YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
届けられた「ちょっと いい話」…
文藝春秋社から「オール讀物」3・4月合併号が届いて、「え?」「何?」と不思議に思いながら開けると、付箋がついたページ「ちょっと いい話」に、ノンフィクション作家・後藤正治先生が、私の絵の事を書いて下さっていました。有り難くて…じんと来て…少し長くなりますが、以下に転記します。

「 ≪ ちょっと いい話 ≫  ノンフィクション作家・後藤正治

神戸の下町に暮らす画家、石井一男さんを主人公にした拙著『奇蹟の画家』を刊行したのは十余年前の事。ギャラリー島田を主宰する島田誠さんと知り合い、紹介してもらった画家であったが、もう一人、親しくさせてもらってきた画家に井上よう子さんがいる。
 淡い空色の、あるいは深い海のブルーを基調に、幾条にも差し込む光の帯が綾なす絵は美しい。遠い記憶に誘われるような風景絵で、個展でひと目見て魅了された。
 以降、何点か購入させて貰い、拙宅の居間や仕事場に掛けているのだが、石井さんや井上さんに出会う以前、絵を買いたいと思ったことはなく、老年になって覚えたささやかな趣味ともなった。
 夕食をともにした日もあるが、井上さんの人生にも痛切な出来事があったようで、美しい絵のモチーフには喪失と再生が込められているように思えた。エッセイ集の挿画にも使わせていただいた。
 井上さんに私的な頼みごとをしたことがある。
 個展で、遠くの海岸線を走る犬の図柄の絵を見て思い至ったもので、その絵はすでに購入済の赤い印が打たれていた。私は犬好きで、「ゴロ」と呼んでいたシーズー犬がいる。ずっと前に死んでしまったのだが、ふっと、もう1枚、同じような構図の絵を描いていただくことはできないでしょうか、と。
 快諾をいただき、暫くして、「海岸線を走るゴロ」が送られてきた。十六号大の絵で、広々とした大空に白雲がたなびき、下方には横にひと筋、海が走り、茶色の砂浜が広がっている。その上を、ゴロと思しき小さな犬が駆け、後方から人の影が追っているー。
 この絵は台所の壁に掛けてきた。就寝前、焼酎の水割りを手に、ぼんやりと絵を見やっていると、かすかに語りかけてくるものがある。一日の中、私のささやかな良きひとときともなっている。
 縁とは不思議なもので、もとをたどれば、神戸でたまたまの出会いがあったおかげである。もともと趣味の乏しい男で、本を読むぐらいしか能がない。いつも、ご趣味は?と問われると困ってしまうのだが、先般、某新聞社の文化部記者に問われ、「絵の鑑賞」という言葉が口に出て自分でもびっくりした。赤面気味ではあったが。」

一日の終りにゆっくりと絵を眺め、それが良きひとときとなっている…
そんな風に絵を眺めてもらう事、それは絵を描く者にとって何よりの幸せ
温かなものを心に頂いた思いで、今日も絵に向かっています。
| - | 01:48 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< April 2021 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ