YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
書かなかった手紙…言えなかった言葉

この画像は、6月のBreeze展に出品するけれど行き先が決まっている絵(部分)です。
感謝の気持ちを込めて、色々な思いを込めて描いた絵。小品ながら、時間がかかりました。

昨日は、兵庫県公館での表彰式に行ってきました。
神戸・元町駅の北、緑豊かな中に建つ、立派な洋館の中での表彰式は、写真撮影は禁止(終わってから屋外で知事さんとの集合記念撮影写真は後日送って下さるとか)。でも控室で待つ間に、窓から光さす階段が美しいなぁと見つめていて…建物は撮っても良いですか?とOK頂いて写真を撮っていた私。また絵のモチーフになるかもと。
兵庫県文化功労者として相応しいかは、これからの制作にかかってくるのかもしれません。でも、私は私らしく、描きたい…見て感じて頂きたい、大切な存在を想う切なく温かい青の情景を、これからも描き続けたいと思います。
| - | 00:27 | comments(0) | - |
新緑の季節に
爽やかに晴れた日は、緑の風が心地よい、本当に気持ちよい季節。
なのですが、このところ急に真夏日で熱中症注意報が出たかと思うと、また急に気温が下がって肌寒い風に上着をはおったり・・・で、
体調崩したり,風邪ひいて休む学生もでています。皆さん気をつけて下さいね。

5月は、6月7月の展覧会(前回会期など書きましたが)の準備と大学2か所での授業で、休みなく怒涛のように過ぎてゆきます💦
でも、急ぎ足で歩く足元に咲くクローバーや、ピンカミノールの青紫の可憐な花をみつけるとほっとなごみます。
ベランダのブルーデージーは今年も少しづつ花咲いてくれて、「澄んだ空の青」とのその色にも癒され、絵の中にまた描いてみたりもしながら、毎日忙しい中も、大学帰りに(今日はNHK講座の帰りに)アトリエ行っては制作頑張っています。

| - | 23:30 | comments(0) | - |
6月と7月の展覧会に向けて制作中

先週土曜、NHK講座の教室に入ると、ホワイトボードに大きく「井上よう子先生、兵庫県功労者(文化功労)表彰の受賞おめでとうございます!」の文字が…。こちらからお知らせしていないのに、生徒の皆さんがとても喜んで下さっていて、それが嬉しかった私でした。
そして連日、色々な方々から祝電やお祝いメッセージ等頂いて恐縮しています。皆さんどうぞお気遣いなきよう…でもありがとうございます。

5月は大手前大学の週3日授業に加え、大阪歯科大学での造形美術学概論の集中授業もあり、連日出講しながら、帰りに何とかアトリエにも走り制作を進めています。
6.13〜18. 京都・ギャラリーaでのBreeze展に小品3点
6.27〜7.2.京都市京セラ美術館≪Ge≫展に大作120号・100号
7.8〜25. 神戸・ギャラリー島田「シマダマンダラ」展に小品1点
7.19〜25.大阪・梅田阪急美術画廊での個展に25点ほど(昨年末神戸や先月秋田での個展出品作も含めますが、さらなる新作を制作中)
皆さんに元気頂きながら頑張っています。
(日曜には防災の会議も、来週末にはデンマークからのYUKOの個展展示の手伝いも頑張ります)

| - | 10:58 | comments(0) | - |
ちょっと特別な5月になりました。

秋田の個展から帰る日に、連絡が入りました。
「永年のご功績に対し、兵庫県功労者芸術文化部門に井上よう子さんが選ばれました。受託いただけますか?」と。
「え?!」と…ちょっと信じられない思いで…でも、永年応援下さってきた方々の喜ぶ顔が浮かび、「ありがたくお受けします。ありがとうございます。」とお答えし、公式発表は5月3日、それまではご内密にとのことで、事務手続きしながら色々な思いが去来していました。

本当に色々な事があった中、絵を続けることがもう無理かと思う事もありました。でも何とか寝る時間を削って描き続けた事が、自分にとっての生きる力にもなり、自分はこつこつと努力を重ねる事しかできないと(大きな賞などには縁がないと)思っていた中で2008年に兵庫県芸術文化協会から赤艸社賞を頂いた時には、頑張り続けていれば努力が報われる事も起る、継続は力なりという言葉が実感できて、困難を抱える人・学生にも伝えたく思った事でしたが、
それからまた15年。色々な波乱も経ての今・・・
感謝ばかりです。

30数年ずっと画廊企画で個展をさせて下さってきたギャラリー島田さん、そこからの出逢いでの先日ギャラリーで対談させて頂いたノンフィクション作家・後藤正治先生、白石一文さんの連載小説に挿絵を描かせて頂いた事、銀座のギャラリー枝香庵さんも、京都のギャラリーなかむらさん、ギャラリーaさん、阪急個展企画下さる橋詰さん、三木市立堀光美術館での大きな個展企画下さった前館長・川谷さん…感謝しながらお顔が浮かびました。
(画像↑神戸新聞記事、大きな絵を所蔵展示下さっているシスメックス社の家次会長とお隣に顔写真が掲載されてたのも嬉しかった事でした)
授賞式は兵庫県公館で、26日に。
天国の両親と姉、昨年逝ってしまわれた越智さん(赤艸社賞に推薦下さったりずっと応援下さった)に手を合わせ、報告して…これからますますしっかりと精進しなければと背筋を正しています。
そしてこれからも、絵がもたらす素敵な力を、伝えていけたらと願っています。

| - | 11:00 | comments(0) | - |
4月の終わりに
新年度がスタートし、大学授業では立ち上がりのエネルギーが必要になります。初対面の面々との基礎の授業では、授業の流れの説明や、画材(授業で使うアクリル絵具など)を持っている人はいいけれど持っていない人への大学での購入(連休明けに画材店が販売に来てくれる)の申し込みの手ほどきなど。もうすでに良く知る上回生らの授業には、元気だった?の確認からさらに授業内容のレベルの解説など。。
教師側もエネルギーが必要ですが、学生側もまた違う意味での大きなエネルギー使うのが新学期。(まず履修登録を考える所から頭が痛くなった覚えが私も遠い記憶にありますが)初めての先生や授業に、そして初回は其々の説明の連続にかなり緊張が続いて疲れてしまったり、気候も暑い日があったりまた肌寒くなったり…体調崩しがち。
明日から世間はゴールデンウイーク。少しは体を休めて、元気を蓄えてくれたらいいなと思います。(ただ、以前はGWは1週間ずっと休校になってた大学も、1日(月)2日(火)は授業ありますが)

NHK講座の方々は、新年度も継続の方多く、新規の方のフォローもしつつ、皆さんで和やかにまた描く事を楽しんで下さっています。良い雰囲気で、教えるこちらもホッとします。

かくいう私は、休んでいる場合ではなく、7月19〜25日の大阪梅田阪急での個展準備。阪急からWEB配信してくれる事前データは昨日までに送らねばで夜中まで、画像選んだり、短い挨拶文考えたり・・・
そして、GW中は制作頑張ります。
個展前6月には、京都ギャラリーaでのBreeze展と、美術館でのGe展(これには大作を)もあり、制作は間に合うのか…とややあせりつつ、色々に楽しい行事も入っていて大忙しになりそうです。

皆さんも、季節の変わり目、どうぞ体調に気をつけてお過ごしください。
| - | 12:59 | comments(0) | - |
大切な時間をあなたに…


絵を見てくれた人が、「もう、ずっと見ていたい…」そう言ってくれたことが、そうつぶやいて、何度も会場をゆっくり見て回ってくれた人もいたことが、今回の個展でもとてもうれしかった事でした。
自分自身がずっと見ていたくなる絵を描く事が大切、遠い日に恩師に言われた言葉。私自身、自分がずっと見つめて入り込んでいたい絵をいつも描こうとしています。
そこに最近旅立った大切な人への想いを切なく重ねる方もあれば、今いる自分や大切な存在への想い、大切な時間、光、風…ブルーからさまざまに温かいものを感じてくれる方もいて・・・

この絵は、あるお店に飾って頂くために、昨年からずっと構想しながら温めてきて、やっと描きあげました。
その場所に集う方々が、そこで大切なひと時持てるように、いや、もうそういう素敵な空間になっているのでその場所への想いをこめて・・・
喜んでいただけたらいいな・・・

| - | 11:22 | comments(0) | - |
沢山の感謝と共に…秋田個展終了しました。
もう、本当に、感謝の連続でした。
生まれて初めての秋田の地、不安を抱えての個展でしたが、昨年個展依頼頂いた画廊オーナーがまず温かく秋田空港へ迎えに来て下さって、画廊についてからも、スタッフさん達も画廊の常連さんたちも、優しく温かくて、初めて来たとは思えない感じで在廊.
そして一旦帰る日に、地元の信頼を集める新聞社・秋田さきがけ新報の記者さんに熱意をもって取材頂き、私が沢山とりとめなく話した中からポイントを外さずに、青のもつ喪失と再生の力にもふれて良質な記事を書いて下さったおかげで、後半に再訪したギャラリーでは、新聞見て見たくなって…との方が次々来て下って、有り難い事でした。
私自身が実感してる事なんですが、大切な人を失った喪失感を、ブルーは本当に‥たしかに…癒してくれたり、再生する後押しをしてくれたりがあって、、、今回の個展でも、絵に会いに来て、思わず涙して下さる方が何人かあって、、、こちらも、涙。

後半に、一日風景の取材に走らせて頂き(自分でレンタカー借りて走るつもりが、土地勘ない私の為にポイント押さえて男鹿半島まで見るべき場所に案内頂いた秋田在住Kさんに心から感謝)かつてのデンマークの海と空に似た秋田の海辺の風景に、また新作制作へのイメージを沢山いただきました。

今日から大学新学期授業もスタート、大学の仕事も新作制作(次は7月の梅田阪急個展に向けて)も忙しく追われながらも、秋田で海と空を前に澄んだ空気に深呼吸し、頂いた元気で頑張れています。
| - | 23:33 | comments(0) | - |
秋田の風


1日〜4日、秋田へ。
かつてデンマークでの個展会場で、「あなたはこちらに滞在してデンマークの海を描いたのね」と言われたように(デンマークへ行ったことはなく初めてで、描きたい海風と光の風景を日本でイメージして描いていた絵たちだったのに、その風景がまさにデンマークにあったのでした)、生まれて初めての秋田で、「あ。これは秋田の男鹿半島の入道崎?」と、何人かの秋田人に言われました。
前回に上げた「風よ あの日の歌を聴かせてくれ」の絵。そして、「海からの風〜風の変わる日」も。
やはり、何だか神様によんで頂いた気がしています。
そして、秋田の人たちはとても温かく優しくて…
明日早朝にまた秋田へ。個展会場へも顔出し、風景の取材にも(私の絵にそっくりとの場所にも)行ってきます。
昨日は大学へも走り、来週スタートの新年度授業の準備もして…

*秋田さきがけ新報の若き女性記者さんに個展を取材頂いて、昨日記事が掲載されました。感謝・・・



| - | 22:34 | comments(0) | - |
風よ あの日の歌を聴かせてくれ


初めての地、秋田で、今日から個展スタートです。
先日作品発送、無事届いた連絡にホッとし、昨日はギャラリースタッフさんが展示下さって(頭が下がります)、私は4月1日早朝に発って現地へ。1日と2日在廊します。
秋田近くの方、秋田の方へ行かれる方、ぜひご高覧下さい。

西宮はハーバー前の白い桜たちも、大学近くの夙川沿い古木の立派な桜たちも美しく満開に。。
秋田はまだ少し寒いようですが、海風の吹く北の街の風景は、遠い日に北欧の海に初めて出会った時のように、またこれからの私の絵に、心に、静かに風を吹かせてくれる気がしています。

大学の新学期も12日からに迫り、秋田へ旅立つまでに、担当する授業其々の今期の日程プリントを作成したり準備もして、学生たちが充実した時間を持てるように…。来春で任期を終える大手前大学(なんと32年も教えさせて頂きました)絵を描く楽しさ、芸術が生きる力になる事を、できる限り伝えたいと思っています。(それは大学生だけでなく、NHK講座の生徒さんらにも、これからも、です)

井上よう子作品展−静かな光、記憶の風ー
3月30日(木)〜4月11日(火)11:00〜18:00水曜休み
ギャラリー杉(さん)
秋田市大町1−3−27 筺018−866−5422
www.gallerysan.com
| - | 12:06 | comments(0) | - |
想い-白い光


この作品も秋田個展へ。。

3月も早くも終盤、桜も花開いてきて、春ですね。(この絵は、雪が残る風景ですが、光は春に向かう気配を少し込めていて…)

先週木曜は大学の卒業式でした。
巣立つ学生らの晴れ着姿は晴れやかな気持ちにさせてくれて、心からの祝福と、ちょっぴりの寂しさとが混じりあった気持ちで、おめでとうを。

実は一人、昨秋交通事故で入院し、一時は集中治療室から出られるのかすら心配した学生がいて…その姿を(まだリハビリ中だからと、ゆっくり歩きながらも)見つけた時は本当に嬉しく、あぁ良かった…本当に良かった…卒業式に来れてよかったね、おめでとう!と言った私に、命の危機を乗り越えた彼女が本当にうれしそうにありがとうございますと返してくれた笑顔は輝いていて、、それが何より嬉しかった私でした。

別れ…そして旅立ちの季節。

春から、それぞれの場所で、元気で頑張ってくれることを願っています。
大学教え子、そしてNHK講座の生徒さんも、絵を(小さな絵でもどんな画材でも良いので)描き続けてほしいなと…
絵がもたらす素敵な力を信じています。
| - | 13:18 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2023 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ