YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
霧のむこうに住みたい
「心に残る荒れた風景のなかに、ときどき帰って住んでみるのもわるくない。」

須賀敦子さんの「霧のむこうに住みたい」河出書房新社 という本を見つけました。
敦子さんの全集は読んで行くつもりでいる私(でも8巻のうち、まだわずか1巻)…その中にはこんなタイトルの本はなかったはず

でも初版は2003年…(4刷が今年)

タイトルに惹かれ…帯の裏の冒頭の言葉にまた引き付けられました。
江國香織さんの解説
「須賀敦子さんの御本を読んでいると、どうしてだろう、雨が降っている気分になる。いつも。」
という書き出しも素敵です。

先日、京都の北の方、一乗寺にある素敵な本屋さんに連れて行って頂いたおかげで出会う事ができました。(モーネの由季子サンの本も2種類目立つ形に平積みされてました)
ギャラリーへ詰める日に読んでみようと思います。(昨日は読もうと持って行ったけれど、日曜日という事もあり、有り難いことに次々来客で、読めず…来て下さった方々は有り難うございました。)
| - | 14:16 | comments(4) | - |
日曜日のNHKでこの作家を知り、読んでみたいと思い図書館で予約しました。
出身地が阪急夙川とか、親近感も一因ですが・・・
| tansabo | 2010/02/23 4:20 AM |

tansaboさん 須賀敦子さんは、実は私の母のいとこなんです。
夙川の大きな家で、祖母(敦子さんの叔母になる)やらと大家族で育ちはった恵まれた環境で育まれた資質と、イタリアに留学されてからは結構左翼的な貧しいけど熱い思想で結ばれてる中で活動されたり・・・、そういう幅広い視野からと、たぶん生まれ持った詩的な抒情性とで、本当に素敵な文章を書かれています。亡くなるのが早すぎたのですが・・
| yoko.I | 2010/02/23 11:26 PM |

いつも気にしながら拝見しております
聖心女子大出身の若い友人に須賀敦子さんについてNHKをみての感想を話したところ、緒方、曽野綾子氏らは話題に上るが須賀さんは一度も耳にしたことがない、そんな素晴らしい作家が学校でなぜ紹介されないのか不思議と話されてました
左翼的な・・・で勝手に理解しました

| tansabo | 2010/02/24 8:14 PM |

tansaboさん そうなんですね・・・
| yoko.I | 2010/02/24 11:23 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2023 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ