YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
海への小道


遠い日の記憶をたどるような、緑の光の中、海へと向かう…なにか懐かしい感覚を描き出してみたくて描いた絵。これも個展に出します。
作品のタイトルはなくていいと言われる作家さんもおられるけど、私はやはりタイトルはとても重要で、タイトルの言葉がまず浮かんで絵ができる時もあれば、絵ができてから随分悩んでつける時も…。この絵のタイトルも、単純なようですがいくつか迷った上でこれになりました。色々な思いが言葉の中にこもっています。
個展前に出品作品リストをギャラリーへ送るのですが、そのタイトルのリストを見て、今回も素敵な展になりそうですね、タイトル見ていくだけでワクワクしますと、スタッフが嬉しいこと言ってくれた時もありました。

個展まで5日となりました。
この1週間で益々心配な状況が日々報道され、こんな中でご案内するのも悩ましいのですが、でも一方で、こんな状況だからこそ、疲弊してゆく心に、絵がもたらす力があるとの思いもあり、粛々と準備を進めています。
どうぞ、ご無理のないようにで、ひととき絵の世界に、光やブルーの世界に、浸って頂けたらと思います。

井上よう子展−光へ…翔ぶ―
12月5日(土)〜20日(日)11:00〜18:00 最終日は16:00まで。水曜休み
ギャラリー島田 B1F 
http://www.gallery-shimada.com


* 初日5日は、神戸のギタリスト・熊谷朋久さんのギャラリーコンサートがPM3時〜4時にあります。2年前に美術館の収蔵作品の中から私の絵を選んで素敵に曲を作り演奏下さった熊谷さん。今回も、メインの大作「光へ…翔ぶ」のイメージから演奏下さいます。今回は感染予防の為、人数を絞ってになりますが、参加希望の方はギャラリーへご予約下さい。予約2000円、当日2500円です。
* 当日、その演奏時間PM3〜4時は、コンサート参加の方のみの入場となりますのでご注意ください。コンサートが終わればまたご入場ご観覧頂けます。
| - | 23:35 | comments(0) | - |
青い刻(とき)-穏やかな光

今年の初めだったか、私が、海と空と、そこに翔ぶ鳥を描いていると言った事から、毎朝海辺を散歩する親友が、カモメが舞い翔ぶ姿をカメラで追って、何枚も画像を送って来てくれるようになりました。本当に感謝・・・
その画像を自分のイメージの世界に引き込んで、(我が家から見える海のイメージも重ねて、そしてかつて見たデンマークの海も)9月の個展に出した「青に翔ぶ」や、「青の中でただそこに 」の作品が生まれました。
そしてもうすぐ12月の個展に出すこの「青い刻(とき)−穏やかな光」も。
先月私の誕生日に送ってくれた画像からのイメージ…やっと完成して額装。
今、色々な不安な状況が、何だかさらに増してきて、
そんな中で、ざわざわしてしまう心に、せめて少しでも、穏やかな光を感じてくれたらいいなと、祈りながら・・・描いていました。、

| - | 01:30 | comments(0) | - |
冬に

朝晩冷え込むようになり、冬の訪れを感じます。
9月の個展は、まだ残暑厳しい中、涼やかなブルーの絵画空間に涼んでくださいなど言っていましたが、12月の個展には、寒い季節ならではの雪の風景も出品します。暖かい室内空間から見る静かな雪の風景…
7年前、人間不信に陥るほどの色々なことがあり、毎日吐き続けて体重も減って…(でももちろん仕事は休めず、父や息子の世話もあり)、そんな私を見かねてデンマークのYUKOが、春休みにおいでよ、こちらはwelcomeやで!と言ってくれ、思い切って息子も連れてデンマークへ飛んだ数日がありました。
それまで展覧会のために訪れたデンマークは夏ばかりでした。
春3月のデンマークは、まだまだ雪の厳しい寒さの中で、マイナス10度になったり…でもそのキーンと凍えるほどの冷たさ、凛とした空気の中で背筋を正される思いで…静かに美しい情景とともに、折れかかっていた心を立て直してくれました。
その時に見た雪の風景を、感謝の思いで(ちょっぴり胸がきりりとしながら)描いています。

| - | 21:57 | comments(0) | - |
11月になりました。毎日描いています。

個展迫ってきました。毎日アトリエへ、休みはありません。
大学授業がある月・火・木曜、NHK講座のある土曜は、終わってから行って、それ以外の日は家事雑用やPC仕事済ませたらすぐに行って、絵に向かいます。でも、どんなに忙しくても、絵に向かう時間は、心が鎮まります。

一昨年の今頃は、まだ父の病院へ毎日行っていたから、大学仕事後にアトリエに走っても、1時間ほどでまた慌ただしく夕食介助に車を飛ばして病院へでした。
病院から見える黄昏の空と海は哀しくなるほど美しくて…弱りゆく父の介助の合間に、毎日見つめていたそんな風景を、思い出しながら描いたこの絵も個展に。
一昨年の12月に亡くなった父、昨年一周忌も個展前でした。今月三回忌には、亡き母の33回忌も一緒に。天国の両親に見ていてね、と祈りを捧げて、12月の個展を頑張りたいと思います。
| - | 23:04 | comments(0) | - |
10月の終わり
日々が、季節が、あっという間に過ぎて行きます。今年ももうあと2か月ちょっと。神戸の個展まで1か月あまりとなりました。
でも、コロナは落ち着くどころか…フランスなど第2波が襲ってる国々もあり、日本もじわっとまた増えてきてることが気になります。
マスクと消毒は習慣づいて…大学でも実技授業は、間隔あけ気をつけながら対面授業。このまま対面でできるように、気をつけていこうねと、学生らに声かけながら。
NHK文化センター神戸教室での私の「大好きな絵を描こう」講座でも、間隔あくよう長机に一人ずつにして頂き(コロナ以前は長机に2人ずつ座られるのもOKだったのですが)定員を減らしていて、今現在満員という事で新規申し込みはできない状態。お電話したけどキャンセル待ちと言われたとの方々、申し訳ないですがご容赦下さい。

気持ちが沈みがちになったり、色々に気をつける毎日に知らず知らず心身が疲れていってる人も多いはず。
私にできることは、静かな光を描く事,…目の前にある哀しみの彼方にも光を感じてもらえたら…。
そして絵を描く喜び、創作で得られる心の穏やかな温もりを伝える事。絵を創作する世界に浸って、暫し、ひと時でも心を癒してもらえたらと。
やはり今日も、祈る思いで絵に向かっていました。
| - | 23:15 | comments(0) | - |
高橋源一郎さんの言葉の光
毎日新聞に「人生相談」というコーナーがあって、何人かの著名人が交代で、読者からの人生相談に応えてられるのですが、その中で、高橋源一郎さんが書かれる時の言葉には、いつも深く頷いてしまうのです。
昨日18日日曜のそれは、3年前に21歳の息子さんが自死された事から立ち直れずにいる52歳女性の相談に応えてのものでした。

『わたしの周りでも、何人もの、近しい人たちが、自ら死を選んできました。
そのたびに、考えたのです。いったいなぜ、彼らは死を選ばなけらばならなかったのか。
答えはないのだと思いました。
きっかけはあったかもしれない。でも、確固とした理由は、彼らにもわからなかったような気がします。
「死」が、暗く冷たいなにかが、「闇」が彼らを抱きしめた。「闇」に抱きしめられることを無上の安らぎと感じるほどに、彼らは、疲れ、傷ついていたのかもしれません。
 そう思うようになって、決めたことがあります。現実の前で、私は無力だった。「闇」から、彼らを引き戻す事ができなかった。だから、せめて、少しでもいいから、「生」に、「光」の方に振り向いてもらえるような「ことば」の作り手になりたいと。

 ・・・中略・・・

あなたの記憶の「光」の中で、生き続けさせてください。あなた自身もまた、「光」の中で。』

私も、遠い日に自死した姉への思い、そしてそういう自死した人への贖罪の思いを背負う人達、大切な人を突然失った人への思いが、絵に、光を描き出す事につながっている…光に(闇でなく、「生」に)向かってほしい…
やはり、そういうことなのですね。

| - | 23:26 | comments(0) | - |
光に向かう

昨日は朝からNHK文化センター≪大好きな絵を描こう≫講座の生徒さんらの展覧会搬入・展示作業に、神戸元町・みなせ画廊へ。お昼前展示終了後は急いで大学へ車飛ばして、午後は絵画の授業を夕方まで。それからアトリエへも走り、12月の個展への制作を9時まで…ハードな一日でしたが、生徒さんらの展覧会には、アクリル・水彩・パステル・色鉛筆…画材も色々に個性あふれる力作が並びました。病気を抱える方も元気な方も其々に、絵がもたらす素敵な力を享受し体現されています。元町商店街へ行かれる事あれば、ぜひ覗いてください。(講師の私も20号1点賛助出品しています)

「彩洋会」第9回作品展
10月8日(木)〜13日(火)10:00〜18:00(最終日は16時まで)
みなせ画廊 神戸市中央区元町通5−8−1 (JR・阪神・元町駅からもJR神戸駅からも徒歩8分の元町商店街5丁目)

そして私は、今日は台風の影響で雨風が強い中、大阪での友人の個展3件を駆け足で巡ってから、アトリエへ。やはり9時前まで制作。
12月の個展はギャラリー島田の地下会場で、大きな壁面に30号5枚組作品(設置すると横3.5m、高さ2mくらいに)を計画して制作中で、その中央になる絵(画像)と格闘していました。
やはり、ひたすら光に向かって・・・
| - | 01:43 | comments(0) | - |
10月になりました。
大学の秋学期がスタートし、NHK講座は展覧会が迫り、地域の理事&防災委員長tとしての仕事は任期終了の閉めくくり(今月末の総会に、今期の事業報告と、来期の事業計画を提出しないといけないのや、引き継ぎ諸々…)、頭が混乱しそうになりながらの10月スタートの週でした。
でも、それぞれに大切な事は、大切に…
まだけして気を許さずに、消毒や換気に気をつけながらの対面授業、そんな中でも学生たちができるだけのびやかに個性を生かして制作ができるように・・・
土曜のNHK講座も、病気を抱える高齢の方が、来れなくならないように、やはり消毒をしての指導。展覧会出品(8日搬入!)に頑張る人も、事情があって展覧会は参加できないけど頑張ってる人も、其々に絵を楽しんで描いて貰えるように・・・
今日夕方から長引いた理事会も、次へ行き継ぐ方々が困らないように、できる限り頭を巡らせての書類作成・・・

12月の個展の打ち合わせも3日後にあるので、忙しくても毎日アトリエにも走り大作と格闘しつつ小品もまた描きだしていて・・・いっぱいいっぱいになってる中の帰り道、見上げた空のお月様が美しく輝いて、(木曜金曜は、中秋の名月が天気も良く見れましたね)時々空を見上げて深呼吸なさいと、言われたようでした。
| - | 00:30 | comments(0) | - |
気をつけながら、前を向いて行きましょう。
先日の連休には、1年前に次女と車で走った信州のペンションに(そこでの風景が「9月の光」作品となり、先日の個展では1番人気でした)、長女一家も乗せていけたらなと思っていましたが、個展中に東京から連絡取ってみたら連休だけは満室なんです💦と。やっと旅行もそろそろ解禁と思われる方が多いのでしょうね。それならばせめて近場の六甲牧場に、最近アニメの牛を見て「モー」と言うようになったとのbabyを連れて行こうとしたら、これがまたすごい渋滞。六甲ミーツアートが開催始まったのもあり、六甲山頂への道が東からも西からも1本道なのもあり・・・カーナビで1時間くらいと出た道が、4時間以上かかって、ぎゃん泣きもし出して大変でした。
やっとついた牧場で、牛を見て喜んだのもつかの間、近くへ寄るとその大きさに怖くて大泣きとなり^^;)、羊たちは放牧からハウスへ戻る時間。わーと走って来て驚いたり…楽しめるのは、もう少し先かな?そしてできれば渋滞せずに来れるときにまた・・・と。

連休の渋滞はあちらこちらであったよう。もちろんコロナ渦になる前は、連休はどこも渋滞が当然でしたが、今、まだ少し感染状況減ってきたとはいえ、心配は続く中で、この混雑状態は大丈夫なのか?と、出かけた中の一人でありながら心配になっていました。
第2波第3波?が来てる海外の国もあり、この秋から冬、気を緩めないで行かねば日本も危ない気がしています。いよいよ来週から大学秋学期もスタートするし、学生らと元気に対面授業できる状況でいられるように、気をつけていきます。皆さんもどうぞ気をつけてくださいね。

10月8日~13日はNHKの生徒さんらの展覧会(元町通5丁目・みなせ画廊)。
12月は神戸ギャラリー島田での個展(来週打ち合わせ)です。
芸術の秋、こんな状況だからこそ、絵が人の心身にもたらす静かな力に浸って頂きたい…(見る事も、描く事も…)と願っています。
| - | 00:49 | comments(0) | - |
秋になりました
まだ先週の個展中は、ギャラリースタッフがテラスで熱中症になりかけるほどの猛暑が続いていたのに、今週は急速に秋の風を感じるようになりました。
朝夕はひんやり、夜ベランダに出ると虫の声が聞こえてきて、色々な事に翻弄されながらの今年も、季節は確実にうつっていくのだな…と。

世の中は4連休ですね。少し以前の混雑が戻って来てる街を横目に、今日もアトリエに走り、12月の個展に向け、制作していました。

昨日はNHK講座へ。年に一度10月の展覧会が迫り、出品される方は出品に向けて気合が入り、出品されない方もそれぞれに確実にステップアップを感じる制作を重ねてらして、、、一人一人の方の作品に精一杯向き合いました。

一昨日は、出品依頼受けてた下記の展覧会へ、何とか完成した8号2点を搬入。
「たしかに そこに」と、「ただ あなたは そこにいた」。
近くへ行かれることあれば覗いてみて下さい。
井上廣子さん、河合美和さん、中辻悦子さん、三通治子さんなど活躍する女性作家50名が出品です。

「21世紀女性アーティスト展 vol.9 」
2020.9.22tue-10.9fry 13:00~18:00 土・日・月曜休み
MI gallery 大阪市北区西天満1−2−23
www.migallery-jp.com
| - | 22:30 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ