YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
「井上よう子展−静かに時を見つめて」無事終了しました。沢山の感謝と共に…

昨日無事個展終了しました。
最終日は冷たい雨、3時頃には雷まで鳴って一瞬停電するほどの悪天候でしたが、終わる間際まで沢山の方が(終わって搬出作業中に来られた方も💦)遠方からも来て頂き、感謝の連続でした。
来客重なると、要領よく会話を切れない私は、話せなかった人もいて(会場にいたのに来られてる事にも気づきもしなかったり)申し訳なかったです。
お会いできお話しした方は勿論、大学出校日で不在の日に来て下さった方も、ありがとうございました。
娘のカフェlokkiにも行く日程を組んできて下さった方々もあり、それも嬉しかったです。

今回会期中は一段と色々とあって、ひときわ記憶に刻まれる個展となりました。

中でも、14日島田社長の80歳お誕生日で、ノンアルのシャンペンとブルーの花束こっそり持参、スタッフの協力も得て準備して島田さんが早めに帰られる前にギャラリーで乾杯と花束贈呈をし、もう33年も前からお世話になって来た感謝をあらためて思ったり、

永年お世話になって来た(10数年前に賞に推薦頂いたり、最近はよく学生を連れて行っては楽しくお話しいただいた)西宮大谷記念美術館館長の越智さんの訃報が入ってきて、、先月倒れられ入院された事は聞いて心配していたけれど、個展中別の方から「集中治療室から一般病棟に移れると本人から電話もあった」と聞いてあぁ良かった、戻って来られますねとほっとした翌日で…信じられない思いで、ご冥福を祈り天を見上げ…一昨日の夜からの冷たい雨が、涙雨に思われました。

直前に長女には第2天使が生まれたため、第1天使のサポートに合間に走りながら、新しい命、逝ってしまわれた命を思い、会場ではまさに「静かに時を見つめる」…そんなひとときとなりました。
| - | 10:08 | comments(0) | - |
個展始まっています。


神戸ギャラリー島田での個展、11日金曜搬入展示作業無事終え(精鋭スタッフさん達と、見守って下さった島田社長に感謝)、12日(土)無事スタート。そして今日13日(日)も、連日懐かしい人や教え子や、いつも来てくれる芸大仲間、ファンでいて下さる方、初めての方も。そして東京から飛んできてくれたりも…沢山の方々ご来場頂きました。ありがとうございます。
11〜18時、立ちっぱなしで接客に追われてましたが、1980年代のコーナーが心に沁みたと言って頂いたり、案内状にした130号の前に座ってじっと長く「静かに時を見つめて」下さったり、絵を、私が思うのとは違う見方で見て頂いて、あぁなるほど…そんな見方もあるんだと、勉強になったり…其々に元気を頂いています。
まだ23日まで、明日からも頑張りますので、よろしくお願いします。
明日は大学授業後2時過ぎからギャラリーへ参ります。
火曜と木曜は、大学授業と第一天使の保育園お迎えのミッションもありギャラリーへは行けませんが、水・金・土・日は参ります。(土曜はNHK講座後で2時過ぎから)

明日からちょっと気温が下がるよう、皆さんお気を付けください。

#神戸ギャラリー島田  #井上よう子展−静かに時を見つめてー
#12日から23日まで

| - | 00:26 | comments(0) | - |
11月になりました。
もう個展搬入まで、1週間になりました。
慌ただしく準備する日々の中、第2子出産が迫った長女宅のサポートにも毎日仕事後も走ったりしていたのですが、先週無事生まれてくれました。
 私もかつて3人産む時色々ありましたし(長女の時は切迫早産しかけて入院、次女の時は妊娠中毒症に、末息子の時は切迫流産で安静を言われ)こんなに世の中の色々がデジタル化され進んでいる中でも、お産に関しては、今もいつやってくるかは神のみぞ知る。大丈夫と思っていても、出産時に命を落としたbabyも(かつて一緒に入院した人の中で)あったから、やはり一つの命を生み出すという事は大変な事。神経質になってる長女に不安を与える事は言わないよう気をつけながら、連日ハラハラが続いていました。
とにかく母子ともに元気で良かった・・・
上の子3歳の、保育園お迎えなど、サポートしながら個展突入になりますが、今までの「時」を見つめる展と、これからの「時」を生きる天使たち、色々な思いが交錯し、不思議な思いでいます。


#ギャラリー島田 #井上よう子展12日から23日 #静かに時を見つめて
| - | 00:25 | comments(0) | - |
逝ってしまってわからない

大学院時代に描いた油彩画50号 「逝ってしまってわからない」

京都市立芸大制作室でこれを描いていた時期に父兄会があって、私が知らないうちに、制作室も案内して貰って絵を見た母に、「あのマーガレットの絵、いいわね。ほしいわ」と言われ、展覧会に出す前からそんな事言われても…とちょっと困ってしまった私だったけれど、
結局、個展後にこの絵は母にプレゼントして、長く実家にあった。
私がこの絵を描いた時に思っていたのは、17歳で逝った姉の事で、タイトルは個展に出す時つけたから、母には「私の好きなマーガレットの絵」だった。
両親が明石に家を建てて移り住んでから、マンション暮らしよりは広くなったリビングに飾られたのだけれど、母がゆっくりそれを眺められた時間はそう長くはなかった。
1年を経ず入院。すぐに戻れると思った家に母が戻る事はなく、翌年逝ってしまった。

もう、あなたの止まった歳を、私は10歳も越えてしまいました・・・

そんな事を思ったりしながら、この絵も11月の個展で見て頂きます。



| - | 14:04 | comments(0) | - |
海からの風〜風の変わる日


色々な事があった2000年に描いた
「海からの風〜風の変わる日」
この作品も、久しぶりに11月の個展で見て頂きます。

大学院時代に描いた油彩から、最新作まで、40年の時を見つめる展覧会になります。

神戸ギャラリー島田 11月12日(土)〜23日(水)11:00〜18:00最終日は16:00まで
井上よう子展ー静かに時を見つめてー


| - | 11:39 | comments(0) | - |
切なさと儚さと温かさを描きたい

怒涛の1週間でした。
月曜は1限目授業だけして伊賀上野へ。。元永定正先生の命日に行われて来た「くれない忌」、今年の10回目をもって終了するとお聞きして、やはり行かねば…と。帰宅は夜中12時前になったけれど、行けて良かった・・・

火曜は午前午後ともに大学授業。水曜何とかアトリエで制作し、木曜は朝からNHK講座の生徒さんらの「彩洋会」展搬入展示、無事作業完了して飛び出しかけたら、生徒の皆さんから私の受賞記念にブルーのお花を贈呈されて感激。。。感謝でした。(展覧会は11日火曜までです。)

それから北野ガーデンへ、神戸文化支援基金30周年記念「こぶし志縁賞」受賞者として招かれた会へ駆けつけ。授賞者30名(組)への島田誠理事長のメッセージビデオが流れ、私への言葉にまた涙腺が緩みました。神戸支援基金が立ち上がる頃に海文堂ギャラリーでの初個展。あれから本当に色々な事があったけれど、どんな時も何とかして絵を描き続けて良かったと思わせて頂けた日となりました。(この受賞者の記念展もギャラリー島田で11日までです)

画像は今日アトリエで制作していた絵、「一緒に連れて行ってくれたら…」
11月の神戸ギャラリー島田での個展に出品します。
大学院時代の(40年前の¡)油彩から最新作を出品、この40年、作品の変化を期待されることもあり、色々模索したりもしてきたけれど、やはり私が描きたいのは、大切な存在の切なさとはかなさと温かさであると…ひたすら変わらずに描き続ける画家がいてもいいのではと思う今です。

| - | 22:54 | comments(0) | - |
芸術の秋 展覧会が次々と…
今日で9月も終わり10月へ。日々が本当にあっという間に流れて行きます。
芸術の秋、展覧会の案内状が続々とと届き…全部はとても行けないなと申し訳なく思いながら、こちらも展覧会のご案内です。

先日あげた、神戸文化支援基金の設立30周年記念こぶし志縁賞受賞者・または団体30名(組)の記念展-(私も作品1点と活動資料を展示頂いています)
≪神戸文化支援基金のこれまでとこれから≫展
10月1日(土)〜11日(火)11:00〜18:00*最終日は16:00まで
ギャラリー島田 http://gallery-shimada.com


私が教えるNHK文化センター神戸の「大好きな絵を描こう」講座生徒さん達の年に一度の展覧会「彩洋会」第11回作品展-(生徒さん達渾身の力作50点が並びます。私は「Imagine」を賛助出品)
10月6日(木)〜11日(火)10:00〜18:00*初日は11時から。最終日は16時まで  みなせ画廊 神戸市中央区元町通5−8−1

お近くへ行かれる事ありましたら、ぜひご高覧下さい。
| - | 00:12 | comments(0) | - |
大好きな秋が来て・・・賞を頂きました。
この度、公益財団法人 神戸文化支援基金(愛称・こぶし基金)が設立30周年を記念して、兵庫・神戸の芸術文化に長く関わって来た人または団体30組に贈られる賞「こぶし志縁賞」を頂く事になりました。
銀座の個展中に連絡があり、光栄で感激していたのですが、公式発表までは言えずにいました。
11月の個展もありバタバタなのですが、その前に10月1日から受賞者記念展がギャラリー島田で開催されます
財団の歩みも見に来て頂くと幸いです。31年前、海文堂ギャラリーでの初個展時、神戸文化支援基金の前身・亀井純子文化基金を、名もなき芸術家や音楽家支援のために立ち上げるべく動いてられたのが、懐かしく思い出されます。また展覧会詳細は告知しますね。

10月6日からの、年に1度のNHK講座生徒さんらの展覧会も迫ってきました。皆さん頑張っておられて、また去年よりさらに充実した展になりそう…明日は展覧会前準備も佳境の教室の日、こちらもしっかり皆さんの絵に向き合わないと、と思います。
| - | 00:06 | comments(0) | - |
銀座個展無事終了…感謝を胸に、11月神戸の個展へ向かいます。
10日、無事に銀座ギャラリー枝香庵での個展終了しました。
後半も、沢山の方々が来廊下さって、、、嬉しかったのは、一時は命も危ういような山岳事故にあい心配していた先輩が、奇跡的にリハビリも進んで来てくれて、以前のように愉快に笑わせてくれた事。本当に大変な思いをされただろう奥さんと3人で夕食にも行って、元気に話される姿に、時々泣きそうになるのをこらえながら一緒に笑って…あぁ本当に良かったなと。
 また、一度見に来られてから、二度三度と見に来て下さった方があったり、たまたま入って来たけど、リモートの仕事でこもりきりの毎日で、この絵のブルーや海風を感じて心がすっとしたと言ってくれた方、2014年の三木市立堀光美術館での個展後に、三木市の実家に帰ってたまたま美術館で私の展のチラシを見てファンになってくれていた人が、私が不在の時に画廊に来てオーナーと話をされ、後半私がいる日にまた再訪してくれたりも…
最終日に、「The scene from CabinA-海風に吹かれて新たな光の地へ」を購入下さったUさんは、今までも銀座の個展ではいつも来て下さってるコレクターさんでしたが、山形にある病院とご縁ができて、絵を運んで飾っていると。私のその30号の絵もそこに飾りたいと言って下さって、遠い北の地の病院で、私の絵の海風やブルーにホッとしてくれたら・・ととてもうれしく感謝の締めくくりとなりました。
初日に一番に来て下さった、亡き父が病院でお世話になったNさんから始まって、沢山の感謝を胸に終える事ができまた次への力もいただいて、帰ってきてすぐに11月の個展の打ち合わせにギャラリー島田へ。
来週には始まる大学授業の準備も、次の個展の準備も頑張っています。

| - | 00:22 | comments(0) | - |
銀座ギャラリー枝香庵での個展、感謝と共に後半へ

31日、朝5時起きで上京して展示作業、3フロア65点。カフェ休みにし一緒に行ってくれた次女に最上階の挿絵原画30点を任せ、夕方6時半まで。メインの7階大きめ作品達と7.5階のフロア、その間の階段壁面へのタブロー作品30数点は私が配置を考え展示しましたが、一人では夜中までかかったはず。キャプション作ったり、梱包といたり、その空き箱達を片づけてくれた画廊スタッフさん達と、次女に、心から感謝でした。

初日1日には、懐かしい方、初めての方、思いがけない方も、色々に来て下さって、終了後は3日のコンサートの最終打ち合わせを、忙しく愛知と静岡での仕事から飛んで来てくれた布垣氏と画廊オーナーと3人で・・・
3日は色々直前のハプニングにヒヤッとしながらも、無事2年越しでのコンサートが開催できました。
ブルーの私の世界とリンクする曲たちを、温かいトークはさみながら、ギターと歌で、満席のお客様たちを魅了してくれた布垣氏。私とオーナーも、リクエストしたユーミンの名曲「陰りゆく部屋」から始まったコンサートに感動しながら、また、絵の世界が広がってゆくような素晴らしい時間を頂きました。平和を願う「イマジン」も、今まさに心に沁みた事でした。

(当日の入場料は全てウクライナ難民支援のためにと、国連UNHCR協会に布垣氏がすぐ翌日に寄付してくれました。)

遠くからこの絵と音楽とのコラボの為に2年越しで楽しみにしてかけつけてくれた人、超多忙な仕事を何とかこなし時間作って来て下さった方、布垣氏自身トヨタ博物館館長だけでなく、社会貢献事業部と、10月オープンの富士モータースポーツミュージアム館長も兼任とかで、オープン迫り超多忙に愛知・東京本社・静岡を飛び回る中で、本当に奇跡のような、一期一会のひと時を頂いた気がします。

昨日・今日はいったん戻って、雑用や制作(次は11月の神戸ギャラリー島田個展)をこなし、明日夕方からまた後半へ向け上京し、8〜10日は会場の銀座・ギャラリー枝香庵に詰めます。
沢山の感謝を胸に・・・

| - | 12:46 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2022 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ