YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
無事展示終了。明日スタートです。(近づく台風心配しつつ)






| - | 23:01 | comments(0) | - |
自然の力には贖えないけれど・・
刻々と大きくなりながら伝えられるイタリアの大変な状況にに胸が痛みます。
もうずっと以前だけれどイタリアに行った時、街全体が芸術に溢れている様に感動した。日本ではお金を払って美術館でしか見られないようなびっくりする彫像が広場や通りに突然あったり・・・中世がそのままにそこにあった。。。あの「最後の晩餐」ですら、とても質素なつくりの礼拝堂に、すっと入れ警備もない場所での対面だった。
でもあの古い建物たちも、歴代の人影を映しただろう広場の石畳も、大きな地震には脆い・・・
まだ続く余震が早く収まり、救助が進みますように…祈ります。


| - | 00:38 | comments(0) | - |
渾身の作品たち、東京へ。
ぎりぎりまで描いていた新作と、計180枚もの挿絵原画の梱包を何とか終えて、今日東京銀座へ向け発送しました。
何事もなく無事届きますように…祈りながら。

発送後、疲労困憊ながら父の病院へ。
個展の前半・後半東京へ行く間、着替えの補充やら色々の事に頭巡らせながら、とにかく急変などしないでねとこちらも祈る思い。

メールや手紙で、東京での個展を楽しみにして下さる便りも届いてきていて有り難く感謝しつつ、どうぞ、絵の持つ素敵な力を届けられますように・・・
| - | 00:23 | comments(0) | - |
晩夏・・・そして秋の気配
朝から家の掃除や洗濯、雑用こなしてからアトリエへ走り個展に出す最後の最新作仕上げに集中し、父の病院へ。そして帰って遅めの夕食後にDMの誤情報訂正やあて名書き、メールなどのチェックと返信。大量の原画展示計画の壁面計算の再確認、練り直しなど。被災地支援のチャリティーに送る小作品制作も(これは締め切りぎりぎりに何とか昨日2点仕上げて発送)。
頼まれてるエッセーも考えて・・明日はNHK講座で、10月の展覧会に向けて頑張ってられる生徒さんらの作品指導。
そんな、どれも大切な、色々のチャンネル切り替えにやや頭混乱状態の毎日、昼間は暑さにくらくら、でも、夜中に仕事しつつ感じる窓からの海風や、かすかに響いてくるようになった虫の聲(今も・・・)に、秋の気配を感じます。

「晩夏」はユーミン、「秋の気配」はオフコース、この季節を歌った曲のタイトルにありますね。どちらも大好きな曲でした。
そして・・さだまさしの「精霊流し」。毎夏過ごした九州祖父母宅近く箱崎浜で、小さな浴衣で姉と並んで不思議なもの見るように精霊流しを見つめた小学生時代、姉が亡くなった翌年高校時代の情景があまりに重なって・・・先日お盆にラジオから流れてきて、ふいにまた目頭熱くなり絵筆が止まったのでした。
| - | 23:13 | comments(0) | - |
個展の案内状…ブルー、深く深く

個展の案内状(A4サイズのフライヤー)がギャラリーから届きました。新作画像とメッセージだけ送ってデザインはお任せしてるので、ドキドキしながら開けました。私の作品イメージを最大限に、深くブルーに沈みこみながら「記憶に漂う」テーマを表出して下さってて・・感謝です。期待に応えるべく、今日も制作と諸々の準備頑張っています。

「井上よう子展 記憶に漂う」・・・新聞連載小説「記憶の渚にて」(直木賞作家・白石一文さん著作)挿絵原画と、新作タブローの展覧会

8.29(月)〜9.5(月)11:30~19:00
ギャラリー−枝香庵
東京都中央区銀座3−3−12銀座ビルディング7F/7.5F/8F
Tel 050 3452 8627
http://echo-ann.jp


| - | 19:18 | comments(0) | - |
個展に向かって 2


アトリエで新作の制作もぎりぎりまでして、夕方父の病院へ行き、帰って遅い夕食後に夜中まで沢山の挿絵原画たちと向き合っていると、「記憶の渚にて」の小説世界に毎晩浸り、考え、描き続けた時どきの思いも蘇ってきたりしています。

| - | 22:26 | comments(0) | - |
個展に向かって 1

迫りくる個展。精一杯いいものにしたくて、挿絵原画後半分160枚ひとつひとつにマットつけていき、その中から額装するものを選んでいったり。。3フロアの展示のプランニングも何回も練り直したり・・時間は容赦なく流れ、刻々迫ってきて、ややパニック状態

| - | 22:23 | comments(0) | - |
時は流れ・・でも変わらずに
昨日はお盆には早いけれど、娘・息子と行ける日にと、母と姉が眠るお墓へ共に。汗滴らせ雑草抜き、水で流しながら墓石綺麗にして、花と線香供え手を合わせてきました。
お墓に続く畦道の両側に広がる田園風景は、29年前のあの日から変わりません。
昨日も今日も、夕方には何とか父の病院へ。談話室の窓から目の前に広がる海の風景にほっとして、、、今日も描く絵の中には、私の海。

17歳で逝った姉、55歳で逝った母、それから祖父や祖母も、心に色々遺してくれた。でも、何年も経ってからふいにあれはそういう事だったのかと立ち尽くすことが未だある。「記憶の渚にて」世界にある時、そんな事も色々に浮かんだのでした。
| - | 01:04 | comments(0) | - |
8月になりました
早朝から降るような蝉の聲、夏真っ盛り・・今週から大学授業も夏休み、いよいよ月末に迫った個展準備へ集中です。

個展させて頂く銀座のギャラリー枝香庵さん(銀座3丁目3−12.銀座ビルディング7・8階)で、今日から10周年記念展もスタート。
沢山の作家さんとともに、私も新作を(間に合いました)、7階のサマーフェスタPart1(前期16日まで)に出品していますので、銀座方面行かれたらぜひ覗いてみてください。

神戸・ギャラリー島田ミニアチュール展は、明後日3日4時までです。こちらもまだの方はぜひ。

昨日は京都ぎゃらりーなかむらさんとも打ち合わせ。来年に待ってくださってる個展は、新年スタートの1月末から2月頃にの予定に。こちらも楽しみにしてると居合わせたN先生(恩師と近しくされてた)から激励受け、有り難くも身の引き締まる思い。まずは銀座の個展を良い展覧会にすべく全力投球して、次の京都の展へと向かいます。
| - | 11:58 | comments(0) | - |
切なさの向こうに…
今のこの切なさの向こうに、きっと見えてくるものがある・・

そんな思いで、2013年の銀座・ギャラリー枝香庵での個展につけたサブタイトル。今も作品の根底に流れる想いは同じです。
8月29日から3年ぶりに個展させて頂くため渾身で準備進めているのですが、個展の前にその枝香庵さんの10周年記念展が8月1日から、下の新しいスペースも加えて開催されます。(私の個展でも新スペースも使わせて頂きます)
私も10周年記念展の企画の中のPart1「SUMMER FESTA 2016」に出品依頼を受け、いつも温かく応援して下さる枝香庵さんへの感謝の思い込めて、新作4号「静かなる光へー北欧の大地にて」を描いています。週末搬入に間に合いますように・・・

月曜は、大学夏休み前の最終授業、午前中は2年生20数名の合評。午後からは3・4年クラスの合評。授業外でも頑張ってた学生も多く、力作が並び,講評にも力が入りました。
時間足らずで完成度不足、もう少し描くとの一部学生作品を見てやりに、今日も夕方大学へ走ります。

昨年秋からの少し気になる体調と、先日のアナフィラキシーもあり、昨日は久しぶりの内視鏡検査にも、思い切って行ってきました。
迫る個展も、病院の父の事も、とにかく体調管理していかねばと日々思います。
| - | 13:55 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ