YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
今朝起きたら雪が降っていました。
車に乗ろうとしたら屋根もフロントガラスにもしっかり雪が積もっていて、ワイパーが動くかとヒヤッとしましたが、無事雪落として走り出し、まだ降り続く中芦屋経由で大学へ向かいながら、窓から見た芦屋川岸辺はうっすら雪化粧。
午前中授業した教室は、換気で扉開けたままで、暖房入れていても中々効かず、寒さに上着が必要でした(久しぶりに会った学生達は元気で良かった)。でも、午後、帰途につくと、もう雪の気配はなく…う〜ん、この寒さも我慢するから、雪はちょっと積もってほしかったなと。
いえ、大雪で立ち往生されてるニュース報道もあり、こんなお気楽な事を言っていてはいけないなと反省なのですが、
かつてスキーに行った時に、リフトに乗ってゲレンデを眺めていると、すべてを覆い尽くした白銀の世界が、なんだか心の澱みも流し去ってくれるかのようで、嫌な事辛い事などすべてを真っ白に包み込んで無にしてくれるような感覚がありました。
雪が真っ白に包み込んで、もうそこかしこにいそうなコロナも全て包み込んで、無しにしてくれたらよいのに…
そんな子供みたいなことをふと思ってしまった雪の日でした。
| - | 00:48 | comments(0) | - |
今年もよろしくお願いします。ご報告2つ

寒いけれど、光は温かい…穏やかな三が日でしたね。
私は大晦日はまた雑用に追われながら、やっとおせちをささやかに作ってる最中に年が明けました。
元旦に来る予定だった長女一家は、天使が27日から高熱下がらず来れなくなって、急遽色々な食材もお節も車で届けに走る元旦になり、自宅へ戻ってから、次女と帰省した息子と3人で静かにお正月を祝いました。(天使は心配しましたが、昨日はもう熱も下がって元気いっぱいな様子にホッ)。
家族が元気でいる事の、普通であるはずの事の幸せを、あらためて思っています。

年末ぎりぎりにアップされた2件、ご報告です。
一つは、デンマーク在住で親友のアーティストYUKO TAKADA KELLERが、ロックダウン下のデンマークでアートグッズオンライン販売のyukkel creationを立ち上げて、私のカレンダーも作ってくれました。依頼受けたのが12月後半で、今年はもう始まっていますが(注文してアメリカの会社から届くのも時間かかってしまうかもですが)紙質も良いそうで、YUKOが美しくレイアウトしてくれたので、私の2020年新作中心(以前の大作含む)の新しい画集的に見て頂けたらと思います。https//yukkelcreation.com/products/wall-calendars

もう一つは、ギャラリー島田HPのオンラインストアに、小説「記憶の渚にて」(白石一文さん著作)新聞連載時の井上よう子挿絵原画コーナーがアップされました。去年依頼受けて夏頃に原画持参し、スタッフが時間をかけ頑張って立ち上げられました。ぜひ、覗いてみてください。
(今、オンラインでしか見れない方々の為に、との提案で、以前画廊での原画展の時より少し安価表示になっています。以前求めて下さった方々、ご理解頂きたく、よろしくお願いいたします)
https://gallery-shimada.stores.jp/

今年が少しでも良い年になりますように・・・
今年もどうぞよろしくお願いします。
| - | 14:50 | comments(0) | - |
2020年から2021年へ。希望の光を見つめて…
2020年が終わろうとしています。
色々に心配が続いた年が終わり、新しい年が来るけれど、社会状況は変わらず、いえさらに心配な状況がニュースで報道されてもいます。
でも、今、澄んだ空にオリオン座も月も美しく輝いていて、昨夜から雪が舞うほどぐっと冷えた空気とともに、下を向かずに凛と背筋を伸ばせ、と言っているかのようです。
2021年、彼方にある希望の光、見つめながら、私はやはり絵の持つ力を信じて、描き続けたいと思います。
皆さんもどうぞ、身体を大切にしながら、其々の場所で大変な中、頑張って下さい。
いえ、頑張っている人は、頑張り過ぎないで…

少しづつでも、良い方向へ…よい年になること、心から祈っています。
| - | 22:00 | comments(0) | - |
個展無事終了しました。感謝。

20日、個展無事終了しました。
色々に不安もある中、寒い中、見に来て頂いた方々、ありがとうございました。
今回は行けないけれどと、残念がって下さった方々、また来年も良い作品を見て頂けるように、さらに日々描いていきたいと思います。
在廊日にしていたのに、急遽大学へ走った14日土曜や、所用で少しギャラリー離れた時に、来廊頂いて、会えなかった方は、とても申し訳なく・・・でも、今年の渾身の作品たちに、浸って頂けたなら幸いです。
まだまだ、大変な状況は続きますし、辛い気持ち抱えて日々過ごされてる方、困難な状況下必死で頑張ってる方も多いと思いますが、
少しでも状況が良くなっていく事祈りながら、これからも、絵がもたらす素敵な力を信じて、祈る思いで筆を持ち、描き続けたいと思います。

 わざわざ遠方から見に来て下さったり、絵の前で涙しながら話して下さった方、もう何回も私の絵を見て来てずっと欲しいと思っていたと、今回何とか手元に…と購入下さった方、ずっと永年毎年のように(ご病気に倒れられた時以外)見に来て下さって、今回私が不在にしてしまった時に来られ残念がりながらも絵を求めて下さった方、、、何とか来れたとの昔の教え子や、今教える学生が先生の絵が大好きと言ってくれた事、NHK講座の生徒さんらも其々に大変な中本当に熱心に見てくれて、、、
またこのブログやツイッターを見て来て下さった初めての方々の、絵のブルーに力貰ったとの言葉などにも…
まだまだ書ききれませんが、こちらが沢山の力を頂きました。
感謝で一杯です。
DM作成時から展示作業、会期中も頑張ってくれた画廊スタッフさん達、さりげなく毎日見守って下さった島田社長(もう30年以上サポートして下さってきました)にも、感謝は尽きません…


| - | 10:13 | comments(0) | - |
寒くなりましたね。今日は休廊日です。
昨日は朝から兵庫県立美術館で授業。
教職を目指す学生達が、大学の大先輩でもある、美術館教育支援・事業グループ主査学芸員Yさんの楽しいレクチャーに、美術館仕事にも興味持ったようでした。会場でわいわい意見交換は今はできないけれど、鑑賞教育について考えて貰いながら静かに距離を保って見て回り、良いひと時…Yさんに感謝。
その後、時間ある学生はBBプラザ美術館と、私の個展会場へも引率。
熱心に質問も出て、夕方のもう一コマの授業に間に合うぎりぎりまで見ていた学生、坂を走って下ってゆく後ろ姿に「こけないように気をつけて!」
可愛い学生達です。
そしてその後には、かつての教え子たちも来てくれたり、芸大後輩や、先週一度見に来られたのに、再び見に来て下さる方もあり、寒い中、頭が下がりました。
次の新刊本エッセイ集の表紙に、また私の絵を使って下さるノンフィクション作家後藤正治先生も、来廊下さり、ギャラリーオーナー島田さんと共に、話も弾んで…
また、感謝でいっぱいの日となりました。
今日は、画廊はお休みです。
私は家での雑用をこなし、アトリエへ走ります。
個展は明日から残り4日となりました。寒くなりましたが、皆さんコロナも風邪にも気をつけて…
| - | 13:14 | comments(0) | - |
個展無事始まっています。
5日土曜日、NHK文化センター神戸教室で教えてから、走るようにしてギャラリーへ。既に見に来て下さってる方あり頭下がりながら…個展、無事スタートしました。
その日3〜4時の、熊谷朋久さんのギターコンサートも、消毒・検温・マスク・換気、密にならない形で無事開催。私の今回メインの大作「光へ…翔ぶ」に作って下さった曲は、心に沁みました。絵と音楽に癒されたと、其々に言って頂けて、良かったことでした…熊谷さんにも、出にくい中来て下さった方々にも、心から感謝…
昨日は教え子たちや、芸大後輩らも来てくれて、とにかくお互いに体には気をつけて…と言い合いながら。
今日は朝から大学で授業後、ギャラリーへ。懐かしい方、新しい出会いの方、色々にお話をしました。そして、こんな状況下、絵を求めて下さる方々にも感謝。。。
絵が、ブルーが、もたらす素敵な不思議な力を感じています。
明日も大学授業後に、ギャラリーへ参ります。(個展は20日まで、水曜は休廊です。)

| - | 00:55 | comments(0) | - |
海への小道


遠い日の記憶をたどるような、緑の光の中、海へと向かう…なにか懐かしい感覚を描き出してみたくて描いた絵。これも個展に出します。
作品のタイトルはなくていいと言われる作家さんもおられるけど、私はやはりタイトルはとても重要で、タイトルの言葉がまず浮かんで絵ができる時もあれば、絵ができてから随分悩んでつける時も…。この絵のタイトルも、単純なようですがいくつか迷った上でこれになりました。色々な思いが言葉の中にこもっています。
個展前に出品作品リストをギャラリーへ送るのですが、そのタイトルのリストを見て、今回も素敵な展になりそうですね、タイトル見ていくだけでワクワクしますと、スタッフが嬉しいこと言ってくれた時もありました。

個展まで5日となりました。
この1週間で益々心配な状況が日々報道され、こんな中でご案内するのも悩ましいのですが、でも一方で、こんな状況だからこそ、疲弊してゆく心に、絵がもたらす力があるとの思いもあり、粛々と準備を進めています。
どうぞ、ご無理のないようにで、ひととき絵の世界に、光やブルーの世界に、浸って頂けたらと思います。

井上よう子展−光へ…翔ぶ―
12月5日(土)〜20日(日)11:00〜18:00 最終日は16:00まで。水曜休み
ギャラリー島田 B1F 
http://www.gallery-shimada.com


* 初日5日は、神戸のギタリスト・熊谷朋久さんのギャラリーコンサートがPM3時〜4時にあります。2年前に美術館の収蔵作品の中から私の絵を選んで素敵に曲を作り演奏下さった熊谷さん。今回も、メインの大作「光へ…翔ぶ」のイメージから演奏下さいます。今回は感染予防の為、人数を絞ってになりますが、参加希望の方はギャラリーへご予約下さい。予約2000円、当日2500円です。
* 当日、その演奏時間PM3〜4時は、コンサート参加の方のみの入場となりますのでご注意ください。コンサートが終わればまたご入場ご観覧頂けます。
| - | 23:35 | comments(0) | - |
青い刻(とき)-穏やかな光

今年の初めだったか、私が、海と空と、そこに翔ぶ鳥を描いていると言った事から、毎朝海辺を散歩する親友が、カモメが舞い翔ぶ姿をカメラで追って、何枚も画像を送って来てくれるようになりました。本当に感謝・・・
その画像を自分のイメージの世界に引き込んで、(我が家から見える海のイメージも重ねて、そしてかつて見たデンマークの海も)9月の個展に出した「青に翔ぶ」や、「青の中でただそこに 」の作品が生まれました。
そしてもうすぐ12月の個展に出すこの「青い刻(とき)−穏やかな光」も。
先月私の誕生日に送ってくれた画像からのイメージ…やっと完成して額装。
今、色々な不安な状況が、何だかさらに増してきて、
そんな中で、ざわざわしてしまう心に、せめて少しでも、穏やかな光を感じてくれたらいいなと、祈りながら・・・描いていました。、

| - | 01:30 | comments(0) | - |
冬に

朝晩冷え込むようになり、冬の訪れを感じます。
9月の個展は、まだ残暑厳しい中、涼やかなブルーの絵画空間に涼んでくださいなど言っていましたが、12月の個展には、寒い季節ならではの雪の風景も出品します。暖かい室内空間から見る静かな雪の風景…
7年前、人間不信に陥るほどの色々なことがあり、毎日吐き続けて体重も減って…(でももちろん仕事は休めず、父や息子の世話もあり)、そんな私を見かねてデンマークのYUKOが、春休みにおいでよ、こちらはwelcomeやで!と言ってくれ、思い切って息子も連れてデンマークへ飛んだ数日がありました。
それまで展覧会のために訪れたデンマークは夏ばかりでした。
春3月のデンマークは、まだまだ雪の厳しい寒さの中で、マイナス10度になったり…でもそのキーンと凍えるほどの冷たさ、凛とした空気の中で背筋を正される思いで…静かに美しい情景とともに、折れかかっていた心を立て直してくれました。
その時に見た雪の風景を、感謝の思いで(ちょっぴり胸がきりりとしながら)描いています。

| - | 21:57 | comments(0) | - |
11月になりました。毎日描いています。

個展迫ってきました。毎日アトリエへ、休みはありません。
大学授業がある月・火・木曜、NHK講座のある土曜は、終わってから行って、それ以外の日は家事雑用やPC仕事済ませたらすぐに行って、絵に向かいます。でも、どんなに忙しくても、絵に向かう時間は、心が鎮まります。

一昨年の今頃は、まだ父の病院へ毎日行っていたから、大学仕事後にアトリエに走っても、1時間ほどでまた慌ただしく夕食介助に車を飛ばして病院へでした。
病院から見える黄昏の空と海は哀しくなるほど美しくて…弱りゆく父の介助の合間に、毎日見つめていたそんな風景を、思い出しながら描いたこの絵も個展に。
一昨年の12月に亡くなった父、昨年一周忌も個展前でした。今月三回忌には、亡き母の33回忌も一緒に。天国の両親に見ていてね、と祈りを捧げて、12月の個展を頑張りたいと思います。
| - | 23:04 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2021 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ