YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
秋の風に吹かれて・・・色々に感謝
朝夕に秋の風感じるようになりました。
名残りの夏を駆け抜けるように、8月のシアトルの余韻も覚めない中、東京へ、その後に信州・富士見高原へも行ってきました。
東京では1日だけ銀座・ギャラリー枝香庵「わたしの中の村上春樹掘彭犬傍佑瓠⊃景肱∈楙説挿絵描いた時の担当編集者栄籐さん、小説家・樋口毅宏さん(週刊新潮に連載された「おっぱいがほしい−男の子育て日記」や近作「東京パパ友ラブストーリー」に私の絵を登場させて下さってる、過激な発言をされる正直さととても心優しい愛妻家の面を持つ育児パパ小説家)にも久しぶりにお会いできて嬉しかったことでした。多忙な中来て下さって感謝。(私のいない時に見に来て下さった方もすみません!感謝です)
翌日には、東京都美術館「伊庭靖子展 まなざしのあわい」、森美術館『塩田千春展 魂がふるえる」、東京ステーションギャラリー「岸田劉生展」。
どれも拝見できて良かったと思える展…中でも塩田千春展は胸が締め付けられるような…まさに魂が震える物でした。
信州へは、車で走るのは何年ぶりだろうか…中々まとまった休みが取れない次女(シアトルにもできれば一緒に行きたかったと)を連れて行きたくて、彼女が火・水休める週に運転交代しながらなら行ける!と誘って、富士見高原ギャラリーで開催の井上直久展(7月から9月16日で終了)へ。高校時代に井上先生に教えてもらった美術室の懐かしい絵にじんときたり、ジブリ作の「イバラード時間」の映像を二人でゆっくり贅沢に拝見したり。
井上先生がライブ制作とトークされた日は父の初盆と重なり行けずでしたが、遠方からもそれは沢山の方が来られたと、館長さん。私や友人らにとっても、井上先生との出会い、その影響力は多大でした。
先生が泊まられたペンションに泊まって、翌朝は清流の流れる原始の森(地元の方しか入れない所、宮崎駿監督は「もののけ姫」のモチーフにされた場所、井上先生も滞在時にそこで水彩スケッチされたのが会場に展示されてて)に案内も頂いて感謝…短い時間でしたが、心身癒される時を頂きました。
何とか「安曇野ちひろ美術館」へも走って高速飛ばして、京都に次女を送って、深夜に西宮へ帰宅。

それぞれの場所で色々に心に貰ったものを、今、アトリエでの制作にも生かしていきたいと頑張っています。

来週から大学授業もスタート。NHK講座の年に1度に展覧会も迫り、私は10月の金沢から銀座へ巡回の装丁画展、12月の個展、それぞれの準備にも追われています。

| - | 12:05 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ