YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
おばあちゃんの文机

井上本家のリビングの隅に、昔の書生さんが勉強したような文机が。
聞けば、テディベア作りなど細かい手仕事をする義母の為に、義兄ことseiken工作所が手作りした文机。
夏休みの宿題を溜め込んでしまってる息子は、そこでしばしドリルをさせて貰ったのですが、義兄の母を思いやる温もりが伝わるようで、何だかとても心温まるスペースでした。

京都芸大のプロダクトデザインの非常勤講師としても教える義兄(長女は芸大でお世話になっています)が会話の中で
「デザインには、人への思いやり・心配りが大切やから…」
の言葉に深くうなづいていた私です。
| - | 00:36 | comments(4) | - |
実際に使えるちゃんとしたモノを作る仕事ってうらやましい。

ここんとこ絵やげーじつに疑り深ぉなってしょうがない。
| おなか | 2009/08/17 4:37 PM |

おなかくん 
あまりに「画家」や「デザイナー」・・はたまた「アーティスト」と称する人が多くなりすぎて・・あるいはそのありようにも、疑問を感じることが、私もよくあります。そして自分自身にも・・
| yoko.I | 2009/08/17 9:06 PM |

昔から虐げられてる人や貧しさに苦しんでいる人の為に創られたもんてあんまりないしなぁ。
ほとんどが、権力者や金持ちの為のもん。
国美のルーブル展なんかのポスター見るだけでも憂鬱になるわ。
| おなか | 2009/08/19 9:06 AM |

おなかくん  それゆえ、震災時に、避難所を回って、心に傷を負った子供たちと絵を描く・・スケッチブックも持てないアジアの子供たちに画材を送る・・全くお金とは無縁ながら、アートが心にくれる力があることに救いを感じ、そんな活動を起こしたおいまちゃんのピンドゥーラに助成の申請に尽力したりしたことでした。
| yoko.I | 2009/08/21 10:12 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2023 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ