YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
記憶に漂う
金曜、上京。まずは大手前大学マンガ・映像・アニメーション専攻卒業制作東京展へ差し入れ持って顔を出し(方向音痴の私は、初めて降り立った秋葉原で、駅からすぐの会場にたどり着くのに随分時間かかってしまいましたが、懐かしい卒業生とも偶然再会し嬉しく)、銀座のギャラリー枝香庵へ。
私がいる時間を見計らって、芸大仲間Nさん、Iさん、Kさん、Eさん、ノンフィクション作家Tさん、新聞連載小説の挿絵担当した時の編集者Eさん、漫画家が描く仏の世界展プロデューサーOさん、父がとてもお世話になったNさんも今大変な中…其々にお忙しい中、来廊下さって感謝…
それぞれに懐かしい話にも花が咲いて、様々な方面の記憶に漂った事でした。

「記憶は、海のようなもの」…と、新聞連載時に絵で伴走した白石一文さんの小説「記憶の渚にて」に書かれていた…本当に記憶とは、深くて沢山の物がそこに漂い漫々と湛えられている海のような物、あらためてそんな思いにとらわれました。遠く眺めていると果てしなくて見えなくなっていた事が、近づいてふとすくった手に絡んで引っ張りあげてみると次々とまた絡んだ物たちが立ち現れてきて驚いたりもして…そしてその記憶に少し元気や勇気を貰ってまた前を向けたり、切なくなったり、、。

私は帰って来ましたが、ビクトリーブーケ展は3月1日まで開催中です。東京方面の方、ご高覧下さい。
そしてこの銀座のギャラリー枝香庵で、9月1日~10日に個展です。今回その打合せもオーナーと。その中の5日(土)に、絵とのコラボコンサートをしてくれることになった布垣氏(芸大バスケ後輩であり、学生時代は軽音でもバンド活動、トヨタのデザイン部就職後も永年ギターと歌続け、現在はトヨタ博物館館長)も、多忙な中、横浜の仕事にひっかけて打ち合わせに参加してくれて、素敵なギターライブの夕べが実現しそうですので、どうぞお楽しみに!
(私の絵と、布垣氏が選びアレンジして演奏される曲の根底に流れる「切なさとはかなさ」が、きっと響きあうと他の後輩からのコラボリクエストがきっかけでした)

昨日は、空き家になって久しい亡き父と亡き叔母の家の点検に(少し気になる出来事もあり)走りました。ご近所に迷惑をかけていないかも気になり・・・
荒れ果てた枯れ野のようになった庭に、今年もまたけなげに水仙の花が咲いていて、、、亡き母がよく家に飾っていた遠い日、亡き姉と走り回った子供の頃が思い出されたのでした。

| - | 12:12 | comments(0) | - |
花束をあなたに…
DQoNCmlQaG9uZeOBi+OCiemAgeS/oQ==
大学の卒業制作展も終わりました。
搬出作業手伝い、絵画専攻の学生らとランチ、基礎で教えた時からよく知る面々に「早いね。もう卒業か〜」感慨深く…色々話しました。

先日有り難くも著者献本で送ってきて頂いた白石一文さんの新刊小説「君がないと小説は書けない」を、忙しい日々の中少しづつ読み進めていて、同い年の白石さんが、自分は何のために生きて来たのか…を自問するような自伝的小説の言葉の一つひとつに、ちょっと胸が痛くなったりしながら・・・も、痛く共感。

銀座・ギャラリー枝香庵での「花たばの贈りもの〜ビクトリーブーケ〜」展へ
無事作品2点目発送(画像の20号)しました。
いよいよ明日から。
コロナウイルスが気になりますが、マスクとアルコール消毒液持参で新幹線に乗り、東京へ行ってきます。(オープニングレセプションに出席します。)
人が喜ぶ笑顔が見たい…
私が作品を制作する事も、大学やNHKで教える事も、子供達の為や地域の事業に奔走してるのも、根底はすべてそこにあるのかもしれないなと、
それは、この展覧会のコンセプトの、花束を贈るという行為も、(そういうことやん…とふと気が付いたりして)
すべては繋がってる・・・そういう気がしています。

2.21(金)~3.1(日)11:30~19:00(日曜と最終日は17:00まで)
ギャラリー枝香庵 東京都中央区銀座3−3−12銀座ビルディング7F&8F
03−3567−8110 https://echo-ann.jp
「花たばの贈りもの〜ビクトリーブーケ〜」


| - | 23:46 | comments(0) | - |
冬の花火
9日日曜は西宮花火大会。震災から25年、鎮魂の花火。。
我が家からは目の前に見えて、綺麗でした。

また朝9時から公民館での防災部会の司会をし、そちらは4月のさくら祭りの防災ブース具体案を詰めるため昼過ぎまで会議、(話し合って、防災備蓄食品を簡単に美味しくアレンジして食べる紹介&試食コーナーをすることになり、また来月準備のレクチャーの日を組んだり、西宮市社会福祉協議会の方やCOOPの方にも協力依頼したり大忙しです。)それから大急ぎで長女一家を迎えに車を飛ばして連れて来て、花火までに夕食準備したり、ばたばたでしたが、、
その日は一段と冷え込んだ日で、空気が澄んで、冬の花火は美しく…
色々な思いがよぎって、しばし切なく見つめました。
少し前に1歳を迎えた天使も、昨秋の花火の時は音に驚いて泣いてたけれど、今回はじっと見つめていました。成長したね。

搬入が迫った、ビクトリーブーケ展への作品は、今日もアトリエで格闘して、💦
何とか完成かな・・・
今回は、祝福がテーマの展、ネガティブイメージは不可の出品依頼でしたから、なるべく寂しくはならないように…光あふれる花束を…でもやはり色はブルーが基調です。
| - | 23:15 | comments(0) | - |
2月になりました
あっという間に2月も過ぎていきそうです。
先週のING展には沢山の来場者あり、盛況のうちに日曜に搬出。私はその日も5時から防災委員会があったので、議事案を副委員長氏に事前に渡し会議始めておいてもらって、4時からの美術館の搬出に自作梱包して飛び出し(他の方の手伝いできずでごめんなさい!)飛んで帰って会議に滑り込みでした。9日日曜も朝から別の会議で部長なので、今週月曜火曜今期最後の大学授業こなし成績付けもしながら、昨日今日議事案制作。
体が2つ欲しいとぼやきながら、ふと、子供の病気と父の入院、休めない仕事が重なって、身体が3つ欲しいと真剣に思った頃を思い出し苦笑・・・
あの頃の事思えば、これくらい乗り切れるなと。皆が寝静まってからしか絵を描くことできなかった時は、夜中12時から2時3時まで描いても、息子の早朝練習で早く出るお弁当作りに5時半に起き、お弁当も朝食もし送り出してから自分も仕事に飛び出して、帰宅後夕食・洗濯等家事してまた夜中に制作…そんな日が続いていたのだし・・・
でも、どんなに忙しくても、少しでも絵に向かう時間が自分を生かしてくれたと思っています。
、、そうやって命を削る思いで描き続けてきたから、今の私があるし、描く絵に心を動かされて下さる方がいる(いや、まだまだ精進せねばだめですが)そして、どんなに不安定でも、描き続ける努力に対して、絵は裏切らない・・・本当に少しづつでも、確実に応えてくれるのです。逆に、いい加減に向き合えばいい加減なものになる。
自分の生き方を映す鏡のような存在。
そう思って、背筋を正し、今夜も作品に向き合っています。
| - | 01:26 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ