YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
「絵に生きる絵を生きる」

ギャラリー島田社長の島田誠さん、ずっと私のblogを読んで下さってる方は、今私が画家としてやって行けてるのは、島田さんとの出会いがあったから……
そんな人生の大恩人である事、知って下さってるかなと思います。

その島田さんが、ギャラリーオーナーとして関わった、とりわけその生き方自身に島田さんが関わらずにはおれなかった、大変だけど才能は天才級という5人の作家について、2年がかりで執筆された本が出版されました。

その出版記念トーク、島田さんがまな板の鯉になって、あの「奇蹟の画家」の後藤先生と昨年直木賞作家の白石さんと…

三人それぞれに色々な方と付き合い、人間を深く考察されてきた方だけに、言葉のひとつひとつに深い思い…

白石さんの、「親も作家だったから書いた物を見ると読みたくなる変な癖がある、島田さんのももうすぐ本にと聞いても校正の状態でも見せてくれと頼んで、読ませて貰ったらもうぐんぐん引き込まれた、息苦しくなるくらいのものがそこにあった…」

後藤先生の「島田さんの言葉で、命を削って絵を描く…が心に残ってる。まさに創作活動をする者にとってその行為は「命を削って」と言うのがあるわけで…」
「島田さんは、贅沢な、というか豊かなというのがいいか、人だなとつくづく思います。本に書かれた方もだし、本当に沢山の、色々を抱えられた作家たちと関わって…。ちょっとジェラシーを感じるくらい…」

島田さんが「何をおっしゃる後藤先生の方が…」と返されたりしながら、本当に中身の濃いいいトーク…

予約の方々で満席で、後ろは立見も。でもその60名ほど皆が、一生懸命耳を傾け話しを聞いてる…一番後ろから見ていて、何だか胸が熱くなっていました。
本に書かれた5人の作家、亡くなられた高野氏一人除き、松村光秀・山内雅夫・・武内ヒロクニ・石井一男
皆さん、来られていたのです。

1時間のトークの後、ギャラリー主催の感謝の集い。

来月22日から個展させて頂く、東京銀座のギャラリー枝香庵さんも東京から駆け付けられて、私は搬入の打ち合わせもさせて頂いて…
ギャラリー島田を通じての温かい繋がりある沢山の方々ともお会いでき…
夕方アトリエから駆け付けてからの、本当に密度の濃い数時間でした。


明日はNHK文化センターで教える方々の展覧会展示が朝一番から。
JR神戸駅前、HDC神戸地下一階、特設会場で、他の講座と共にの展覧会。
私が教える「大好きな絵を描こう」講座の皆さんの自由に楽しみながら描かれた作品たちを、お近く行かれたら見てあげて下さい。
9/1〜6、10:00−18:00です。
| - | 01:21 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ