YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
病気の日の思い出
ゆうべからちょっと熱が出て・・・一昨日寝不足でサッカー応援が応えたのか、その上昨日今年の商売繁盛運を祈る思いで西宮戎神社(十日戎最終日・残り福)への福笹頂きに(昨年のは返して)ものすごい人ごみに駆け込みで行ったのも駄目押しだったのか・・今日も一日熱。
早朝いつもどおり起きて、朝食準備もして、子供ら順番に送り出してから、成績提出とシラバス打ち合わせに行く予定だったS大学へは、授業はないので、電話連絡とったりしながら、成績は簡易書留で送る段取りして、病院行く前に郵便局へ・・で何とか・・

子供のころは、熱が出て寝ていたら、母が様子を見に来てくれたり、「買い物いくけど、何か買ってきてあげよか?」と、食欲のない私に、果物やカステラを買ってきてくれました。
風邪のひき始めには、卵酒を造ってくれて(子供向けに日本酒は倍に薄めたと言ってたけど)アツアツの甘くてとろっとした美味しさと、そのあとポッポと体が熱くほてったのが懐かしい・・
食べられないときには、リンゴのすりおろしをいつも作ってくれたのも美味しかったなあ・・そんな色々なしあわせな思いが、病気の日の思い出を温かいものにしてくれたんだなと、ふと思い出されて・・
でも、だから私も、子供らや家族が病気になると、自分がしてもらったように、いろいろとしてやりたいと思ってしてこれたのだとつくづく・・・今は亡き母に感謝。

自分は今は熱がでてしんどくても、何でも自分でするしかない大人なわけだけど、やるべきことを(あとで大変になるにしても、)「熱だし今日は仕方ないな・・」ってあきらめて、ベッドに入って横になりながら、読めていなかった読みたい本を読めたのは、これもある意味しあわせな時間でした。(前に40度近い熱のときや、吐き気がひどいときはそうもいかなかったけれど)

夕方何とかクリームシチューやサラダやら夕食準備して、予約していた病院へ。9年前に手術入院しているのに、その後簡単な毎年の健康診断のみで、(忙しすぎたのだけど)内視鏡検査を1年ごとに受けていなかったことにお叱りの言葉。昨年からまた時々微熱が続くことに険しい顔される先生に、こちらが緊張すると、「まあ怖がらずに来てください」と、2月に内視鏡検査の予約を入れられました。
場合によっては検査と同時に切除して、その後一週間ほど安静にしてもらいます・・
9年前は、切除したものが悪性なら、そのまま病院から出られなくなる可能性も言われて、母のこともあったし、身辺整理もして、悲壮な思いで入院手術にむかったのでしたが・・、今回はまだ大丈夫・・と思いつつも、やはり一抹の不安。
| - | 00:10 | comments(3) | - |
初めてお邪魔させていただきます。
HNはaostaです。
ブログタイトルの「病気の日の思い出」、小さかったころの私の思い出に重なるところがあって、懐かしく拝見しました。病気の時は林檎のすりおろし、これは必須アイテムでしたね。ほんのりと広がる林檎の香りはなぜか透明で、熱で火照った身体にひんやりと心地よかったこと・・・
こちらで初めて見せていただいた井上さんの作品にも、あの時の林檎につながる涼しさのようなものを感じました。
深い青です。
決して厚塗りではなく透明な色なのに、その透明さの中から透けて見えてくる不思議な気配がありました。
当地信州では朝からサラサラの粉雪。
止んだ後も風に運ばれて林の中をキラキラと舞っています。時折のぞく空の青さに井上さんの青を思い出しました。

体調がすぐれないとのこと、どうぞお大事になさってください。
| aosta | 2010/01/13 10:27 AM |

なんにもないことを祈っちょく!
| おなか | 2010/01/13 9:52 PM |

aostaさん
素敵な文章での書き込み、ありがとうございます。
信州にお住まいなんですね、林間スキーで新雪がキラキラ舞った風景を思い出していました。こちら兵庫県西宮の平地でも、時々雪が舞った寒い日でした。(今日は熱も下がって、大学へ行っていました)

おなかくん
ありがとう。また、パスタ食べに行けますように。
| yoko.I | 2010/01/13 11:40 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2023 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ