YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
秋になりました
まだ先週の個展中は、ギャラリースタッフがテラスで熱中症になりかけるほどの猛暑が続いていたのに、今週は急速に秋の風を感じるようになりました。
朝夕はひんやり、夜ベランダに出ると虫の声が聞こえてきて、色々な事に翻弄されながらの今年も、季節は確実にうつっていくのだな…と。

世の中は4連休ですね。少し以前の混雑が戻って来てる街を横目に、今日もアトリエに走り、12月の個展に向け、制作していました。

昨日はNHK講座へ。年に一度10月の展覧会が迫り、出品される方は出品に向けて気合が入り、出品されない方もそれぞれに確実にステップアップを感じる制作を重ねてらして、、、一人一人の方の作品に精一杯向き合いました。

一昨日は、出品依頼受けてた下記の展覧会へ、何とか完成した8号2点を搬入。
「たしかに そこに」と、「ただ あなたは そこにいた」。
近くへ行かれることあれば覗いてみて下さい。
井上廣子さん、河合美和さん、中辻悦子さん、三通治子さんなど活躍する女性作家50名が出品です。

「21世紀女性アーティスト展 vol.9 」
2020.9.22tue-10.9fry 13:00~18:00 土・日・月曜休み
MI gallery 大阪市北区西天満1−2−23
www.migallery-jp.com
| - | 22:30 | comments(0) | - |
個展無事終了…沢山の出逢いに感謝
一昨日、個展無事終了、嫁入りが決まった作品たちは残して作品梱包し、片づけて、会期中こまやかに心遣いして下さったオーナーにお礼を言って、ホテルへ帰るとさすがにバタン。ベッドに沈没でした。。

こんな状況下だったので、今回は来客は少ないだろう、静かに自分自身絵に向き合う時間になるかなと思っていました。でもこんな中でわざわざ来て下さる方の為に、会場にはできる限り詰めていようと。
その予想は見事にありがたくも裏切られ、連日次々と見に来て頂き、(換気と消毒もスタッフがこまめにして下さって、密にならない程度に来客続く良い感じで)久しぶりの再会も、初めての出逢いも、色々に…途切れる事なくずっとお話ししたりで、持参していた本も、スケッチブックも開くことなくでした。

静かな海の光の絵に、フリードリッヒの絵を想って下さる方があったり、ワイエスの絵やソールライターの写真の話に色々と繋がっていく方があって驚いたり…2年前の個展から次の個展楽しみにしてたと言って来て下さる方、初日からあと会期中に何回もまた来て下さる方も何人か…
最終日には父がお世話になった方も大変な状況下で来廊に頭下がり、ノンフィクション作家・後藤正治先生も東京でのお仕事前に来て下さって、また次の新作エッセイ集の装幀画に私の絵をと…(これまで2冊の著作にも使って頂いています)光栄で嬉しい個展締めくくりとなりました。
本当にありがとうございました。
絵を見て頂いた方や絵が嫁入りするお宅に、その青と、光が、ほんの少しでも、細やかにでも、心に静かに力になってくれることを祈っています。

昨日は、朝から東京都現代美術館の「オラファー・エリアソン―ときに川は橋となる」展、「おさなごころを、きみに」展と常設展、午後何とか2020横浜トリエンナーレ‐光の破片を捕まえる−どれも見れてよかった…刺激を貰って、夜帰宅、今日は洗濯後アトリエ走り、また次の制作にかかっていました。
| - | 00:48 | comments(0) | - |
台風被害大丈夫ですか?心配しつつ、個展後半へ(神戸新聞に掲載されました)

地域の理事として2年任期最終の委員会を仕切るために、土曜夜にいったん帰宅。また後半3日間は、東京銀座の会場で詰めます。
お出かけしにくい状況ながら、前半は、次々と来廊いただき、色々に出会いや再会、絵のブルーに浸って頂き、嬉しいことでした。
昨日今日は、台風接近で、少し前に大雨で心配した九州がまた心配で、連絡を取ったりしていました。皆さん大丈夫でしたでしょうか・・・

画像は、携帯画像で見難いですが、初日に丁寧に取材下さった神戸新聞記者Nさんの記事が土曜の神戸新聞に載ったものです。沢山ゆっくりお話しした中で、的確にまとめて書いて下さっていて感謝でした。
偶然DMを見て、や、ネットで見て、など、絵のブルーに惹かれて来て下さる方も多く、中で、長女の小学校時代の級友が、昔お母さんに連れられて私の個展を見た記憶から訪ねてきてくれて、話すうちに記憶がつながって・・・
彼女のお母さんは、癌になって、本当にあっけなく逝ってしまい(それは私も自分の母と重なりショックな事でよく覚えていました)、おばあちゃん宅に引き取られ、そのお婆ちゃんお爺ちゃんも看取って今は一人で千葉に。
コロナ渦でなければ、ぎゅっと抱きしめてあげたくなりながら、よく頑張って来たね…と。
長い事絵を見つめ、何回も画廊の中を巡って、私とも話して、また見に来ます!といい笑顔で帰る彼女を見送りながら、きっと神様は見てるよ、苦労した分これからきっといいことがあると信じてると。。
| - | 10:07 | comments(0) | - |
明日から東京へ
昨日土曜はNHK神戸教室へ。
個展迫り、作品に添えるメッセージボードを作ったり、ぎりぎりまでバタバタする中、どんなに忙しくても、楽しみにして下さってる生徒さんらの事思うと休むわけにはいきません。
休んでられたNさん、Oさんが久しぶりに来られて、お元気そうな様子にホットしながら指導。Iさんも、10月からまた復帰したいと覗きにこられて嬉しかった事でした。
10月の、年に一度の教室展に向けて、幹事役のTさんも頑張って下さってて頭が下がり、、、(やはり今年は出品自粛する生徒さんも…仕方ないこと)密にならない形で、1年間頑張られた作品たちを静かに見て頂く展、無事開催できる事祈りつつ、できる限りのサポートしなければと。

教室後は、明石の亡き父・亡き叔母の空き家が、台風シーズン迎えてご近所迷惑にならないか、ざっとながら確認に走り・・・(同行してくれた娘・息子に感謝)
そして今日は来週日曜の防災委員会議事案作成(地域の防災委員長も、これが最終で、2年の任期を終えます)、明日、東京へ旅立ちます。
こんな状況下での個展ですが、東京で楽しみにして下さってる方々から連絡が入ったり、少しでも、絵に癒されて頂けたら…
明日は展示作業を頑張ります。
展覧会は明後日9月1日から10日まで。私は6日の委員会にいったん帰るため、6日7日は不在となりますが、それ以外の日は、できるだけ画廊に行っております。(お出かけは無理のないように…、オンライン公開もして下さいます)
| - | 00:09 | comments(0) | - |
個展が近づいてきました

個展近づいてきました。(画像は案内状の第2案で、実際のDMの絵は右の1枚に)
コロナも暑さも気を付けねばならない毎日が続き、お誘いするのは恐縮ですが、静かに青と光の世界を伝えられたらと願っています。。以下、案内状の文面と情報です。画廊にお出かけが無理な方に、展覧会始まるとオンラインでも作品公開して下さるとの事です。

井上よう子展−静かなる青、そして光
「絵に向かい、ひたすら筆を重ねるひと時は祈りに似て…
一番沢山使う色青は喪失と再生の色。
気を許せない状況が続き沢山の人の心が疲れていく中で、こんな時こそ絵がもたらす力を信じ、彼方にきっと光はあるとの思い込めた作品達、ご高覧頂けたら幸いです。」

2020.9.1(火)〜10(木)11:30〜19:00(日曜日、最終日は17:00まで)
枝香庵 Flat
〒104-0061 東京都中央区銀座3−3−2銀座ビルディング7F
(ビル左横の通路を入り、エレベーターで7階へお越しください)
Tel.03-3567-8110  https://echo-ann.jp
| - | 10:06 | comments(0) | - |
ギャラリー島田オンラインストア公開されました!

ギャラリー島田のオンラインストア vol.1ギャラリー島田セレクションが昨夜公開されました。
 石井一男さん・上村亮太さん・須飼秀和さんと井上よう子の4人の、作品世界を凝縮した小さな新作たち、私は海が見える窓辺の「オリーブとマーガレット」(画像作品)や「窓をあけて」「海とブルーと白い花」など8点を託しました。
緊急事態宣言中はギャラリーも閉じられ、これからの画廊の在り方についてディスカッションを重ねた島田さんとスタッフ達が、模索しつつ立ち上げ頑張られて…30年来お世話になって来た私は、少しでも画廊に恩返しができたらの思いで、個展準備も迫る中、依頼受けて快諾、小さな作品たちを思いを込めて描きました。今の状況では画廊へ行けない方や遠方の方々も、自宅から作品見て頂けるのは、画家にとっても嬉しい事。ぜひ覗いてみて下さい。
ギャラリー島田で検索して頂いて、ホームページからや、
https://gallery-shimada.stores.jp/ へアクセスしてください。

(そして早速、お買い上げいただきました!のスタッフからのうれしい報告。感謝です)
| - | 23:36 | comments(0) | - |
小さな絵

毎日暑い日が続きます。
コロナに気を付けながらも、熱中症も怖いですから、どうぞ暑さ対策も気を付けて…水分補給もしっかりとなさってくださいね。。

色々な雑用に追われて、大学授業は休みになってもやはりアトリエに行くのが夕方になったりですが、短時間でも絵に向かい、また小さな絵も描けると、心は落ち着きます。
銀座・ギャラリー枝香庵さんでの個展に送る絵の梱包進めつつ、神戸・ギャラリー島田さんのオンラインミュージアムに持参した作品の画像ももうすぐアップ下さるようで、画像確認などメールやり取りもして・・・
本当は実物を見て頂きたいけれど、やはりこの状況で画廊に出向くのは難しい方々や遠方の方は、オンラインで作品を楽しんで頂けたら…
もうすぐ公開されたら、またお知らせしますね。


| - | 23:38 | comments(0) | - |
8月になりました
今年は、籠っていた時期があったせいか、ひときわ1年の流れが早く感じます。
感染者が出ない事を祈り、検温・マスク着用・消毒を徹底しながらの、大手前大学春学期が、今週月・火・木曜の授業で無事終わりました。(大阪歯科大の授業は来週水曜にあと1回)
今日土曜は、NHK講座、やはりコロナ感染予防に気を配りながら、モデルさんを描いて貰い…とにかく無事に生徒さんらが元気でいてくれることが一番。年に一度の10月の教室展も、不安はありますが、とにかく前を向いて頑張って貰えたら…祈る思いで開催予定です。
NHK講座もオンライン化も考えたりされてるようで、講師へのアンケートを渡されましたが、大学で一時オンラインで授業した時にも、実技指導はやはり対面だなと痛感した私。もしオンラインでになっても、何回かに1度は、対面での指導ができるといいなと、、、そんな提案をしました。

9月1日~10日の銀座ギャラリー枝香庵での個展も、日々増え続ける感染者数に、5日に予定していたイベントー芸大バスケ後輩でトヨタデザイン部長を経て現在トヨタ博物館館長であり、永年仕事の傍ら音楽活動続けて来た布垣氏が、私の絵の中で絵とリンクする曲や、画廊主リクエストのユーミンの曲含め演奏してくれる予定でしたーは、残念ながら中止することに。(2年前の個展時から打ち合わせもして温めてきていて、少し告知もしていたので、楽しみにして下さってた方ごめんなさい。相談し苦渋の決断でした)でも、何とか展覧会開催はするべく頑張って下さってるギャラリーオーナーに感謝しながら、とにかく今この時こそ見て頂けたら…の静かな青とそして光の作品たち、毎日感染予防に気を使い疲れている心に、再生の色ブルーがささやかに力になるのではと、そんな祈りを込めて制作ラストスパート頑張りたいと思います。
| - | 01:01 | comments(0) | - |
でも、やはり、生きてほしい
人によって状況はそれぞれ違うし、私には、私が経験してきたことから語る事しかできません。
そして、心理臨床の現場にいる医師たちから、人が自死した後にその状況などを繰り返し報道したり語られる事は、今悩み苦しみの中にある人達に悪い影響を与えるからやめてほしいと発信もされている・・・けれど、
遠い日に姉を自殺で亡くした者として、もしあの時、こうしていれば彼女は亡くなる事はなかったのでは…との思いは、何年たっても何十年たってもあり(それは父も母も、身近にいた祖父母も)、今回の俳優Mさんの死にも、身内や友人や沢山の方がこれからずっとその思いを抱える事になるだろうと思うと胸が痛み、そして、本当に辛かったのだろうご本人も、そのひと時に、別の事件が身内に起ったり、自然災害に巻き込まれたり、何かのタイミングでそれをやり過ごすことができたなら、また別の道が開けたかもしれない…と思ってしまうのです。
姉の葬儀の時、大叔母が(それは悲しみに暮れる母や私たちを慰めるためにの言葉であったのでしょうが)、「里美ちゃんはこれがきっと寿命だったのよ、純粋過ぎるから、この先のいやな世界を生きなくてすんで、神様が早く呼ばれて良かったのよきっと」との言葉は、中3・15歳で多感な時期の私には、いやお姉ちゃんはもっと生きれたはず、助けられたはず、本人も助けてほしかったはずだと思ったのを思い出します。

今、コロナ禍の中で、本当に生きづらく思う人が多くなってると思うし、コロナに関係なくとも安楽死の事件、障害抱える方も、先が見えないとほんとに辛い、でも、やはり生きてほしい、何とかこのひと時ひと時を乗り切って、乗り切るというより静かにやり過ごす事ができたら・・・何らかの道は開ける、そう信じます。
どうぞ、自分を大切に、ずぼらしても、嫌なことからは逃げてでも、生きてほしいと思います。障害がある人には、もっともっと生きやすい社会に皆でしていかねば…
| - | 22:58 | comments(0) | - |
青に 翔ぶ

大雨の被害、コロナとの共存、色々な心配が続きます。皆さん、どうぞ引き続き気を付けて下さいね。大変な状況下にある方は、少しでも良い状況になるようにと祈りながら・・・
月曜火曜は大手前大学へ。土砂降り大雨に傘をさしてもびしゃびしゃになって教室へ入って来た学生らに、乾かすようドライヤー手渡したり…でも、元気で出席の面々にホッとして。
今日は大阪歯科大学、造形美術概論の授業へ。やはり元気で頑張ってくれて良かった…
帰途、渋滞で2時間近くかかってしまったけど、少しだけでもとアトリエに寄り、絵に向かいました。画像の、「 青に 翔ぶ 」

昨日は少し前に画像アップした4号作品「Fly to the light in the Blue」を、大学の帰りにギャラリー島田に搬入してきました。

ギャラリー島田2020年特別企画展
「未来圏から!」
7月18日(土)~8月19日(水)11:00〜18:00 最終日は16:00まで 金曜休み
7月25日からオンラインミュージアムとしてもアップされます。
http://gallery-shimada.com

86名の作家さんが出品、ギャラリーの存続をかけた展覧会との事、こんな時こそ絵がもたらす素敵な力を信じたい。沢山の方に見て貰えますように・・・

(9月の銀座の個展、12月の神戸の個展も、社会情勢を見ながらではありますが、予定通り開催と言って頂いています。…画像作品は個展に。毎日祈るように、制作重ねています。)


| - | 00:01 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ