YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
連休・・賑わうヨット・・続くサッカー試合・・そして涙
昨日も今日も天気には恵まれ(今日の昼前は少し曇天から小雨ぱらつきましたがその後また晴れ…)、連休を楽しむヨットが、(ヨットレースがあったのかも知れません)、青い海に次々並んで白い帆が数え切れないほどでした。
(画像は昨日、息子のサッカー試合から帰った後ベランダから。)

昨日も今日も、昼間はサッカー公式試合に武庫川団地にある小学校まで息子達を車で運び、夜中は制作-・・の、「連休」と言うより休みなしの2日間でした。
でも、今日はまた素敵な感動を貰いました。
それは、息子らが戦った相手チームと、そのゴールキーパー。
昨日は強豪チームとも引き分け、今日午前中第1試合は大量得点で勝利した息子ら西宮浜小チームと、午後からの対戦相手の春風小チームは、SC21予選ブロックリーグでこの数試合負けなしで来たチーム同士。勝った方が決勝戦へ進むという、どちらのチームにとっても絶対負けられない試合。両チームともに、声かけあいながら必死で動き回り、相手とぶつかり合い、ラインぎりぎりまでボールを追うのをあきらめない、それは見ごたえある熱戦となりました。
そんな中、前半こちらが2点を決めたのですが、向こうも何度も鋭いシュートが惜しくもはずれる連続、いつ逆転の展開になるかもしれない緊張感の中、後半に。
こちらのキーパーも、常に大きな声でみんなに声かけ、よくとめる名キーパーyuuichiro君だったのですが、相手チームのキーパーも、今まで対戦した中で、一番みなに声かけ、よく動き(息子はPKをもらったものの、見事に読まれとめられました)チームのムードメーカーとなっていました。
後半残り少なくなってくると、さすがにリードされてる春風小のほうは、焦りと、負けるのかもという気持ちが出てくる・・それを、「まだあきらめるな!」「まだいける!1点ずつ返そう!」と大声でチームメートに後から声かけ続けたキーパー。その彼が、味方がわがチームのシュートをカバーしようと蹴ったボールがゴールしかけてヘディングでかわそうとして、まさかのオウンゴール。・・・自分が相手チームに得点を加えてしまった・・・くずれるようにしゃがみこみました。
思わず、こちら西宮浜を賑やかに応援していた母たちも、皆、彼を見つめ言葉を失いました。
敵チームとはいえ、彼がどんなにがんばっていたか、みんなこの目でみていたから・・
でもでも、その後、のこり2〜3分。彼は必死で袖で涙をぬぐいながら、搾り出すように「1点かかえそー」「最後までがんばろう!」仲間に声をかけ・・そしてまた、春風のほかの選手も、最後の最後まで、果敢にくらいつき、こちらのゴールを脅かす攻めを見せてくれました。

終了のホイッスル・・・それぞれ相手チームに挨拶。私たちは、本当にいい試合をさせてくれた春風のメンバーと、涙、涙のゴールキーパー君に、心から拍手。私はもらい泣きしながら、感動に感謝・・でした。
| - | 23:13 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2024 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ