YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
個展無事終了 そして 父の忌明け法要
15日火曜に無事個展は終了し、最終日まで本当に沢山の方−遠くからも近くからもー見に来て下さって感謝の連続でした。
大きな哀しみ苦しみ乗り越えて来たり、あるいは今も闘っている方が、絵から何かを感じてじっと涙して見つめてられる事が、今までにもあったのでしたが、今回もそういう場面が何度かあり、こちらも思わず涙ぐんで…絵のもたらす力をまた感じたり(私が不在で会えなかった方もスタッフがその言葉を伝えてくれて)
そして、今回は父の思い出を語って下さったりもあり、会場で作家がボロボロ泣いているわけにもいかずどうしよう…と思ったり(それも有り難いことで…)、
それらはすべて温かな力となって、またこれからも頑張って描いていこうと思わせて頂きました。

水曜は運び込んだ荷物をアトリエで片づけ、木曜は大学授業、そして金曜は父の四十九日法要を明石のお寺で、息子と次女と叔父や従姉妹など内々で(出産目前の長女は自宅待機)何とか滞りなく済ませることができました。
3月の百か日の時に納骨することなどもお寺さんと相談してきました。
父がお世話になった方々ちゃんと把握できてなかったり、何も恩返しもできないまま、申し訳ない思いです。

今日はNHK神戸講座でモデルさんの描写。初めてバレエのコスチューム頼んでみたら、薄いブルーの衣装が美しく、生徒さんらのモチベーションも上がって…また今年の秋の展覧会目指して一緒に頑張りましょうねと。
| - | 01:07 | comments(0) | - |
温かい出会いの連鎖に感謝
今日で個展5日が無事終了、連日沢山の方にご来場いただき、新しい出会い、懐かしい出会いに、今日も感謝の連続でした。

会場スタッフさんに「先生1時間くらい休憩されては?」「食事に出られては?」など声かけて頂きながらも、一人でも会場にいらっしゃるとやはり申し訳なく(最初からアポイントあった初日や三日目金曜は夕方退出させて頂いたし)、昨日も今日も20時まで休みなく接客、でも、遠方から来て頂いてたり、先生の記事見つけたからとの25年前教えた学生との思いがけない再会もあり、以前神戸のギャラリーで見て頂いてからブログを追っかけて来て下さったりとか…
身体はさすがに疲労感。でも、心は温かくなることの連続で・・・

何回も来て下さってる方がまた友人達連れて来て下さったり、高校のバスケット部先輩がOBラインに個展情報流してくれてそれで見たからと何人もの先輩がそれぞれ別個に来て下さったり、恩師・井上直久先生のファンの方が直久先生との繋がりに興味を持たれて見に来て下さったりもあって、
そんな色々な温かい出会いの連鎖に感謝。
| - | 00:17 | comments(0) | - |
個展無事搬入完了 いよいよ明日から
昨日、アトリエから作品たち発送して、今日、阪急百貨店7階美術画廊で展示作業、無事完了しました。
帰って来てからもまだ、会場に掲示するメッセージを打ったり、準備完了とは行きませんが、会場の方はいい感じに設営できて、明日からの展覧会が楽しみですと、企画下さったH氏にも言って頂き、ちょっとほっとしつつ・・・
動いて下さったスタッフたち、手伝ってくれた息子と次女にも感謝。
沢山の方に見て頂けますよう…そして、心に何かを届けられますように…

(私は、木曜は大学授業の為画廊には行けません。金曜も授業後に2時半頃までいけませんが、それ以外の日の午後はだいたいギャラリーにいる予定です。)

| - | 23:22 | comments(0) | - |
2019年 今年もよろしくお願いします。

2019年は、個展の準備をしながら迎えました。

「井上よう子洋画展−愛おしい時の彼方へー」

2019年1月9日(水)〜15日(火)日〜木曜日午前10時〜午後8時、金・土曜日午前10時〜午後9時・最終日は午後4時終了
阪急うめだ本店7階 美術画廊

ブルーを基調にした静かな風景に込められた、大切な人や大切なことへの想い。

また、ベッドで毎日ギャラリーでの様子の報告を楽しみにしていた父の事も思いながら、、、朝な夕な父の好きだった物を供えお線香灯しながら祈る思いで頑張っています。
直前になったのに、いまだ案内状を少ししかお出しできていませんが、沢山の方に見て頂けますように・・・。

そして、今年がすべての人に少しでも良い年になりますように・・・
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



| - | 02:29 | comments(0) | - |
メリークリスマス
喪中ですので、お祝い事は一切なし。
年賀状失礼させて頂きますの喪中欠礼ハガキも出し、お正月も今年はしめ縄も松飾も、お節もなし?(ちょこっとは作るかも・・・。)のつもりでした。。。

だからXmasも粛々と個展準備や、まだ色々に父の後片付け(昨日のイブも、大学の今年最後の授業、学生らも頑張ってくれて良い感じに締めくくれました)、のつもりでしたが、「お母さん一人やったら来る?チキンとピザは焼くし」との長女の誘いに、アトリエから「じゃオードブルと飲み物は持って行くわ。」そしたら京都の次女も仕事終えてから(翌日も朝から仕事なのにとんぼ返りでも〉「行く!」
で、長女夫妻宅で7時過ぎからしばし集い、久々に沢山笑い、美味しいひと時。
成長した娘たちと、長女の心優しい旦那さんに感謝・・・
母サンタはせめてそれぞれにプレゼントを届けて・・・

今日は、ギャラリーあじさいの新春展の作品を搬入してから、アトリエで制作。そして夜は「火の用心!」と拍子木たたきながら夜回り(マンションの理事にこの秋からあたってしまい)でした。明日は、Ge新春小品展へ作品搬入・展示です。

2019Ge新春小品展
1.5〜13〈7日月曜休廊)11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
 画廊ぶらんしゅ 池田市天神1−5−16 Tel.072−761−2626、

ギャラリーあじさい新春展 1.15〜27
 11:00〜18:00(最終日は17:00まで)会期中無休
神戸市中央区三宮町1−9−1センタープラザ東館2F Tel.078-331-1639
| - | 00:50 | comments(0) | - |
追われるように展覧会に
年の暮れという感覚がないままに怒涛の日々。
でも、先週土曜はNHK講座も今年最終回で、教室後は恒例のランチ忘年会。
和やかに交流して、新人メンバーお二人も参加できてよかった…体調の事でお休みのメンバーたちへ思いはせながら、私の事も気遣ってくれる心優しい生徒さんらに感謝もしつつ、来年が良い年になりますように・・・また頑張りましょうと心暖かくなる良い締めくくりの会となりました。

毎日まだ色々な手続きにや書類貰いに、大学の授業の合間に役所や病院や郵便局に走ったり、喪中はがきを出したり、、
でも何とかアトリエにも走って、迫る個展の準備。

いくつかの小品展にも何とか作品を出品しますので、順に告知させて頂きます。
まずは今日から、
銀座のギャラリー枝香庵での「Winter Festa 2018-2019」
教会と道の夜景に光が舞い降りる小品「おかえりなさい」と、光る海と空の前に椅子とテーブルと白い花の小品「祝福‘19」の2点を出品しています。
100名ほどの作家さんが出品!沢山の作品の中から、私のブルーの作品を見つけて下さると(そして作品に癒されて下さると)嬉しいです。
ギャラリー枝香庵 https://echo-ann.jp
tel.03-3567-8110
| - | 11:45 | comments(0) | - |
光る海を見つめて
寒さ厳しくなってきました。凛と冴えわたる空気の中、時おり雲間からさす光に海は目に痛いほど輝いて…光が強ければ強いほど、今はそこに哀しみを感じてしまいます。
不安定な天気とともに、心も晴れたり曇ったり。
一昨日は大学授業で、風邪ひきさんが増えた学生達を励まし励まし制作指導。
そして夕方、父が4年半お世話になった病院へ支払いにと、病棟へも上がりお礼のご挨拶に。エレベーター降りたら、、そして右の部屋に入ったら、まだそこに父がベッドで待っているかのような錯覚を覚え(困ったな)
昨日は雨が降ったりやんだりの中、明石市役所や、明石の年金事務所などへ諸々の手続きに。
市役所は、駅から南へ歩いて海の前をさらに東へ。
年金事務所は、逆に駅から北側、明石城のお堀端を西へ。てくてく歩いていると、32年前に、母が検査入院して末期がん宣告を受けた時、お腹の中に長女を抱えて九州からの祖父母たちを迎え、共に泊まったグリーンヒルホテルが目の前に現れて・・・えっ?
何だか記憶の迷路にさまよっているかのような、小雨の中の彷徨でした。

朝は美味しいコーヒーを、昨夜泊まった次女にたててもらい、コーヒーが好きだった父の前にも焼きたてトーストと共に(元気だったころは父は朝はコーヒーとパンとゆで卵サラダとミルクでした)そなえ、今日も役所や病院に走り、やっと少しアトリエにも行って絵の前に。絵に向かう時間は心落ち着きます。
絵の持つ力・・・感謝。

まだしばらくバタバタは続きます。連絡不行き届きやら、失礼もあるかと思いますがどうぞご容赦下さい。
| - | 22:30 | comments(0) | - |
2018.12月3日の朝に
 人が亡くなると哀しみに浸る暇もなく怒涛の時間が流れますね。
母の時もそうだった…
今日病院に会いに来る予定だった次女は間に合わなかった、お爺ちゃんごめんと涙…思わず抱きしめてやっと涙。
 夜中に一緒に病院へ駆けつけた息子、お腹が大きい(もう来月予定日)長女もその旦那さんもよく動いてくれて助けられました。
 長い病院生活だったけれど、12月3日の明け方に父は安らかに逝きました。
 31年前母が亡くなってからは一人娘の私が看取らねばと。
やっと果たし、通夜と葬儀(親族と父と近しかった方だけでの)の喪主も終えたけれど、また明日からも、仕事の前や帰りに病院へ走ってしまいそうな私です。
 今まで心配下さった方々、ありがとうございました。
| - | 01:21 | comments(0) | - |
乗っ取りに合った?
3日前にPCに不審なメールが届きました。
私の電子メールとデバイスをクラックしたハッカーだと。
私の連絡先全てを保存したしウイルスをインストールしたし、送信してほしくなければの600ドル請求。
私自身のアドレスが発信元になってるので慌てました。私からのメールだと思って友人知人が巻き込まれる事態になるのではと胸がざわつき慌てたのです。
けれど、システムエンジニア氏(長女の旦那さん)やプロバイダーに相談し、私のパスワードは変更されてないし心配ないとの事。同じ文面での相談が他からも今寄せられてるし詐欺ですとのこと。
こういうのに慌ててお金を振り込む人‐自分の知人たちに迷惑がかかるかと慌てる人もいるかと…
やめてほしいですね。本当に…皆さんもお気を付けください。。

さて、12月に入りました。
何だか一段と時間が飛ぶように過ぎてゆきます。
昨日はNHK講座へ。
やはり体調が心配な方、静養で休まれてる方、気になりながらの指導。
でも、絵がもたらす素敵な力は、必ず心身に良い物を目には見えずとも与えてくれる…、実際そういう力に自分自身元気を貰って生かされてきましたし、学生や様々な場所での生徒さんにも感じて実感してきました。
教室には来れなくても、無理なくで、絵に少しでも向き合って楽しんで頂く時間が持てますように・・・
| - | 11:30 | comments(0) | - |
冬に想う
毎日気温が下がって、季節は確実に冬に…
大好きな季節は、やはり、光が澄んで煌めいて、どこか物寂しい切なさが漂う秋なのですが、冬という字が好きで、冬にはまだ早い9月に生まれたのに次女の名前に…先に「いと」という音が決まって、それに当てはめてあまり凶運もたらさない文字でと考えるなか、一冬=いと、字体が美しいと決めてしまった…私なので、冬も好きなのです。
かつて冬には毎年行った純白の雪に覆われたスキー場は、世の汚れをすべて清らかな純白で覆うかのようで、心をリセットしてくれた…永らく行けて無いけれど、また行って見たいな…
そんなこと思いながら、もう11月も終わりに近づき、今年もあと1か月ちょっと、早いですね。
年明け1月9日からの、阪急梅田個展への絵の制作に追われつつ、今夜はそのチラシデザインをして下さってる方から校正のメール。
私が先に送ったメッセージも載せて、シンプルにアレンジして下さっていました。メッセージは以下に。

「井上よう子洋画展−愛おしい時の彼方へー
ブルーを基調にした静かな風景たちには、どれも大切な人・大切なことへの想いが込められています。忙しい日常の中でちょっと立ち止まって、見る人が其々の想いと重ねて静かな刻に浸って見て頂けたら・・・。」

年明け、公私ともに、なんだか色々の事が、大きな変化が、どっと重なってありそうな気配…心落ち着かない日々が続きます。
| - | 03:03 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ