YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
大切な人が突然逝ってしまう事・・・
誰もができるなら体験したくない事だけれど、大切な人が、愛しい存在が、ある日突然いなくなってしまう・・そんな胸がつぶれる思いの出来事が、悲しいかな現実にはほんとに突然襲うことがあります。

先週25日は、尼崎での、JR福知山線脱線事故3周年でした。
3年前のあの日、大学で朝から授業をしていた私は、休憩時間に共同研究室のPCに映し出されたニュース映像に、目を疑いました。そして、大学にも近くの国道を次々走る救急車の音が響き、入ってくるニュースでは次々増えていく犠牲者の予想数、授業にまだ来ていない学生の安否を気にし、胸はざわざわとしめつけられました。幸いその授業の学生たちは、事故の影響で遅れた子はいても、皆無事だったのでしたが、後日、高校の同級生が亡くなったことがわかり、ふさぎ込んでいた二人の女子学生がいました。
新聞などで報道される犠牲者の遺族の方々の様子に、何年たっても癒えない喪失感(姉の死・母の死)を抱える私には痛いほど、その辛さが伝わってきました。

土曜に見た『ゼロからの風」の映画もまた、それが実話であっただけに、夫も病で失い、これからは僕がと自分を優しく支えてくれていた19歳の息子を突然無謀な悪質運転の交通事故で失う母親の心の痛みが、あまりにも実感できて、涙が止まりませんでした。

大切な人の存在の、切なさ・はかなさ・温かさ・・
それを祈るような気持ちで今日も絵にしています。
そうすることで、自分自身が少し癒されながら・・・
| - | 02:50 | comments(0) | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2024 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ