YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
夜桜-敷き詰められた桜の絨毯

いよいよ昨日から、大手前大学の新年度授業のスタート。昨年度は、伊丹キャンパスでの1年生の授業中心でしたが、今年度は、さくら夙川キャンパスで、月・水・金曜、絵画(2年)と表現技法(3・4年)を担当します。
昨日は、1年でクロッキー&ドローイングを教えた面々(再会を喜んでくれました-可愛い学生達です)も多い2年生40人を、京都芸大先輩井澤先生と絵画基礎-まずはデッサンでした。

そして今日は、滋賀県の成安造形大学、昨日までの初夏を思わせる陽気から一転、冷たい雨…教室から教員控室へ戻るにも、事務所やトイレに行くにも傘が要る大学なので、休み時間に売店へケント紙買いに行かせるのも「濡らさないようにね〜」の、中々厳しい初日授業となりました。
が、前期授業のだいたいの流れ・課題説明した後、描く作業に入る前に、初々しい1年生達に、それぞれ一言ずつ自己紹介して貰い(私も授業始めにして)、あちこち遠方からの下宿生が多いので、出身地が同じ人がわかったり、変な趣味?に笑いが起こったり和やかにいいムード。
でも描きだすと皆真剣に集中もしてくれて、最後は完成作を見せあって6時終了。画塾で高校3年間デッサン習ってきた学生もいれば、デッサンは苦手、ほとんどやって来なかったと言う学生もいて、スタート時点では例年格差がかなりあるのですが、とにかく自信ない子達には、「デッサンやクロッキーは、枚数重ねて頑張ったら必ず上手くなるし、努力が必ず結果に繋がる有り難い分野やから、今上手く描けなくても全然大丈夫。今からやん!」と。
「でも逆に言えば、頑張らないで適当にサボりながら課題こなしていったら上手くはならないからね」

帰ってきたら8時半、桜通り(家の横からヨットハーバーへ続く)の夜の桜、その下に散り敷かれた桜の絨毯…
幻想空間のようでした。
| - | 01:08 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ