YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
沢山の感謝を胸に、次へ・・・
19日日曜に個展無事盛況にて終了し、今日、搬出作業でした。
旅立つ作品たちの発送手配なども終えて頂いて、いつものことながら、真っ白に戻ったギャラリーの壁見つめ一抹の寂しさ覚えながら大きな作品とともにアトリエに戻りました。

4週間の長い会期、片道2時間かけてのギャラリー通いと父の病院通い,仕事もあり、身体の疲労感はピークながらも、頂いた沢山の出会いとエールに、心はとても温かく、また次へ〈7月の神戸個展も楽しみにしてますと言って頂いて)頑張らねばと、アトリエで次の作品の下塗りも始めました。

倉敷の大原美術館長T氏、京都市美術館長S氏、西宮大谷美術館長O氏、BBプラザ美術館顧問S氏、美術評論家Oさん、Mさん、など美術関係者の方々お忙しい中見に来て頂いたのも有り難く、もちろん新聞を見て、や、いつも私の個展楽しみにして来て下さる方々もまたとてもありがたく、嬉しく…感謝の連続の4週間でした。
最後の1週間は、モーネ工房の展と梯子して見に来てくれる方も多く、そして最後の4日間は、京都高島屋グランドホールでのチャリティー展も見てきたと、京都で3か所私の絵を巡って下さったりも、とても嬉しかったことでした。

本当にありがとうございました。
ああ、こういう方々のおかげでまた私は頑張れる…絵のもたらす素敵な力、あらためて感じています。
そして、私のいるときも不在の時も、細やかに心配りしてくれたギャラリースタッフさんにも、心から感謝です。
| - | 00:27 | comments(0) | - |
毎日新聞夕刊に掲載頂きました。

個展始まってすぐに丁寧に取材下さり記事を書いてくれた美術記者・岸桂子さんは、陳舜臣さんのエッセー連載の挿絵を描いた時の担当者でもありました。東京・神戸の個展も、ずっと見てきて頂いての文章…亡き恩師にも触れ…が有り難く、感謝です。画像では内容読めなさそうなので下記に。

青の風に吹かれて
  井上よう子新作個展

青を主題にした絵画を描き続けている井上よう子が、京都市中京区のギャラリーなかむらで新作個展を開催中だ。約20点を発表している。
最新作は、6枚組みのパネルで構成した「風に吹かれて…光見つめて…」。どこまでも水平線が広がる海と、広大な空をアクリル絵の具で描いた。「頭の中にある想像の海です」と話す。パネルを配置する「間」をつくったことで窓から海を眺めるような効果があるだけでなく、奥行きができた。ギャラリーの空間と向き合っているうちに構成を思いついたという。
「静かなる光」は旅先のデンマークで目にした光景をもとにした作品。真冬の冷気を帯びた光を、絵筆の筆触を意識的に残すことで表現した。細密だがテクニックに拘泥しない、絵画ならではの力を感じさせる。
 1958年生まれ。神戸や東京で定期的に個展を開き、近年は小説家の挿絵の仕事も多い。同ギャラリーでは5年ぶり3度目。京都市立芸大時代の恩師である画家、三尾公三も発表していた場とあって、格別の思いがあるという。「背中の後ろから見ておられるような気がします」
 青の色遣いも多彩になってきた。「ブルーはまだまだ挑戦しがいのある色。時間がかかる描き方ですが、絵筆を握っていると心が落ち着きます」と話す。
 19日まで。ギャラリーなかむら(075・231・6632)


| - | 11:12 | comments(0) | - |
個展4週目最終週に
今日から個展4週目、いよいよ最終週となりました。
先週は、高校同級生でタレントとして活躍する嘉門達夫くんも、忙しい中見に来てくれたり、同じく東京から、先輩や後輩、仕事とひっかけてはるばるの来廊に感謝の連続。
モーネ工房の展からこちらへ、逆にこちらギャラリーなかむらからモーネ工房へ流れてくれる人も多く、なんだか一緒に展をしてる感が、嬉しかったり・・

そして今週明後日から京都高島屋グランドホールでの下記チャリティー展にも1点出品しています。絵が役に立てたらの思いで…

≪芸術家と文化人の作品展≫ニッコーを支えるチャリティー・オークション
2月16日(木)〜19日(日)am10:00〜pm8:00(最終日はpm5:00まで、入場はいずれの日も30分前まで)
京都高島屋グランドホール(7階)入場無料

売り上げはインドやケニアへの支援、熊本地震被災地支援にあてられます。

| - | 00:14 | comments(0) | - |
井上由季子さんの本「大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました」出版記念展に…

大切な人への、ありがとうの想いを込めて、個展がスタートしてからも描いていた絵、
「Thank you …for you 」
今日やっと完成し、モーネ工房へ送りました。
個展の最終週と重なっての展。京都はまた雪になるかもですが、ギャラリーなかむらとモーネ工房と、はしごして見て頂けたら嬉しいです。
15歳からもう40年来の親友・由季子さんの本は、なるほど!と思ったり、じんと涙したり、くすっと笑ったり・・きっと沢山の人の心に温かい贈りもの届けてくれると思います。

「大切な人が病気になったとき、なにができるか考えてみました」
井上由季子・著 出版記念展
2.12(日)〜19(日)12:00〜17:00期間中休みなし
ギャラリー モーネンスコンビス
京都市上京区堀川通丸太町下る下堀川長154−1
TEL 075−821−3477

| - | 02:09 | comments(0) | - |
ありがとうございました。
個展始まって早2週目も後半に。
画廊に詰めた日は京都から2時間かかって帰ってからも、色々にありがたくもメールや電話対応に追われたり、大学授業日は最終合評に終日追われたり、父の病院へ行ったりで、ブログを書くこともままならずに1週間以上が過ぎてしまいました。
今日も、はるばる九州から見に来て下さったり、先日来られたのに私が不在日でまたわざわざ神戸から来て下さったり、、ブログを見て下さってて来て下さった初対面の方も有り難く、神戸新聞「随想」最終回に書いた個展の事をメモして握りしめて来て下さった方、ギャラリーからの案内状の画像に惹かれて来たけどほんとにいい、澄んだ空気が伝わってくるようだ、とじっくりと長く見つめてはいい絵だなあと言って下さった日本画の先生、ありがとうございました。また沢山の力を頂いた思いです。

そんな中、昨日は悲しい報せ。亡き恩師・三尾公三先生の朋友でいらした木村重信先生の訃報。京都芸大教授・阪大教授・国立国際美術館長・兵庫県立美術館長歴任され、日本の美術界の大きな存在であり、私はGe展に出してくれないかと10年前に推薦して下さったり、お世話になりました。
毎年1月5日のGe新春展オープニングには乾杯の音頭を取られるのが、年末には行くと言われてたらしいのに…来られなくて皆で少し心配してたのですが、私のギャラリーなかむら個展にも腰が痛んでいて行けない、申し訳ないとの丁寧なお手紙が届き、いつもの筆跡、腰痛などならまたお会いできる、と思っていました。。。
三尾先生のお葬式には、葬儀委員長なのに遅れて来られたのが、悲しみのあまりちょっと酔ってふらついてのご挨拶、胸に迫るものがあったのを思い出し、今頃向こうで再会をされてるのかな・・・と。
木村先生、ありがとうございました。
| - | 23:57 | comments(0) | - |
雪の舞う京都で 心は温かく・・・
個展初日。
無事スタートできたことを感謝しながら、雪の舞う京都でギャラリーなかむらへ11時過ぎ到着したら、もうすでに来ていてくれた人。それからも、「ずっと楽しみに待っていました」と、見に来てくれた人。はるばる遠い京都へ「ああ来れてよかった」と本当にうれしそうにじっと長く絵を見て回って下さった方、病院の父がお世話になっていて、父に見せるための会場写真を撮って帰って下さった方、会社で予定されていた東京での今日の会議を昨日に変更して京都に帰ってきてまで初日に見に来て下さった方、偉大なお仕事なされてこられながらも小さな私にいつもエール下さる温かな存在のご夫妻、尊敬する先輩、先生、そして40年来の親友姉妹・・・
本当に感謝の連続の一日でした。
(帰りに電車からバスの乗り継ぎに走ってたら後ろから走ってきて息切らせながら「落とされましたよ」と笑顔で手袋渡してくれた青年にも!)

明日は、KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)での開会式(神戸開港150年記念事業の企画展示「神戸 みなと 時空」陳舜臣先生のコーナーに、挿絵原画を貸し出しているので)に10時から出席、そして絵の制作もして父の病院へで、ギャラリーへは行けませんが、また木曜・日曜には参ります。
| - | 00:54 | comments(0) | - |
デンマークの雪原「静かなる光」も縦長の夜景3 作品も収まるべき所に




| - | 00:09 | comments(0) | - |
搬入「風に吹かれて…光見つめて…」

ギャラリーに高さ2.2mの大きな窓、無事設置頂きました。
小さなアトリエでは、6枚全部を掛けて制作はできず、3枚横に何とか並べたり、上下2枚を並べてみたりしながら描いてきたので、ギャラリーでやっと窓になりました。
じんときて・・その前で暫したたずんでいました。
みずから脚立に上りおりして設置下さったオーナー中村さんに感謝。

毎日父の病院へ通う前に、祈る思いで一筆一筆描きこんでいった海の波、木の小枝たち。
ずっと見つめ続けてきた静かな光、そして風。
24日からの個展で、感じていただけたらいいなと。

| - | 22:10 | comments(0) | - |
記憶と海
今日は寒くなりました。センター試験受験生はたいへんだなと思いながら、冷たい風に波立つ光る海を眺めています。
神戸新聞随想、1回目の「記憶と海」。こちらにもお伝えしたつもりでいたら書いていなかったんですね。以下に・・・

「8月29日〜9月5日、東京銀座のギャラリーで「井上よう子展ー記憶に漂う」を開催させて頂きました。新作発表と、昨年末までに本誌夕刊に連載された白石一文氏の小説「記憶の渚にて」に伴走した挿絵原画の後半分180枚も展示するものでした。(前半は3月に神戸のギャラリー島田で展示)
 「記憶」…誰もが毎日意識せずして向き合うもの、忘れ物に困ったり、ふとした事、音、匂いなどですっかり忘れていた事が蘇ってきたり、モノクロの思い出に色が差したり。
かつて私が芸大で画家を目指すべく描きだした絵は、迷い迷いながらいつか一つの方向「大切な存在のはかなさ、切なさ、温かさ」へ向かいます。それは17歳で自死した姉の影響が大きかったのですが。その存在の気配を留めようとした1983年作「逝ってしまってわからない」、90年作「遠い喧噪」、93〜94年作「時の封印」シリーズ、夢の記憶を手繰り寄せた「Long Dreaminess~長い夢」等、思えば「記憶」というテーマは永年根底にあり、その背景にいつも海があったのです。
 白石一文さんが記憶を海のようなものと例えられていて鳥肌が立ったのですが、前回の横浜トリエンナーレタイトルも「華氏451の芸術…世界の中心には忘却の海がある」でした。私の記憶の海は小学生時代毎日眺めた神戸・東灘の海、毎夏滞在した九州祖父母宅近く博多の海、展覧会等で4回行った北欧デンマークの海、そして悲しいほど輝いていた震災3年後の東北の海。温かい記憶、悲しい記憶…でも、記憶は過去のものではなく、明日への扉を開け背中を押してくれるものでもある…そんな気がしています。
2016.9.14  神戸新聞掲載 」
| - | 13:50 | comments(0) | - |
京都ギャラリーなかむらでの個展

井上よう子展
1月24日(火)〜2月19日(日) 11:00〜19:00 月曜休廊
ギャラリーなかむら
京都市中京区姉小路通河原町東入恵比須町424番地ABSビル2F
Tel075−231−6632

ずっと見つめ続けてきた光・風。
大切な存在の、切なさ・はかなさ・温かさ
感じていただける空間になればと今日もラストスパートの制作しています。

ギャラリーにしつらえた大きな窓の思いの作品(パネル6枚組、全体で216×240僉法嵒に吹かれて…、光 見つめて…」
120号作品「静かなる光」
それら大作に、そして記憶の断片のような作品たちにも、ご自身の中に吹く風、光、感じていただけたら幸いです。

案内状の作品は、左から
「風の記憶」  36.4×51.5
「雨に暮れて…瞳の先に…」  42.0×29.7
「北欧の海…風に吹かれて」  36.4×51.5






| - | 22:37 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ