YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
芦屋カトリック教会-23 年前の11月…喜びと悲しみの切ない残像
昨日は、また朝からサッカー部運営会議。昨年度役員として最後の会議で、来週の総会で今年度の役員さんに引き継ぎをしたら役目を終えます。土日の練習のお世話当番や、試合に車出したりするのは今年も引き続きですが、その連絡を回すのや、配車の段取り、当番を決めたり親睦会を段取りしたり試合時の世話や救急セットの管理・補充、学年会計、その他諸々……の仕事は、やっとバトンタッチ。ちょっとホッとしています。

会議の前、他学年役員のお母さんから「新聞見ましたよ!受賞おめでとうございます、画家さんなんて知らなかったからびっくりしました!」と声かけられ、ちょっとはにかみオバサンに。

夕方、阪急芦屋川近くのギャラリーへ行くため、最寄の阪神西宮から芦屋まで乗り、芦屋川沿いを山手まで往復したのですが、川添いに変わらず建つ芦屋カトリック教会の前で思わず立ち止まりました。
ここは23年前-1985年11月に結婚式を挙げた場所。まだ母も元気に幸せそうな笑顔で、この階段前で私に並んで写真に納まり、その黒留め袖の母の姿が、翌年体調を崩しさらに翌年の5月の早すぎるお葬式の、悲しい遺影となったのです。
今も我が家に飾ってある、微笑む母の写真の後ろには、確かにこの教会が…
もう車では何回も通っている道なのですが、久しぶりに歩いて目の前に佇むと、たそがれの空気も手伝い何だか切なく…
神様の祝福を受けライスシャワーを浴びながらこの階段を降りたあの日。喜びの中では、僅か1年半後にあんなに悲しい別れがやってくるとは、誰一人思いもしなかったのです。
喜びと悲しみの、切ない残像・・・
| - | 00:04 | comments(0) | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2024 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ