YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
生きる姿勢- 作家として人として
このところ色々なオファーが相次いであり、絵の仕事、教師の仕事、ボランティアの仕事、地域の仕事、母親としての仕事、時間的物理的に可能・不可能も含め、その取捨選択の判断規準、返事には、生き方の姿勢も問われる思いで考えたり悩んだり。そんな条件で受けるべきでないとの意見に、私がそこまでの器かと自問し、でも傲慢ではないプライドも大事。自分らしいポリシーを持ち、断る勇気も時には必要。ただ、仕事にも自分にもいつも誠実ではありたいと思う。
| - | 16:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
>断る勇気も時には必要。

その通りだと思います。無理して引き受けて、かえって迷惑をかけることもあるからね。それにカラダを壊したら何にもならないし。

最近のアタシは断るほどのオファーがない…。
一度断った仕事は二度とこなくなっちゃったし。トホホ。
| coo | 2006/03/20 5:32 PM |

八方美人は如何なものか?
画家である以上、絵と教師のお仕事はやり抜いて欲しい
後は出来る範囲で健康と相談してください,
でもお若いようですので、少々の無理は効きそうですよネ・・・
| gaiya | 2006/03/20 7:38 PM |

家族の食事、お弁当がよく登場してますが、2人のお嬢さんはお手伝いをされてますか?
今頃のお母さんは子供に家事を手伝わせておられないように聞きますが・・・・?
| roubasinn | 2006/03/20 7:44 PM |

コメント色々ありがとうございます。
cooさん、そうそう、断ってから後で後悔してしまうことも・・。
gaiyaさん、絵の仕事での判断基準が一番むずかしいです。一昨日、百貨店での展覧会のオファーを、自問自答したり尊敬するS氏に相談したりして条件に鑑みてお断りしたところです。
roubasinnさん、うちの娘達、小学生の頃から、子供にできる簡単レシピブックなど与えて、週に一度忙しい母が大學から遅くなる日に夕食作りをしてもらい、それを写真にとってやったアルバムがたくさん貯まっています。でも、大きくなるにつれクラブが休みなく遅くなったり、子供も忙しく(我が家は塾には行かせてませんが)食事作れる時間に帰れなくなりましたが、洗濯物片付けやお風呂洗いなど、小3の息子も含め毎日必ず家事は分担させ、おかげで私が入院した時やデンマークの展覧会に飛んでった時も、仕事で不在がちなお父さんより子供3人に何とか家事を指示しておけました。でも、普段私がやりすぎるきらいはありますね(と友人に言われます)
| yoko.I | 2006/03/21 2:31 AM |










http://yokoscene.blog.bai.ne.jp/trackback/43350
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ