YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
虚実の境界はあまりに危うくて…
多感な思春期に突然亡くなった姉の事は自分でも自覚している以上に深層心理にあって、芸大に入って絵を描きだした時根底にあるものが自然に立ち現れて自分でもどきりとしました。父母の悲しみの前に自分はしっかりしないとと中3から高3は心の奥深く沈めていた思いが絵に…。まだ幼い心にはいくら自殺ほのめかしても簡単に消えるはずないとどこかで信じてた…人間ってなんてはかなく危うい存在って事実感として知り(だから愛おしい)そこからまた永い時を経て今…人間だけでなく目の前にある穏やかな日々も、震災や事故や、時には人災である日突然に崩れさる。
明日は無事来るのだろうか…今の日本に危うさも感じ自分自身突然消えゆくかも知れないのに、日々必死で頑張る事にもふと空しさ感じる日もあります。
でも、身近に生まれくる命や、被災地で頑張る若者のエピソード、愛する人失って立っていられないほどの悲しみが時を経ても襲う中頑張ってる方の事思い、きっと彼方に希望の光もあると思いたい…そんな思いで今日も絵を描いていました。絵がもたらす力信じて…
| - | 22:45 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ