YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
静かにアトリエで

毎日ニュースに耳を傾けながら、新年度授業の準備や、理事会の議案書作成、そして車で(バスや電車はなるべく使わず)アトリエへ走って、静かに絵に向かっています。
心配なニュース、悲しい訃報、色々に胸がふさぐ思いですが、大切な人を思う気持ちや、せめてあの光に向かえるようにとの想いを込めて筆を握っていると、心は静かにひたすらに絵に向かい…
そして、またこの絵を見て、少しでも心和んでくれますようにと、少し力がわいてきたりもするのでした。

子供達とは携帯で連絡取り合って、其々の場所で今の所元気で頑張ってる様子…ホッとしながら、小さなお子さんたちがおられる家庭では、春休みでも遊園地やら閉鎖の所も多く、地域で遊べる場所も限られていて、ストレスも溜まってる様子。病気を抱える方は(そのご家族も)病院も手一杯になってきて毎日気が気ではないだろう…と。

3月は休講にしたNHK講座、4月は開講の予定ですが、無理のないように…感染予防に気を付けて考えながら…心の元気の為にも、こんな時こそ絵を楽しんで頂けたらとの思いは強いのですが、状況に応じて、また休講に…もやむを得ないと思っています。
とにかく、1日でも早く、コロナ渦が終息に向かう事を祈りながら、一筆一筆祈る思いで今日も絵に向かっています。

| - | 11:49 | comments(0) | - |
過去と未来への思いが交錯する中…桜が変わりなく咲き始めました
色々に、自粛や中止の中、何だか時が止まったかに思えたり…
こもって制作と、中々永年時間に追われて手付かずだった部屋の整理にも手をつけたりしていると、過去に目が行くことが多くなっていました。
お風呂場に置いてある古いペパーミントブルーのバケツは、長女が生まれた時に布おむつつけ置き洗い用に買ったもの(当時預けた公立保育所は、布おむつ使用=紙おむつはだめで、毎日20枚は持って行き、こまめに替えて下さるのでまた20枚位汚れたのを持ち帰り毎晩洗う日々でした)
3人とも小・中・高等学校になってくると、泥んこ汚れや部活であまりの汗臭いウエアを直で洗濯機には入れられないので、やはりつけ置き下洗い用に順に使い続け、そしてやがて父の汚れ物(大小便のついたもの)をやはり殺菌消毒やつけ置き下洗い用に使うようになって、、、もう本当に随分長く頑張って来てくれたんだなあ、夜中2時3時に洗濯したり、時間と必死で闘う日々を見つめてくれてきた…と感慨をもって見直したり…
本の間や教えて来た学校(中学や専門学校、大学も今の大手前以外に成安造形や京都造形芸大通信や)で使った資料などの、思いがけないところから出て来た写真やスケッチに、忘れていた記憶が蘇って、自分でも驚いたり…

そんな中、今日は、西宮浜小学校と中学校の閉校式に出席してきました。
(コロナの心配の中、小学校のグランドで、でした。)
たまたま現在この地区、マリナパーク協議会防災部長をしていることから来賓としての招待状が届き、平日の昼だし出席できないと理事長らも言われてましたが、私は大学の休み中でもあり、子供3人がお世話になった学校の閉校式見届けようと…
子供達の歌う校歌懐かしく聞きながら、この街へ引っ越してきた頃の事を思い出していました。
春からは、合併して義務教育学校として新しいスタートをされます。この浜以外の地区、今までの校区外からも来られるようになり、また良い形で活気づく学校になってほしいなと願います。(校舎はそれぞれそのまま使われるから、実は小学校にも、中学校にも、その時々の校長先生から依頼されて寄贈した、私の大きな絵が飾ってあるのですが、そのまま絵も飾って下さるとのことは、現在の校長先生方から聞いています)

帰り道、家の前の桜通りへ続く桜たちが、少しづつ花開いてるのを見上げて、季節は確実に前へ進んでる…と、そのはかなげに揺れる花たちに、希望を見る思いでした。

| - | 14:26 | comments(0) | - |
君たちに 夢はありますか?
土曜は本当なら、神戸市展の表彰式と講評会でした。が、中止になったのでアトリエで大作へ向かい制作していました。その前日、NHK講座の担当者から連絡あり、3月7日の講座は一斉休講にしたけれど、次週から講座によっては開講していくけれどどうしましょうと。楽しみにしている生徒さんの顔が浮かんだけれど、まず思ったのは、持病を抱えた方が多いこと、そして高齢の方も多い。もし万一教室で、もしくは行き帰りの中で、感染されたら重篤になる可能性がある、ということ。そして、自粛して欠席されたら受講料は戻らないけれど、こちらから休講する形なら皆さんへ受講料払い戻しされるとの事聞いて、休講決めました。
今月いっぱいはお会いできないけれど、どうぞ手洗いなどマメにして体に気を付けて、元気で4月にまたお会いできますように!
こんな時こそ、本当は絵に向かってほしい、、、無心に絵に向かう時間は、心を不安から解放してくれます。少しでも、何か身の回りの物スケッチしたり、どんな絵を描こうかなとラフスケッチを落書きのようにしてみたり、してみてほしいです。

たまたま新聞で記事を見て、BSTBS開局20周年記念の「左手1本のシュート」観ました。脳出血から復活の高校生の実話。中学高校とバスケ少女だった私には、インターハイへの大事な試合に出る事の大変さ、半身不随の本人の努力が半端では無理な事、そして、周りの友や監督先生の葛藤の大きさ〈彼を出すことで負けるかもしれない、出れる選手枠が減り、出れない選手が出る事、等々)も実感として伝わってきて涙…
何の為に?とか考えずに、ひたすら走り、ボールを追った日々思い出していました。
夢をあきらめない。
思い続ければ夢はかなう。
君たちに夢はありますか?・・・
後輩中学生らを前に講演した彼の言葉が胸に沁みました。
| - | 21:50 | - | - |
静かに 大切なことに 
連日心がざわつくニュースが続きます。
アトリエで、絵に向かうひととき、ブルーはそんな心を鎮めてくれます。

大学の卒業式も中止となり、審査員を務める予定だった神戸市展も中止に(入選や受賞を夢見て頑張って制作していた人たちは落胆された事でしょう。大学で教える学生や、NHK講座の生徒さんの中にもいて、絵はまた来年の展や他のコンクールにもトライできるから、ぜひ完成させて下さいねと励ましたことでした)
地域の防災部長として忙しい中企画に参加していた、西宮浜のさくら祭りも、部長会議で中止が決定(みなさん色々な思いもある中…)。
美術館も、続々と閉館を余儀なくされ、それに伴うイベントも。参加予定だった側にとっても楽しみにしていたのが無くなり残念だけれど、企画し準備を重ねてきた側の学芸員さん達の辛いメッセージに、心が痛みます。

一日も早いこの新型コロナウイルス収束を毎日祈りながら、自分が媒介する者になったりしないように、手洗いなどは毎日せっせと丁寧にしています。

気になるのは、色々に突然の政府要請での混乱や、先の見えない事への人心の不安がデマに翻弄されて、トイレットペーパーやティッシュのまとめ買いに殺到したり、あるいは消費が止まって経営不振に陥るところが出始めていること。
デマや間違った情報も乱れ飛ぶ中で、静かに、本当の事を見極め、本当に大切なことを、ちゃんと判断できるようにしたい・・・
そして、国を動かす政治家の方々にも、まちがっても状況を悪化させるような判断や指示を出さないで、冷静に、ちゃんと意見を聞く耳をもって、大切な事を見誤らないでいただきたい・・・切に願うのでした。

竹下景子さんの東北での「かたりつぎ」も、無観客で配信となりました。
本日午後1時55分からです。今年は自宅で拝聴します。景子さんへの大きな敬意を胸に…

| - | 01:05 | comments(2) | - |
記憶に漂う
金曜、上京。まずは大手前大学マンガ・映像・アニメーション専攻卒業制作東京展へ差し入れ持って顔を出し(方向音痴の私は、初めて降り立った秋葉原で、駅からすぐの会場にたどり着くのに随分時間かかってしまいましたが、懐かしい卒業生とも偶然再会し嬉しく)、銀座のギャラリー枝香庵へ。
私がいる時間を見計らって、芸大仲間Nさん、Iさん、Kさん、Eさん、ノンフィクション作家Tさん、新聞連載小説の挿絵担当した時の編集者Eさん、漫画家が描く仏の世界展プロデューサーOさん、父がとてもお世話になったNさんも今大変な中…其々にお忙しい中、来廊下さって感謝…
それぞれに懐かしい話にも花が咲いて、様々な方面の記憶に漂った事でした。

「記憶は、海のようなもの」…と、新聞連載時に絵で伴走した白石一文さんの小説「記憶の渚にて」に書かれていた…本当に記憶とは、深くて沢山の物がそこに漂い漫々と湛えられている海のような物、あらためてそんな思いにとらわれました。遠く眺めていると果てしなくて見えなくなっていた事が、近づいてふとすくった手に絡んで引っ張りあげてみると次々とまた絡んだ物たちが立ち現れてきて驚いたりもして…そしてその記憶に少し元気や勇気を貰ってまた前を向けたり、切なくなったり、、。

私は帰って来ましたが、ビクトリーブーケ展は3月1日まで開催中です。東京方面の方、ご高覧下さい。
そしてこの銀座のギャラリー枝香庵で、9月1日~10日に個展です。今回その打合せもオーナーと。その中の5日(土)に、絵とのコラボコンサートをしてくれることになった布垣氏(芸大バスケ後輩であり、学生時代は軽音でもバンド活動、トヨタのデザイン部就職後も永年ギターと歌続け、現在はトヨタ博物館館長)も、多忙な中、横浜の仕事にひっかけて打ち合わせに参加してくれて、素敵なギターライブの夕べが実現しそうですので、どうぞお楽しみに!
(私の絵と、布垣氏が選びアレンジして演奏される曲の根底に流れる「切なさとはかなさ」が、きっと響きあうと他の後輩からのコラボリクエストがきっかけでした)

昨日は、空き家になって久しい亡き父と亡き叔母の家の点検に(少し気になる出来事もあり)走りました。ご近所に迷惑をかけていないかも気になり・・・
荒れ果てた枯れ野のようになった庭に、今年もまたけなげに水仙の花が咲いていて、、、亡き母がよく家に飾っていた遠い日、亡き姉と走り回った子供の頃が思い出されたのでした。

| - | 12:12 | comments(0) | - |
花束をあなたに…
DQoNCmlQaG9uZeOBi+OCiemAgeS/oQ==
大学の卒業制作展も終わりました。
搬出作業手伝い、絵画専攻の学生らとランチ、基礎で教えた時からよく知る面々に「早いね。もう卒業か〜」感慨深く…色々話しました。

先日有り難くも著者献本で送ってきて頂いた白石一文さんの新刊小説「君がないと小説は書けない」を、忙しい日々の中少しづつ読み進めていて、同い年の白石さんが、自分は何のために生きて来たのか…を自問するような自伝的小説の言葉の一つひとつに、ちょっと胸が痛くなったりしながら・・・も、痛く共感。

銀座・ギャラリー枝香庵での「花たばの贈りもの〜ビクトリーブーケ〜」展へ
無事作品2点目発送(画像の20号)しました。
いよいよ明日から。
コロナウイルスが気になりますが、マスクとアルコール消毒液持参で新幹線に乗り、東京へ行ってきます。(オープニングレセプションに出席します。)
人が喜ぶ笑顔が見たい…
私が作品を制作する事も、大学やNHKで教える事も、子供達の為や地域の事業に奔走してるのも、根底はすべてそこにあるのかもしれないなと、
それは、この展覧会のコンセプトの、花束を贈るという行為も、(そういうことやん…とふと気が付いたりして)
すべては繋がってる・・・そういう気がしています。

2.21(金)~3.1(日)11:30~19:00(日曜と最終日は17:00まで)
ギャラリー枝香庵 東京都中央区銀座3−3−12銀座ビルディング7F&8F
03−3567−8110 https://echo-ann.jp
「花たばの贈りもの〜ビクトリーブーケ〜」


| - | 23:46 | comments(0) | - |
冬の花火
9日日曜は西宮花火大会。震災から25年、鎮魂の花火。。
我が家からは目の前に見えて、綺麗でした。

また朝9時から公民館での防災部会の司会をし、そちらは4月のさくら祭りの防災ブース具体案を詰めるため昼過ぎまで会議、(話し合って、防災備蓄食品を簡単に美味しくアレンジして食べる紹介&試食コーナーをすることになり、また来月準備のレクチャーの日を組んだり、西宮市社会福祉協議会の方やCOOPの方にも協力依頼したり大忙しです。)それから大急ぎで長女一家を迎えに車を飛ばして連れて来て、花火までに夕食準備したり、ばたばたでしたが、、
その日は一段と冷え込んだ日で、空気が澄んで、冬の花火は美しく…
色々な思いがよぎって、しばし切なく見つめました。
少し前に1歳を迎えた天使も、昨秋の花火の時は音に驚いて泣いてたけれど、今回はじっと見つめていました。成長したね。

搬入が迫った、ビクトリーブーケ展への作品は、今日もアトリエで格闘して、💦
何とか完成かな・・・
今回は、祝福がテーマの展、ネガティブイメージは不可の出品依頼でしたから、なるべく寂しくはならないように…光あふれる花束を…でもやはり色はブルーが基調です。
| - | 23:15 | comments(0) | - |
2月になりました
あっという間に2月も過ぎていきそうです。
先週のING展には沢山の来場者あり、盛況のうちに日曜に搬出。私はその日も5時から防災委員会があったので、議事案を副委員長氏に事前に渡し会議始めておいてもらって、4時からの美術館の搬出に自作梱包して飛び出し(他の方の手伝いできずでごめんなさい!)飛んで帰って会議に滑り込みでした。9日日曜も朝から別の会議で部長なので、今週月曜火曜今期最後の大学授業こなし成績付けもしながら、昨日今日議事案制作。
体が2つ欲しいとぼやきながら、ふと、子供の病気と父の入院、休めない仕事が重なって、身体が3つ欲しいと真剣に思った頃を思い出し苦笑・・・
あの頃の事思えば、これくらい乗り切れるなと。皆が寝静まってからしか絵を描くことできなかった時は、夜中12時から2時3時まで描いても、息子の早朝練習で早く出るお弁当作りに5時半に起き、お弁当も朝食もし送り出してから自分も仕事に飛び出して、帰宅後夕食・洗濯等家事してまた夜中に制作…そんな日が続いていたのだし・・・
でも、どんなに忙しくても、少しでも絵に向かう時間が自分を生かしてくれたと思っています。
、、そうやって命を削る思いで描き続けてきたから、今の私があるし、描く絵に心を動かされて下さる方がいる(いや、まだまだ精進せねばだめですが)そして、どんなに不安定でも、描き続ける努力に対して、絵は裏切らない・・・本当に少しづつでも、確実に応えてくれるのです。逆に、いい加減に向き合えばいい加減なものになる。
自分の生き方を映す鏡のような存在。
そう思って、背筋を正し、今夜も作品に向き合っています。
| - | 01:26 | comments(0) | - |
ING兵庫県美術作家2020展


昨日は朝から展示作業でした。
今日からスタート、2月2日まで、10:00〜18:00(最終日は16:00まで)兵庫県立美術館王子分館 原田の森ギャラリー

画像の左から
「 静かなる光 」 120号
「 あの日 見つめていたのは… 」 130号
「 行くべき道をさがして 」 130号

1階が招待作家の作品、私の作品は入って右奥に。
2階がINGオリジナルメンバーの作品展示。
それぞれに、大作が並び、本当に見ごたえある展覧会になっています。
沢山の方に見て頂けますように…

私は30日木曜の2〜6時会場におります。
2月1日土曜は1時半〜2時半、パネルディスカッションが、越智裕二郎氏(西宮大谷記念美術館館長)・坂上義太郎氏(BBプラザ美術館顧問)・会員とで開催されます。参加は無料で定員50名、今日からの会場受付で先着順に受付けるとの事です。
これは別館401号室(2階会場から廊下ですぐ繋がっている場所)、土曜は私もNHK神戸教室で教えてからこちらへ駆けつけます。
| - | 12:39 | comments(0) | - |
1月の終わりに・・・
神戸・ギャラリー島田での「25年目の1.17」展は、一昨日終了しました。
其々の作家の、95年1月17日への思いが、画廊の2室に静謐に張り詰めているような、そんな展覧会でした。東京など遠方から私の絵、見に来て頂いた方もあり…私はあまり画廊に行けませんでしたが…ありがとうございました。

年末の個展で、お買い上げ下さった作品が届いたとの喜びのお便りを頂いて、こちらが励まされ元気を頂いたり、、、
先週土曜のNHK講座では、今年最初の教室で絵を描いて頂いた後に、ランチ新年会で、久しぶりに復帰された方の笑顔にじんときながらこちらが元気を頂いたり、他にも闘病しながら頑張るメンバーさんらそれぞれに、絵のもたらす素敵な力を感じ、其々の言葉に聞き入ってはまたじんときてしまったり…(危うく涙が…、いやぐっとこらえましたが)
これからも、私もまた、心の深いところに何かを届けられる絵を描いていきたい、頑張ろうと、思わされることが続きました。

来週29日からは、兵庫県立美術館王子別館・原田の森ギャラリーでのING展に、招待作家としてよんで頂いて、大作3点を出品します。
2月2日まで、私は30日と2月1日の2時頃からは会場に行っています。
日本画洋画などジャンルを超え、実力ある作家さんらの大作が並びます。
お時間取れたらご高覧下さい。
| - | 16:34 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ