YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
込められた想い
昨日は、明石の父宅へ行かねばもあり、明石市立博物館で開催中の「いわさきちひろ」展へ。そして所用済ませてから兵庫県立美術館「天野喜孝」展「舟越桂」展。舟越展は2回目。
10か月と1歳の子を描き分けられたというちひろさん、すごい数の子供のスケッチを重ね、息子さんモデルにの絵も多く、子供への愛あるまなざし。優しいタッチ、色のにじみぼかし・・見る者の心をとかしてくれます。でも、買った画集に添えられた山田洋次監督の言葉
「いわさきちひろの描く透明で繊細な美しい絵―。僕はその向こうに何かズシンと重くて硬いものを感じます。それは、ちひろの絵の底にある、人間の愚かさに対する静かで強い怒りなのだと思います。われわれは、どんな理由であれ、人と人が殺し合う戦争に絶対反対するという、ちひろの思想を大切に守りながら、ちひろ美術館の活動を力強く推し進めていきたいと思います」ちひろさんの遺した言葉「青春時代のあの若々しい希望を何もかも打ち砕いてしまう戦争体験があったことが私の生き方を大きく方向づけているんだと思います…」すぐれぬ体調押して完成させた「戦火のなかの子供たち」世界中のこどもみんなに平和としあわせを…がんで55歳で亡くなられた。

天野喜孝氏の、みなしごハッチのような可愛らしいキャラクターからファイナルファンタジーのストーリー性、怖いような張りつめた絵やエロスまで。
舟越桂氏の作品の哲学性、、見る物に深い考察を課すタイトル・・人の存在へのひりひりするような問いかけ・・2度目でもじっと見入り・・

いい仕事の裏には、命削る闘いがある…
どれも明日までです。

今日はNHKの「大好きな絵を描こう講座」朝から。
皆さん秋の年1回の展覧会に向け熱意もって制作、こちらもまた真剣に向き合って・・
そのあと、ギャラリー島田の鴨井玲展にも2度目。
今回特別展示の、遺書とみられる殴り書きメモの、読みとれてない部分の解読に、自殺する前の画家の心に思いをはせ、はまってしまっています。
この、無料でいいのかと思うような展覧会は来週水曜日までです。
| - | 22:58 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2023 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ