当に急激な気温変化・・
父や井上の母や、大丈夫だったかな・・と心配になりながら・・・
先日までクーラー入ってた大学も、暖房付けないと・・状態に。
昨日は成安造形大学(滋賀県・雄琴キャンパス)での授業出講日、行きの京都からの湖西線が強風で遅れたり、キャンパスで授業の合間に外へ出たらみぞれが降ってきたり(!)・・・
ちょっとまた寝不足続きのせいか、微熱で寒気が時々する体には、、この急激な寒さはこたえます。
でも、私は結構着こんで行ってた(それでも寒かった)けれど、前日までのようなつもりで下宿から薄着で来た学生は、こちらが心配になりながら・・・風邪ひかんときや・・・

今日は大手前大学で、朝一からの授業。
着衣のモデルさんとはいえ、からだのラインがわかる薄着になってもらってるし、寒そうなので、
途中で電気ストーブつけたり色々しながらでした。

大学授業終了後はまたアトリエへ走って制作。
一人になって集中できるのはいいけどとにかく寒い・・・・
小さな電気ストーブ持って行って、それで何とかしのぎました。

週末土曜には朝から息子の中学の秋のコンサート、午後、サッカーの決勝トーナメント2回戦、そのあと大阪の国立国際美術館での「アーティストの集い」というものに呼んで頂いて出席。
日曜にもサッカー試合あり、友人のイベントもあり・・・
週明けには「三尾公三没後10年〜現代へのまなざし」展開会式に岐阜へ。

予定はびっしりながら、11月17日(水)から21(日)、兵庫県立美術館ギャラリーでの「21世紀関西女性絵画展」に出品する大きな作品の制作、まずとにかくも完成させないと、と、奮闘中。
ありがたくも来年の個展に先がけ出品依頼頂いた、東京・銀座のギャラリー枝香庵さんのクリスマス展に出品する小品も同時進行・・・、
年明け早々の「Ge新春展」(池田市・ギャラリーぶらんしゅ)への作品も搬入は年内、そして、同じく年明けの、京都ギャラリーaさんでの、去年・今年に続いての「Breeze展」も言っていただいてるのでこれは1月に制作で間に合うだろうけど考えておかねば・・

忙しいことはありがたいこと・・・感謝しつつがんばります。
でも、この急激な寒波はこたえるなあ・・・

そうそう・・もうすぐイルカことマツモトヨーコさんの神戸大丸での個展、イバラードの井上直久先生の大阪梅田阪急での個展が、どちらも11月3日〜9日に開催されるのも、いくら忙しくても何とか見にいかなきゃ・・!と楽しみなのでした。


| - | 23:01 | comments(4) | - |
感動の涙をありがとう・・・
今日はまた早朝からお弁当作り、サッカー新人戦・決勝トーナメント初戦に息子を送り出して、後から母達も(今日は私の車に乗ってもらって)会場校へ応援にかけつけました。
対戦相手は去年、全国大会まで行ったという塩瀬中学、たぶん無理かもしれんけど頑張るという息子に、新チームになってるんやからわからへん、同じ中2やねんから・・勝てるって思って頑張れ!

10時10分キックオフ、開始10分過ぎたあたりでゴール前もつれた中からMクンの先制ゴールが決まり、なんだかいいムードに。
勝てるかも・・・チームも、応援する面々にも、そんなムードが流れ出しました。

でも、さすがに、強豪チーム。選手層の厚さを見せつけるように(ベンチにはこちらの倍以上の選手が控えていました)次々とメンバーチェンジ。
そしてだんだん押され出しました。
(もう1点!)・・が、(早く終了のホイッスルが鳴って・・)になってきて前半終了。

後半もおされぎみでの試合展開。ついに向こうにも点をきめられ、このまま崩れたら負けるのでは・・・応援も必死で、母達や、来てくださってた校長・教頭・二年の担任3人の先生方、皆で声かけ・・
何とか1-1で終了。

でも、実はわがチーム、先日もPKの練習したら3分の1も決まらなかったらしく、PK戦になったら負けるといってたと・・・
もう、見てるみんなで手を合わせ、祈る思いで見つめました。
母たちは、自分の息子が蹴る順番が来たら、「心臓とまりそうや・・」「あかん、見てられへん」

向こうは強豪だけあって、ゆとりの感じで決めてくるのです。
こちらが2人はずして応援席から母達の悲鳴・・
でも、名キーパー・ユウイチロウ君がきわどく向こうの2人抑えてくれて・・

5人対5人では決せず、そのあとは、向こうが決めてこちらがはずせばもうその場で終わり・・

前に書いたかもしれませんが、息子は小学校時代のセレステの公式戦で、PK戦となったときに、みんな決めたのに、一人だけはずして負けてしまった辛い思い出があり、またそんなことにならないといいな・・ちょっと不安が胸をよぎりました。
息子の番、、もう(神様!・・)と手を合わせて、心臓のバクバクを感じながら見守り・・無事決まって・・・どんなにほっとしたことか・・
(息子も嫌な思い出思い出して、すごいプレッシャーだったと、帰ってから聞きました)
ついに11人全員、
これでも決まらなければまた最初からメンバーも一度蹴るんだろうかと、長い長い時間・・・
最後のキーパー対決、(こちらのキーパーは最初に蹴って決めてくれてました)
ぎりぎりはずしてくれて、そのあと最後のこちらの1年生が冷静に決めてくれて・・・・
もう悲鳴やら歓声やらわからない声をあげて皆で手を握りあって飛びあがって・・・
そのあとは、気がつけば、母達も先生も、涙が・・・・。

相手チームや先生にあいさつ交わしてから、応援席にやってきて「今日は応援ありがとうございました!」一列に並んで皆でおじぎしてあいさつしてくれた子供たち、そのあとに見たみんなの晴れ晴れとした笑顔・・
思春期の難しい子ら、「あんないい笑顔、久しぶりに見たね・・]母達で話しながら帰ってきました。

帰宅後はまたアトリエにあわただしく行って制作でしたが、
本当に、感動の涙をありがとう・・・
「今日は試合見に来てくれてありがとう」と、帰宅後携帯にメールしてきた息子に、「よく頑張ったね、母達泣いてしまいました」と返信した私でした。

そして今夜は、もうひとつ泣いてしまうことがあるかも・・
感動の涙は、心に力をくれます。
| - | 23:24 | - | - |
心配な知らせ…嬉しい知らせ
体の事で、友達からの気になるメールが入り、今度会って久しぶりにランチ(ずっとずっと遅れのお互いの誕生日祝いランチと言うことで)する約束していたし、そのとき聞こうと思ったものの、やはり気になりだすと…だめだ、やっぱり電話しよう…
元気な声と、とりあえずすぐに深刻な状況ではない様で、ゆっくり話し聞いてちょっとホッとしました。

その前にも、友人を通じて知り合った方の今日から手術入院を聞き、無事軽くの事で済まれるようにと祈ったばかり。

他にも同期の友達が、過酷な仕事のストレスが続いてやはり身体は正直…とあちこちに不具合が噴出した事書いて来ていたし…

お互い気をつけていかないといけないね…年齢相応のペースや身体に耳を澄ませたり…
としみじみ。

そんな心配モードでいると、ちょっと嬉しい知らせ、また頑張るモードにも。
R社にプレゼンして頂いてた私の絵が、納入される事に決まりそうですとの嬉しいお電話。
有り難い事です。
だからまた頑張って絵を描いて行って下さいね…
アトリエ代の足しになるといいですね
って励ましても頂いて…。
胸が痛くなったり、温かくなったり…の昨夜でした。
今日はまた早朝から分刻みのスケジュール、
朝から大量洗濯、明日大事な西宮地区サッカー決勝トーナメント・強豪との試合を控えた息子を練習に送り出して、今日が最終日の教え子の個展に肥後橋まで。
授業アシスタントや美術館の手伝いや、色々頼んできた北中美佳ちゃん、作家としても頑張る彼女の新作と笑顔に会えてよかった、
バタバタと飛び出して悪かったけれど…
今から招待頂いてる灘区民ホールへ急ぎます。
| - | 13:13 | comments(0) | - |
生き方に迷いながら・・
先日誕生日を迎えてから、やはり頭をよぎるのは、母が死の宣告を受けた歳まであと2年、亡くなったのはその8カ月後・・・(母の母もたぶんそれくらいかそれより若くで亡くなっていて・・)

母と同じになるとは限らないし、母や姉の分まであなたは長生きできるよって言ってくれる友達もいるけど、とにかく、そういう年齢に・・あのときの母に近い年齢に自分がなってきたんだ・・ということ。

今、自分の生きて行き方は、これでいいのかな・・
答えのでないことを、時々自問してしまいます。

水曜日は、大学の授業は推薦入試で休み、アトリエで少し制作してから、京都造形芸術大学で、来年開催されることになった、恩師・故・三尾公三先生の展覧会実行委員会に、メンバーとして参加してきました。

かなり前に、このブログでも少し書きましたが、岐阜県美術館で今年没後10年になる三尾公三先生の展(11月2日〜来年1月30日)が、生前三尾先生と会って作品に加えその人柄にも惹かれ、熱く尽力してくれたH学芸員のおかげで実現することになって、でも、その後の巡回展をどこかでというご相談には、私なりによく知る学芸員さんや館長クラスのかたに、いくつかの美術館に相談に行ってみたりもしたものの実現難しく・・・・だったのでした。

それが、ようやく、美術館ではないけれど、京都造形芸大の大きな規模のギャラリー空間で、(京都芸大をやめられてからはそこで教鞭をとられたし)展覧会実現となり、同僚だった先生や教え子先生方中心に、学外からは唯一私もで実行委員会発足。
来年5月25日〜6月14日の展覧会にむけ、予算の配分や、会期中のイベントや、色々の相談・・動きだしました。

三尾公三先生は、本当に厳しい方でした・・・・
でも、人や学生に厳しい以上に、自分にものすごく厳しいかたでした。
私が今どんなに大変なことがあっても何とかがんばって作家として続けてきた根底には、あの先生との出会いがあったればこそ・・
厳しいけれど、困難の中で必死で頑張ってる教え子には、とても温かい励ましも、忙しい中でも忘れず・・
人間として、作家として、あの先生の背中に学んだものが私にはとてもとても大きいです。

生前、恩返しができるほどの出来のいい教え子とはけして言えなかった私、少しは恩返しができるだろうか・・・そんな思いで先生の展覧会、いいものにしたいなあと。

とりあえず、京都へ持ってくる作品選定も兼ね、実行委員メンバーで、岐阜の展覧会初日・11月2日AM10:00からの開場式に行きます、(前日1日夕方O大学授業終えてから私は遅れて岐阜へ行ってメンバーに合流)
久しぶりの三尾ワールドに浸ってこようと思います。

| - | 21:05 | comments(0) | - |
戦うべき相手は自分・・
自分に負けるのが一番怖い・・
そんなこと考えながら、今日も長い道のり運転して(片道2時間かけて)滋賀県雄琴のキャンパスまで。

昨日もおとついも終日忙しくアトリエに行けなかったし、今日大学へ行く前に少しでも制作に行こうと・・
6時過ぎ起きて、早朝練習に7時に出て行く息子、その後7時半・8時・8時半と順に出ていく家族の朝食作って送り出してから、急いで片づけてとびだすつもりでした。
が、みな送り出して、なんだかずっと寝不足の体と、昨日も終日立ちっぱなしでの授業や力仕事の疲労感・・今日の大学授業は午後だから、遠いとはいえ、、10時半までに出たら間に合う。。。1時間だけまた寝ようかな・・
そんな誘惑に思わず引き込まれかけました。

だめだめ、それしたら、余計長距離運転しんどくなるし、何より、今でも足りない制作が、もう1カ月もない大作出品が、ほんとに無理になる。
今日も明日も朝からちょっとの時間だけでも制作しないと・・
ほんとに短時間ながら出勤前にアトリエになんとか・・(やっぱり行って良かった・・・絵に向かって新たな展開がちょっと閃いてラフにコンテパステルで地塗りの上に描いてみて、明日の制作の方向性が定まりました)

帰ってきてからも、遅い夕食食べて、すぐベッドに飛び込みたくなるのを抑え、洗濯もしつつ、仕事の雑用・・・そこへ順にまた帰ってくる娘たちや、塾からの息子・・・ちょっと闘ったりもしながら…闘うべき一番の相手は、自分の弱い心かも・・と。

とにかく人より抱えてることが多ければ、自分に負けてたら時間なんて作り出せないんだから・・

それでも、最近は、これは自分に必要な時間・・と、神様はきっと認めてくれはる・・なんて思いながら制作や仕事以外に自分のために費やす時間も・・以前にはとてもできなかったことも・・してたりもするし。
そのことでも自分と日々闘ってる・・

今日は、ひさしぶりに授業前の昼休みに控え室で、客員教授の永田 萌先生とばったり。
「神戸の個展、忙しいのと重なって行けなくてごめんなさいね、またこれに懲りずに案内くださいね。今日は授業?ちょっと拝見しに行っていいかしら」
ご自分の授業が終わってからちょうど合評の真っ最中に助手さんに案内してもらって見にこられました。
先生に見てもらえるこんな機会は1年生のこの子らにはないし、ひとことコメントいただけますか?と合評中断してこちらから振ってしまっても、にこやかに適切なアドバイス下さって、おまけに「私はこの井上よう子先生の作品の大ファンなんです、皆さんは、よう子先生に教えてもらえて幸せよ」と・・ありがたく嬉しかったことでした。
作品同様に、美しくて優しい萌先生です。

そして、こんなことブログに書こうかなと思いながらPCに向かったら、頑張りが自分に帰ってくること実感したという、今日を頑張った友人の言葉。
なんだかとてもうれしく・・・、自分もさらに頑張らないと・・と思います。

| - | 01:40 | comments(2) | - |
10月の花火
今日は、目の前の新西宮ヨットハーバーで、マリンフェスタ(毎年この時期にある秋祭りのような・・)をやっていて、屋台やフリーマーケット、芝生広場では特設ステージでバンド演奏や、中学のジャズオーケストラやらの演奏があったり・・・
でも、朝から息子のサッカー公式戦、新チームになっての新人大会があって、その応援に母さん仲間みなで車で出ていて、参加はせず。

引っ越してきた頃はまだ小さかった子供ら3人連れてぶらぶら食べ歩いてみたり、前もって小学校から応募していたヨットハーバーを描く絵画コンクールに、長女が銀賞もらったり、翌年は次女が金賞もらったりで、その表彰式もステージであるので、色んな用事を何とかやりくりして参加したりもして・・
でも今回もだけどここ数年は何かと忙しかったりで、子供らはそれぞれ友達と行くようになったし参加することなくきました。

その最後フィナーレに、暗くなったPM6時から、花火が海の上に上がるのですが(これは最初のころはなかったはず・・)、ちょうど我が家のリビングからベランダ目の前に見ることができるのです。

今日もサッカーから帰ってから、芦屋美術博物館(昨日・今日は恒例アートフリ―マーケットをやっていて、以前学生もひきつれ手伝いにいったりしましたが、昨日はNHK文化センターの仕事もあり、今日もこんなでとにかくのぞきに行くことしかできず申し訳なかったのでしたが)と、西宮大谷記念美術館に、11月の兵庫県立美術館ギャラリーでの展覧会ポスターを学芸員さんに掲示を託しに伺ったり、そのあと忙しい明日からの週の食材やら買い出しに車で走り、帰って掃除もして夕食準備にバタバタかかるころちょうどバ――ン!と音が。
娘や息子としばし見とれました。

暗くなるのが早くなった、空気の澄んでくるこの時期の花火・・なかなかいいんです。
ブルーの星が横に並ぶようなのもあって、わずか10分ほどながら、そのあたりのベランダから、小さい子が「たまや〜〜〜!!」って何回か叫ぶのをほほえましく聞きながら、
私らの絵の仕事は形に残るけど、こういう、そのとき一瞬にかける・・あとに形には残らないけれど、でもそのひととき人の心に感動を届ける・・そんな仕事も・・素敵だな・・色々な思いでそう思っていました。

今日の、息子たちの試合は、秋晴れのもと、母達の声援も炸裂。
ハラハラする場面もあったけど、2試合とも勝つことができて、息子もシュート決めて副キャプテンの責任も果たし、予選リーグを1位通過。
来週(勝ち進めば再来週も続き・・)決勝トーナメントへ無事進むことができました。
もちろん負けた試合も精いっぱいのエールは送るけれど、「やっぱりいい試合して勝ってくれると、気持ちいいよね」「ストレス解消したわ〜」元気な母さん
仲間口ぐちに・・
ゼッケンつけして仕事して2時過ぎに寝て、6時半起きのお弁当作りはしんどかったけど、それにあまりある元気をもらった思い。
明日からまた忙しい1週間、大学も、制作もがんばろう・・!
(応援してる、サッカー・ヴィッセル神戸も、野球の阪神も、今日ふがいなくまけてしまったのは残念だったけれど・・)

そして東京の著名な洋画家・入江観先生から、(数年前の前田寛治大賞展で受賞させて頂いた時の審査員でらしたし、無理とは思いながらも個展案内はお出ししているのですが)「今年も審査しながら、あなたの詩情あふれる作品を思い出していました。神戸の個展は忙しい中遠方で行けず、残念でした。また東京での展はありませんか?」とのありがたいお便りが届き、感激。
先日ちょっと書いてまた報告すると言っていた東京での展覧会は、東京・銀座のギャラリー枝香庵さんでの、来年の個展と、今年年末のクリスマス展への小品出品、本当にありがたいことにちゃんとお話が具体的に進みかけたし、それをお伝えがてらお便りしようと思います。

実はギャラリー枝香庵さんは、あの石井一男さんや、武内ヒロクニさんが個展されたギャラリー、ギャラリー島田さんつながりのまた温かいご縁なのでした。
| - | 23:17 | comments(0) | - |
元気を出して・・・!
色々に日々悩んでしまうことはいっぱいあるけれど、それで落ち込んだりが顔に出ていると、接する友人や、子供や学生にも、それは伝染してしまう・・・
まず自分が元気だして、笑顔でいかないといけないな・・

今日も寝不足の重い頭で朝一番からの授業に、ともに担当の先輩先生が事情で1時間ほど遅刻される携帯メールも入り、早目に行っての3・4回生対象「表現技法」授業。
この時期上回生の授業は遅刻者も増えてきて、ときどき喝をいれながらなんですが、それでもちゃんと朝早くから来てる学生たちには、(ほんとはそれが当たり前なんだけど)、「なんか少ないね〜・・。でもあなたたちは偉い!!出席とりま〜す」
そして、
「作品制作は、途中に失敗したり、試行錯誤重ねたりしながらも、色々深く考えて、制作を重ねたものは、必ずそれが作品にでます。短時間で
適当にぱっと作ったものと、色々実験したり、悩んで考えて作ったものは全然違う・・・、
あと3週間で合評会です。
材料や技法に関しては、今まで紹介したり講義した以外も色々にあるから、個々にいくらでも相談には乗るから・・頑張って密度のある完成度の高い作品を作って行きましょう!じゃ、はじめよか!」

あとから遅れてきて適当なことする一部の学生たちに、まじめにがんばる学生のモチベーションがさがってしまったりもするので、とにかくせっかく早くから頑張ってる学生たちに元気でがんばってほしいなあと・・一人ひとりじっくり話しアドバイスしに回りました。

でも遅れてくる学生も、なんか事情がある場合もあり、それは偏見なく聴いてやらないといけないし、単にまたまた寝坊の学生には「いい加減にし!」といいつつ、ちょっとしたアドバイスで「あ、それおもろいな!わ。やってみるわ。先生、ありがと!」と熱心に制作始めるやんちゃ坊主もいるので、とにかくこちらが元気出していかないといけないな・・・つくづくそう思います。
「先生お母さんみたい、先生の笑顔にいつもほっとする。私長女で、・・家では甘えられへんねん」
そんな可愛い学生もいてくれるから、なおさらです。

昨日は、温かい友人たちからの誕生日のエールメールが入ったり、
形のない・・でもかけがえのないプレゼントを心に貰って感動したりの・・ことがあり、体は疲れていても、元気出して上向いて私自身が元気で頑張らないと・・とつくづく思いました。
感謝でいっぱい・・・・

みんな悩みをいっぱい抱えてがんばってるんですもんね。

大学のあと、夕食準備までわずかな時間にまたアトリエに。
どう進めるか、どう仕上げるか・・
地塗りに大まかな上塗りした組み作品パネルを並べ、見つめるだけでいっぱいっぱいタイムリミットだったけど・・・・
| - | 21:28 | comments(2) | - |
心が折れるとき…
なんか本当にささいな事で、ピンと張り詰めていた心の糸が、ブチンと音を立て切れてしまって、何もかも、なんだかすべての事がしんどくなってしまう…
そんな事ってありませんか?

今日の私がそんな感じで…ちょっとまた涙が止まらなくなりかけて…友人にも迷惑をかけてしまい反省しきり…

朝一から通常二人で担当する授業の、もうひとりの先輩先生が東京出張でお休みで、でもモデルさんを5週描く立ち上がりの授業、初めてモデルさんを体験する学生らに早めに行ってポーズ中は出入り厳禁、20分ポーズして10分休憩ペースでその間のみトイレは可能などのマナー色々再確認したり、そのモデルさん休憩の間にキャンバスに地塗りする段取りも説明、後期から初めて絵画を取る学生もいて、申し込みした画材が届くのがまだ先になるので、大学で準備した下塗り用カラージェッソやハケをみな使ってもいい事にしてその準備、
モデルさんもそのつど初めてお会いするので、控室に案内したり、初回ポーズをモデルさんの無理のない、でも、前からも横からも、綺麗に描けるポーズをつけたり…普通は私も休憩する時間も、ずっとフル回転で、それだけ言ってもマナー違反の学生を1ポーズ閉めだし(廊下で待機)もしたり、やはり、専任の絵画の先生二人ともが不在な時だと、置いとくと言ってはった所にジェッソやハケがなかったり、デッサン用画用紙用意されてなくて、慌てて金曜授業に準備しといたのを取りに走ったり…、19年も勤めた勝手知ったる場所ゆえなんとかなったものの…大変な張り詰めた半日…

そして月曜にあった大学からの話しの具体化の可能性を、月曜お休みだったI先生から言われ、我に帰ってぞっとしたり…

明日あさってが中間テストの息子がクラブもないし早く帰って夕食食べて塾に行くので、ほんの少ししか時間ないけど段取り考えてまたアトリエ に寄り(アトリエと言っても、色々運びこみ整える前に、まず来月に迫った兵庫県立美術館ギャラリーでの展覧会に出す作品を仕上げないととそのパネルと最低限の絵の具やハケ・パレット・筆などなど…のみ。)帰宅。

そして…
色々な辛い記憶が絡まりあってトラウマになってる分野にちょっと重なって見えてしまった友人からのささいな正直な言葉…

心が折れかけ、自分がどうしたらいいのかわからなくなってしまって、また涙が…

この歳になって、まだまだ修業が足りません。
明日、あ、もう今日ですね、52回めの誕生日…

「もう誕生日くらいは、夕食も作らずに、アトリエで制作させて貰うから…自分で夕食してね」

明日もそれぞれ卒業制作と就活、バイト、中間試験で忙しいらしい子供らに(帰宅時間もわからずまちまち)、プレゼントもいらないからせめてそれくらいはと、宣言した私でした。
| - | 00:54 | comments(4) | - |
絵のもたらす、不思議で素敵な力
三連休は、(私は体育の日には大学もあり三連休ではなかったのですが)息子のサッカー試合が朝から連日あり、初日土曜なんか土砂降りの中泥んこになりながら…見ているこちらも濡れて震えながら…応援。びちゃびちゃに転げまわりながら、みんなよく頑張っていました。
そして芸大同期で現代美術家としてはもうトップランナー的存在の友人・今村源くんの個展を、今年いっぱいで閉廊される事をつい最近発表された、大阪の現代美術画廊の中で大きな存在だった信濃橋画廊へ見に行き(いつもながら繊細で不思議な空気感…彼はいなかったけど彼がいました)、それからやはり現代美術作家で今年始めに急逝されたGe展メンバーだったKさんの偲ぶ会へ。
ものすごく濃い、怱々たる美術関係者勢揃いの、でもKさんのお人柄を反映してかとても和やかな会でした。

日曜は晴れた中試合応援して途中から抜けて友人の出演するイベントへ。不思議な巡り会いやら色々に感動。教え子が学んでた事とまた違う世界で頑張ってる姿にも出会って驚き、その姿遠くから見つめ心の中で思わずガンバレ!ってエール送っていました。

そして一昨日は、祝日にも関わらず午前・午後フル授業。大学からの突然の理不尽な通達に、専任・非常勤みな先生方で憤りながら対応を協議する出来事があり、心身ともに疲れました。
明日はわからない非常勤職の不安定さまた痛感。

昨日は滋賀県雄琴のS大学で授業。
頑張る1年生たちに元気もらい…学園90周年事業での教員展に依頼されて送った作品2点(Old&New展という企画で、昔の作品と今の作品。私は大学院の時の油彩と先日の個展に出した10号を…)無事に届いたか、展示ギャラリーを覗いて、スタッフにお菓子とジュース差し入れしたり…、忙しくキャンパス内行き来しながら6時過ぎまで授業。深夜まで作業になりそうなスタッフ気にしつつ真っ暗になった道を車とばし帰りかけたら、名神高速に入る手前の事故で渋滞1時間あまり…
やっと走りかけても疲れきった頭は居眠り運転しかけたり…危ない危ない…。
ヨレヨレでアトリエに積んできていた画材運び、ちょっとだけ制作。
そしたら…
気持ちが元気になってくる・・・、
静かに一人で絵と向きあうと、頭もクリアに・・・・ちょっと復活。
不思議ですね。

自宅に帰ってから、朝から作って出た夕食を子供たちの食べ終わったあとに、一人遅くに食べながら、絵のもたらす不思議な…素敵な力をあらためて思っていました。
| - | 18:06 | comments(0) | - |
勇気をだして踏み出せば、いいことが起こる?
今日・・いえもう昨日・・は、嬉しいことが何と3つもありました!

と言っても、実は出だしは最悪のスタート。
朝一番の大学授業に、資料を持っていくためのかばんを持って飛び出したら、いつも持っていく方の、授業の出席簿やカリキュラムをプリントしたものや、一式ファイルを入れたかばんを忘れてしまったことに大学に着いてから気づき茫然・・
情けなくなりながら、あとから来られた共に授業担当する先輩H先生にお願いして大学PCから授業前ぎりぎりで名簿打ち出して頂いたり、あたふた・・。

授業での技法レクチャーも、心の準備不足でなんかいまいち・・

ちょっと落ち込みながら、大学終了後にアトリエにまた走り、友人が企画担当したラジオ番組のコーナー聴いてちょっと元気貰いながらしばし制作。

飛んで帰って塾行く息子に夕食してたら大雨降り出して、自転車で行けないかなと急遽車で送っていき、そこへ就職活動で大阪行ってた娘からも、大雨やし沢山の濡らせないファイル抱えて駅から自転車無理やから、もし車で出てたら乗せて帰って・・でちょうどピックアップ。

あ〜〜〜〜疲れた〜〜〜とやっと自分も遅い夕食・・
と、そこへ、サッカーの日本対アルゼンチン戦、あのメッシのいる強豪相手にまさかの日本勝利!本田〜長谷部〜岡崎つながっての見事なシュートが決まっての1点を守り抜いて・・もちろんメッシに何度もゴールを攻められながら・・
やった!!まず嬉しい一つ目。

そして、自力では無理で他力本願ながら、今日巨人が負ければリーグ2位で、クライマックスシリーズをホームの甲子園でスタートできる阪神。
巨人が勝ちそうになりながら、ヤクルトが踏ん張ってくれて負け、阪神2位に・・・やった!!嬉しい二つ目。

そして、3つ目が実は本当に一番嬉しいことだったのですが、
やっと深夜に開いたPCに届いていたメール。
先日のギャラリー島田で、DM作品を買い上げて下さったAさんからの、東京のギャラリーでの個展依頼。
また温かいご縁がつながって・・・・じんときていました。
感謝でいっぱいです。

このギャラリーさんについては(今まだ勝手にここへあげていいのか・・とも思うので)、またちゃんと報告したいと思います。
いっぱいいっぱい不思議なご縁が絡み合ってるギャラリーです。

やっていけるのかと不安はいっぱい抱えたままだけど、勇気を持って踏み出せば、神様がいいことをプレゼントして下さるのかな・・
そう思ったことでした。

| - | 01:51 | comments(2) | - |
ありがとう!
私の新しい一歩のこと書いたら、たくさんのエール頂いて・・・
うれしいことでした。
本当にありがとうございました。

頑張らないといけないな・・
ありがたくも決意新たに、・・・
良い意味でのプレッシャーを頂いた感じ。

火曜は、成安造形大学にて授業。

水曜は大手前大学で・・

その帰りにもちょこっと走って、今日もパネル運んだり、木材運んで細長いパネル制作したり・・・
少ない時間だけど、一人きりになれる,アトリエの存在は、やはり大きいなと思います。
| - | 02:00 | comments(4) | - |
大いなる決断
ずっと考えていたけれど、踏み出せずにいた・・その決断をついにしました。人からみれば小さなこと、でも・・私にとっては大きな一歩。

小さなとっても古い(築何年かも、大家さんが思い出せないほど・・)アパートの一室だけど、アトリエスペースを借りました。

個展や美術館での大作を前に、「こんな大きな作品、大きなアトリエで描いてはるんですか?」とよく聞かれます。いえいえとてもそんな余裕はなく・・小品は日々仕事終わっての深夜に自宅の一角で、大作は計画的に大学の長期休暇中に、学生も使えない時期に無理言って何日かだけ入らせてもらってほんとに限られた時間で綱渡りのぎりぎり制作。
でも、それも、少子化の波で生き残りが大変な大学は、休み期間にオープンキャンパスやら営業活動が増え、使わせてもらうのが厳しくなってきていて、制作場所を考えていかないと。。。と切実な思いが高まっていました。

明石の父の家に行けばスペースはあると言ってもらいながらも、父のことで走ることはあっても、日々忙しい中仕事のあとに片道高速道路とばしても1時間かかるのは・・それも寝不足で夜の高速を帰ってくるのは・・厳しい・・

結婚して、子供もできて、生活費用も大変になり、何より、子供が小さい時はしょっちゅう熱だしたり、水ぼうそうやらインフルエンザやらとにかく昼も夜もなくみてやらねばならない時は家を離れるわけにはいかなくて、夜中も看病の合間にちょっと制作(水分補給したり着替えさせたりあまりに高熱になったら座薬をお尻から押しこんだりの・・)続いて、「効率の悪い子育てしてるね」といわれるように、年齢のあいた3人の子供たち・・(いろいろ大変な状況で流産したり、仕方なかったのですが)上の子がちょっと落ち着く年になったら下の子が大変にの状況くりかえし・・・保育所通いも長女から末っ子卒園まで足掛け15年の長さで・・ずっときました。


大学院出た直後は、その資格給も着くし、同世代よりは高給を頂けた私学女子校専任教師(いわゆる独身貴族?)、結婚するまでは実家出ることを嫌った両親のために(早くに姉を亡くし、残された一人娘の私を過剰に心配するのは、親心としては仕方なかったのでしょう)、独立して独り暮らしではなく、仕事から帰っても行ける自宅近くに、自宅に生活費も少し入れながら、アトリエも借り制作していました。
でも、簡単に高給いただけるはずはなく、過酷な女子中学の担任生活では、せっかく借りてるアトリエに行ける時間もどんどん減って、からだも壊し、教師か作家かで迷いに迷ったあげくに退職して、専門学校非常勤をしながらの作家活動に。。。

今、子供たちは多少病気しようがほっておける年齢になってきたものの、末っ子はまだ義務教育の中学生とはいえ大学生二人をかかえ、働けど働けど学費貧乏の日々。
でも、先月の個展で、今まで以上に沢山の方々にありがたくも作品買って頂き、今まではそういう絵が売れたお金も、気がつけば生活費の赤字補てんや、子供らを思いきって行きたがってたディズニーランドツアーに連れて行ったり数少ない家族旅行費用に消えてしまってきたので、今回それを消えてしまう前にアトリエの費用に設備投資?させてもらおうと、自分にとっては一大決心。
とりあえず、それで保証金と向こう1年間は払えるから、その先払えない状況になったらまた考えることにして、一歩を踏み出しました。

大きくなってきた子供らはそれぞれに夜更かしになるし、みなが寝静まってからの貴重な制作時間も少なくなって、何かと頼まれたり話聞いてやらねばならなかったり・・それもときどきは大事だけれど、個展中に島田さんに、「あなたは作家なんやから、作家としての時間を、ゆったりと思考する時間も含めて、もっと取れるように、家族にももうそれぞれ自分でできることはしてもらって、ちょっと闘ってでも、作っていかないと・・」
そんなアドバイス頂いて、背中を押してもらっての決断。

昨日は鍵を受け取って掃除にいき、今日は午前午後3時間ずつフルに授業の忙しいO大学授業のあとに帰りに一瞬ながらちょっとまた荷物運んだりもして・・・

何とか、またそこからいい作品が生み出せますように・・・!
祈りながら・・
| - | 23:53 | comments(10) | - |
無理がきかないこと、自覚しないと・・・
今日は早朝6時起きでおにぎりやら作って、息子をサッカー試合に7時過ぎには送り出してから、NHK文化センター神戸教室にて、「大好きな絵を描こう」講座。
こちらもまた新しいスタート。継続の方が多いのですが、6か月サイクルの講座なので、家庭の事情で今期は休みますという方があったり、また新たなメンバーが入られたり・・・・以前来られてた方が復帰されて「お久しぶりですね!」「また、よろしくお願いします」・・それも嬉しいことでした。

今日と次回は「静物」。
モチーフの観葉植物4鉢や、リンゴやナシやカボチャやら、季節の果物野菜も昨日大学帰りに車にどっさり積み込んで・・(かなりの体力仕事・・)
それと、教室倉庫に常備されてるワインボトルや花瓶やら、自由に組んでもらってそれぞれに個性的に描いて頂きます。

終了後はちょっと色々込み入ったお話もあって、、飛んで帰り息子のサッカー試合にかけつけるも終わった後・・
今日は市内の中学には引き分け、神戸のクラブチームには負けてしまったとのこと。
もうすぐ新人戦という公式大会も迫り、でも、中間テストも迫り、どちらも両立して頑張ってほしいな・・
と、学校からの便りやクラブからのスケジュールプリントに目を通したりしながら願う母でした。

息子のことを、「彼ぐらいの選手がもう一人いてくれたらいいのにね・・」とかいかぶってくれてるお母さん仲間の言葉に、顧問の先生が「それは贅沢ですわ。でも、あいつ、普段はかなりぽ〜〜っとしてて・・・、試合に出ると別人になりよるんですわ」と言ってくれたとか・・
なんだか嬉しくもありながら、私が学生時代に言われてたこと(普段ぽわ〜っとしてるのに、バスケットしてる時と、バイク乗ってるときは別人みたいと)と重なって、変なとこばっかり似るんだな・・と苦笑。。。でした。

家のたまった雑用もこなしてから、今日スタートのギャラリー島田での林哲夫さんの展覧会に惹かれ、ご本人にもお会いしてみたくてオープニングにちょっこっとだけ差し入れもって駈けつけました。
油絵の、少ないモチーフで無駄なもののない、そのものに迫った静かな画風、色合いとか違うけれど、ちょっと大好きなモランディにも通じるような作品たち・・よかったです。
武蔵野大学同級生同志のご夫婦という、奥様の手料理の数々もそのてきぱきとした接客ぶりも素晴らしくて・・・、絵にかいたような画家らしい雰囲気の林さんに、デザイン科卒のしっかりものの奥様(マネージャー兼デザイナー?)名コンビだなと思ったことでした。

そしてまた今日も、参加されてた方々の不思議なつながりが絡み合っていて、ギャラリー島田の大きな場の力みたいなものをつくづく感じます。

でも、帰り道、ちょっとしんどく気分悪くなってしまって・・・・
帰って息子に夕食してやりながら(ちゃんと段取りはして、色々言っておいて出たのに、息子も早朝練習が続いていて眠くてずっと爆睡だったみたいで)
週にフルに仕事も詰まっていて、夜中にも雑用も重なって、、、

無理がきかない年ごろ?であることも考えて、やりたいこと行きたいとこ、絶対でないものはセーブする勇気も必要だな・・どうしてもやらねばならないことを優先して・・とまた自戒・・。
(反省しながらまた・・・のだめな私でした)
| - | 22:50 | comments(4) | - |
疲れた夜は飲みすぎる?・・頑張る君と頑張らない君・・
先週火曜からスタートした大学後期授業。
火曜は成安造形大学で基礎造形実習(1年生)。
水曜は大手前大学で造形美術ベーシック200(2年生中心+留学生)の絵画基礎。
金曜は同じく大手前大学、絵画300(3・4回生+留学生)の表現技法供
月曜は午前中は水曜と同じ授業のもうひとクラスを別の先生と担当し、午後から絵画300の具象絵画表現供

立ち上がり授業は、夏休みボケした(お互い?)頭を授業モードにもっていくのと、後期全体の課題の流れを説明したり、できるだけモチベーション高めて取り組んでもらえるように考えながら、最初の課題制作へと導入していかねばならないので、本当に帰ってくるとくたくた状態。
ほんと〜〜に疲れた1週間でしたが、何とかそれぞれに滑り出し、ちょっとほっとしています。
少しは自分の作品のアイデアスケッチやら地塗りやらの制作もしたいし、朝一番からの授業がほとんどのため、そうやって夜中に制作も洗濯やら翌朝の食事の準備もしているとやっぱり寝る時間は・・

でも、すべてがやっと片付いた2時3時頃に、すぐ寝たらいいのに、やっとほっとしてちょっと寝る前のワインが進んでしまったり・・
昨日は寝たときの記憶が不確かで、気をつけないといけないな・・と思います。

頑張ろうという気持ちが伝わってくる学生たちに出あって、
(火曜の授業は前期と後期で全く違うクラス・メンバー。他の曜日は、前期も取ってた見知った顔と、初めてのメンバーが混在)
色んなこと時間外でも教えてあげたくなったり・・・

頑張りたいけど自信がなくて不安でいっぱいの学生には、大丈夫、頑張りは絶対自分にかえってくるよって肩たたいたり、

でも、いくら言っても頑張ることができない学生も・・

作りたい作品のイメージインタビューを、もう一人のI先生と一人一人していく間に、キャンバス張りや地塗りをして、コンセプトレポート書いておくように言っていたけれど、出席だけ取ってどこかへ行ってしまっていて、3時間近くたった授業終わりごろに、「僕の順番まだですか?隣の教室で作業しながらずっと待ってたんですけど・・」
・・・うそでしょう?どうしてうそつくのかなあ・・
サボってるだけなら、すみませんって来てくれたら、ちょっと頭こずいて「こら!もっとがんばれ!」で
まだ最初やしフォローできるのに・・
学生だけじゃないけど、「うそ」つかれると、その人のことばがすべて信じられなくなってしまう・・あほやね君は・・大事な信用なくしたんやで・・
心でそう思いながら、「何回かとなりの教室にも呼びに行ったよ・・ずっといなかったよね・・。とにかく次回からは、授業時間中は頑張って」なるべく冷静に言いました。
今までもそういう言い訳がたびたびあった学生、
サボってたように言うと、逆に「疑うんですか?」と・・ごまかしたりうそついたりが大嫌いな私と(もちろん私も完璧な人間ではないけれど)
ちょっと口論になったこともあります。
「え?・・いや・・別のところ行って作品考えてたんです」
もううそはいいって・・

そういう何人かの頑張らない学生とのやり取りに一番疲れながら・・・
でもそんな子らも絵は好きなんやなって思えるときもあったりするし、もっと頑張ったらもっとこの授業は楽しいのにな・・と思うのでした。

| - | 00:37 | comments(6) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ