YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
冬に
明け方の雨から、今日は急に冷え込んで、冬がやってきたなと。。明日もさらに寒くなるとの事、風邪、インフルエンザ、気をつけて下さいね。

個展搬入は来週の金曜日に迫って、できた作品たちにフレームを付けたり、リストアップして行ったりしながら、ぎりぎりまでまだ描いてる絵もあります。
案内状を発送した方からメールやお便りも続々と入ってきて、「行きます!」、「楽しみです」、等の言葉にまた身の引き締まる思いで、展示のイメージ(今回ギャラリー1階の2つのスペースを使ってなので、其々の部屋の作品の配分など)を考えたりもしています。様々なブルーの世界に浸ってもらえますように…
神戸はルミナリエの季節でもあり、ギャラリー近くの北野坂でも両側にイルミネーションがきれいです。
以下、ギャラリー島田画廊通信に載せて貰った個展に向けたメッセージです。

井上よう子−言葉がくれたもの―12.7(土)〜18(水)
小学時代「アンネの日記」に衝撃を受け、中3での姉の死から大きな喪失感を抱えた高校時代は、石川啄木「一握の砂」「悲しき玩具」、高村光太郎「智恵子抄」に、失われゆく自己・存在・命への愛おしさ、激しくはない静かな言葉にこそ宿る深淵な哀しみを共感していた。描き続けて来た絵には、そんな言葉達から受けた物が少なからず影響していると思う。
近年「言葉」に寄り添う依頼が重なり、不思議な気持ちでいる。
白石一文さんの小説への挿絵、後藤正治先生の「節義のために」「言葉を旅する」の装幀画…他。今年は村上春樹展や装幀画展、図書館での展示依頼。
変わらずブルーに塗(まみ)れ、光を追いながら、言葉と共に…の展を構想しています。

| - | 00:03 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ