YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
2020年 1月17日
阪神大震災の日から25年が経ちました。
昨日も、大学で授業をしながら、あぁこの学生たちは、まだ生まれていなかったんだなあと、25年の長さを感じると同時に、あの一瞬で家族、大切な人を失った言い尽くせない大きな哀しみは、何年たってもけして消えるものではないこと、今もそれを抱えている人たちが沢山いる事、そして、思いがけずも昨年から地域の防災委員の長となり、今、自分たちができること、を話し合い、実践する立場になった中で、色々に考えていかねばと(忘れてはいけない事思いながら)思っています。

先日13日の毎日新聞の[余録]の言葉に共感。
「・・・愛する者を亡くした時、人は哀しみのあまり、「なぜ」と問い続ける。東日本大震災や各地の災害でも、その思いに胸を締め付けられる人は多い。だが、先立った人は残された人を悲しませるだけではない。
17日で発生から25年になる阪神大震災。亡くなった神戸大生の加藤貴光さん(当時21歳)が生前、母に宛てた手紙は、息子を失った母をどれだけ支えたことか。
<私はあなたから多くの羽根をいただいてきました。人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること……><住む所は遠く離れていても、心は互いのもとにあるのです>
亡くなった人に手紙を届けたい人もいる。黄泉比良坂には地元の住民が作ったポストが置かれている。「天国(黄泉の国)への手紙」を送るためだという。
手紙をしたためれば心が癒されることもある。天国に届かなかったとしても。いや、届くと信じたい。一瞬でもいいから、もう一度だけ。
そう手紙に託す人にとって、震災の風化という言葉は永遠に無縁だ。」
| - | 21:20 | comments(0) | - |
波乱の幕開け
昨日は大学新年スタート日でしたが、思いがけずの暴風警報で休講に。
今日の私の授業は、無事、学生らと新年の挨拶もし、深い話もできて無事終了できましたが・・・
そして、恒例の「えべっさん」詣りもし、去年の笹を返して新しい笹買う事もできたので良かったのですが、今年最初の落とし物もしっかりやらかしてしまいました。
今年も、落とし物・忘れ物には気を付けないと・・・
波乱の幕開け。
それで「厄」を落としたから、後は良いことがある、と言ってくれた先輩先生の言葉に救われた事でした。

6日に搬入し、8日から神戸・ギャラリー島田で始まった「25年目の1.17」展に、「あの日を忘れないで」50s号作品が展示されています。

2点出品中の銀座・ギャラリー枝香庵のウインターフェスタは、12日まで。
1点出品中の池田市の画廊ぶらんしゅ Ge新春小品展は、19日までです。
そしてもうすぐ2点搬入する神戸・ギャラリーあじさい新春展は、1月14日から26日までです。よろしくお願いします。
| - | 00:37 | comments(0) | - |
2020年になりました
新年、あけました。
昨年は父が亡くなって1か月もたたないうちのお正月だったこと思い出しながら、、でも、今年もまた雑用に追われて、大みそかの夜中にやっとささやかに(筑前煮やおなます、エビを焼いたり)おせち料理作り。
年越しは、30日から帰って来ていた次女と迎え(きんとんは次女が作ってくれました)、元旦午前中にミートローフも焼いて、長女一家迎えに走り、息子も帰って来て、皆でまた長女のbabyに癒されたお正月、皆そろって元気で迎えられた事に感謝…
父の遺影も笑っているようでした。

去年は、沢山の悲しい別れもありました。
今年、少しでも哀しみの少ない、
皆さんに幸多い年になりますように…

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、初アトリエへ。
ギャラリー島田で8日から始まる「25年目の1.17展」のために、7日に搬入する作品準備。年末から描きだした新しいブルーの絵もまた、引き続き制作して行きます。
| - | 20:50 | comments(0) | - |
連日夜回りパトロールに。
去年からマンションの理事にあたり、その中の防災委員に割り当てられていましたが、今年はその委員長に任命されてしまい、その上、地域全体の協議会の中の防災部会でも(マンションの防災委員長として出るのですが)部長を務めねばならなくなり、そんなこんなで、個展を終え、大学授業を終えてからも、色々追われています。
日曜には役員会、Xmas25日からは毎日夜回りパトロール。前もってのポスター掲示が功を奏してか、お子さんら(親御さん同伴で)の参加もあり、皆さんで拍子木叩いて「火の用心!」と街をまわり、終了後は参加した子供達にお菓子を配って解散。子供達が可愛らしい声で「火のよ〜うじん!」と参加してくれると、何だか元気が出て、明日最後の一日も頑張らねばと。

夜はそんな夜回り、昨日昼間は、毎年恒例の「Ge新春小品展」の搬入展示作業にも行ってきました。それも含め、年明けに見て頂きたい出品展を以下にお知らせしておきます。

*現在既に始まっていて現在は年末年始休み 銀座・ギャラリー枝香庵の「ウインターフェスタ2019−2020」は、今日から冬季休廊に入り、新年1月6日からまた開催、12日までです。
ギャラリー枝香庵 東京都中央区銀座3−3−12銀座ビルディング7・8F 03−3567−8110 0号とSMの2点出品

*2020Ge新春小品展。1月5日~19日。 画廊ぶらんしゅ 池田市天神1−5−16072−761−2626  初日5日5時~7時、新年会兼ねたオープニングパーティー、どなたでもご参加ください。 10号1点出品。

*ギャラリーあじさい新春展 1月14日~26日 ギャラリーあじさい  神戸市中央区三宮町1−9−1センタープラザ東館2F 078−331−1639 4号1点と10号変形細長い1点とを出品。

よろしくお願いします。

1月末には美術館での大作展示、2月にはチャリティー展に出品など続きますが、また追って告知していきますね。


| - | 23:59 | comments(0) | - |
個展 無事終了しました。感謝…
DQoNCmlQaG9uZeOBi+OCiemAgeS/oQ==
絵と、言葉と、の展示は、
両方が私の表現だと、いっぱいいっぱいになったかもしれない。
でも、私が言葉にできずに感じていた事、心の奥に静かに響いた言葉、第三者が表現された言葉たちなら、ワンクッション置いて…で、
「でも根底に感じるものは絵と同じものが流れていて、この言葉と絵の展示いいですね…」某学芸員さんに言われて、、ホッとした事でした。

遠くからも、近くからも、本当に沢山の方々が見に来て下さって、
連日背筋を正しながら、対応に追われ、感謝の連続でした。

絵の前で涙しながら、じっと見つめてくれた方と、肩を抱き合ったり、
病気と闘いながら、あるいは体調と相談しながら、、ブルーと言葉に浸りに来てくれた人に、また、絵のもたらす素敵な力を信じられる思いがしました。
もちろん、元気な方も、何とか探して見に来てくれたかつての教え子たち、数年前の三木の美術館の個展を見て以来、個展来て下さってるという方、たまたま美術館や、他の画廊、ネット上で作品を見て惹かれて来てくれた方も、、、
これからも描き続けて行こうと、思わせて頂きました。有難うございました。
来客重なり、お話しできなかった方、すみませんでした。

水曜、搬出作業し、木曜は大学授業、今日はNHK神戸教室で教えて(今年最後で、皆さん良いお年を!と良い雰囲気に締めくくり)、明日は地域の役員会議、明後日月曜は大学今年締めくくり授業です。
休みなしで突っ走ってきてそれから片付けてると、あっという間に年が明けそうですね。あ、すぐ新春展の搬入も、、追ってまた出品の展覧会告知します。
(画像は、毎日新聞阪神版14日に載せて頂いた記事です。13日の読売新聞にも画像と記事載せて頂きました。それぞれ取材頂き感謝)

*現在昨日から既にスタートしている、銀座・ギャラリー枝香庵のウインターフェスタに、小品2点出品しています。
| - | 20:57 | comments(0) | - |
個展始まっています。連日感謝。
6日に無事搬入展示作業し、7日、個展スタートしています。
寒い中、連日沢山の方々来て頂いて感謝です。
初日は、NHK神戸教室で教えてからギャラリーへ駆けつけたら、既に4点がお嫁入り決まっていて感謝。その後も…有り難いことです。
京都、大阪から、遠く東京、名古屋、北海道からも、、、見に来て頂く方あり、本当に頭が下がります。でも、来客が重なると、中々其々の方とゆっくりとお話しすることかなわなかったりで、申し訳ない思いです。

昨日は、かつて大学院を修了してすぐに、中学校で美術の専任教員を務め、担任も持った時の教え子らが、私の噂を聞き個展も調べて見に来てくれて、30数年ぶりの再会。嬉しかったです。、

個展は18日までです。ぜひ、ブルーと、会場にちりばめられた言葉達に、浸りにいらしてください。
| - | 01:24 | comments(0) | - |
12月になりました
今日も、大学授業後にアトリエへ。個展の搬入まであと2日、今回の個展のサブテーマ…言葉がくれたもの…の、遠い日から最近にいたるまで、私の心に深く響いた「言葉」たち(それらは少なからず絵に影響を与えてきた)をセレクトして、会場に掲示するための準備作業も、遅くにアトリエから帰宅してから、PCに向かっています。
その中の言葉のひとつ

苦しい出来事があって、立ち上がることが困難な時でも、私たちはひとつの言葉と出会うだけで、もう一度生きてみようと感じられることがある。

                   「言葉の贈り物‐若松英輔‐より」

個展には来れない、今大変な状況にいる人に、この言葉を贈りたい・・・

| - | 23:51 | comments(0) | - |
冬に
明け方の雨から、今日は急に冷え込んで、冬がやってきたなと。。明日もさらに寒くなるとの事、風邪、インフルエンザ、気をつけて下さいね。

個展搬入は来週の金曜日に迫って、できた作品たちにフレームを付けたり、リストアップして行ったりしながら、ぎりぎりまでまだ描いてる絵もあります。
案内状を発送した方からメールやお便りも続々と入ってきて、「行きます!」、「楽しみです」、等の言葉にまた身の引き締まる思いで、展示のイメージ(今回ギャラリー1階の2つのスペースを使ってなので、其々の部屋の作品の配分など)を考えたりもしています。様々なブルーの世界に浸ってもらえますように…
神戸はルミナリエの季節でもあり、ギャラリー近くの北野坂でも両側にイルミネーションがきれいです。
以下、ギャラリー島田画廊通信に載せて貰った個展に向けたメッセージです。

井上よう子−言葉がくれたもの―12.7(土)〜18(水)
小学時代「アンネの日記」に衝撃を受け、中3での姉の死から大きな喪失感を抱えた高校時代は、石川啄木「一握の砂」「悲しき玩具」、高村光太郎「智恵子抄」に、失われゆく自己・存在・命への愛おしさ、激しくはない静かな言葉にこそ宿る深淵な哀しみを共感していた。描き続けて来た絵には、そんな言葉達から受けた物が少なからず影響していると思う。
近年「言葉」に寄り添う依頼が重なり、不思議な気持ちでいる。
白石一文さんの小説への挿絵、後藤正治先生の「節義のために」「言葉を旅する」の装幀画…他。今年は村上春樹展や装幀画展、図書館での展示依頼。
変わらずブルーに塗(まみ)れ、光を追いながら、言葉と共に…の展を構想しています。

| - | 00:03 | comments(0) | - |
「きたれ、バウハウス展」
火曜日、O大学授業内で西宮大谷記念美術館「きたれ、バウハウス」展へ学生達連れて行ってきました。
色や形の実験の体験コーナー(触覚版・回転混色の立体コマ・光の色の影など)もあり、学生達楽しんでいました(その場所のみ撮影可)。
カンディンスキーやクレーなど、時代を代表する芸術家たちが教師として指導、優れたデザイナーや建築家が育った、その其々の個性あふれるユニークな授業、受けて見たかった…(例えばマッチ棒による造形…ヴァリエーションと組み合わせの練習。思考の幅を広げるのに役立つ。ヨハネス・イッテンは「マッチ棒4本でさえ教材になりうる」ー造形教育の基礎ーと語ったと)
ナチスが台頭し、ヒットラーの弾圧でわずか14年で閉鎖されたにも関わらず今日までアートにもデザインにもバウハウスの影響は大きい…
色々に勉強になりました。
学生たちに丁寧にギャラリートークをして下さったO館長さん、ありがとうございました。
展覧会は12月1日までです。

| - | 21:16 | comments(0) | - |
命を考えるアート
今日は朝からNHK講座(指導中にちょっと咳が止まらなくなって生徒さんらには申し訳なかったです)の後、車飛ばして甲南大学西宮キャンパスCUBUへ。川田都樹子先生(甲南大学文学部人間学科教授)の講演「命を考えるアート」拝聴してきました。
私にとっての絵は、逝ってしまった愛しい存在を込めたものだったり、希望の光を追求し自分自身を生かしてくれて来たものだったり、まさに「命」とは切り離せないもの。
そして、表現者たちには、少なからずその命を削って創作活動を続けてる人たちが昔も今もいて、、、
川田先生自身、癌を患って「孤独死」を意識したりの中で、またアートへの見方も変わられたようでした。
後半かなり過激な現代アート作品画像(死体を使った作品等)のレクチャーに、目を伏せる受講者もおられましたが、やはり知らずにいてはいけない、それを見て考えることも大切なのでしょう。
ただ、私には、塩田千春展−魂が震えるーを東京で見て来た時に、まさに魂が震えて共感する部分と、ここまでするのは見る側が苦しいと思う部分とがあったように、どこまでを芸術として許容できるかは、かなり判断が難しい…
アートへの関わり方は、人それぞれ、その人に合った形で、良いと。学生達にもそう言っています。かつて恩師・三尾公三先生が、「自分自身がずっと見ていたいと思う作品を作りなさい」と言われたように。

−つまるところ「表現」とは「生きること」です−
        2019.12月号ギャラリー島田画廊通信・島田誠さんの言葉より
| - | 21:49 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ