YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
笑って泣いて…感動の連続
昨日、久しぶりにこの西宮浜・いるか幼稚園で、仲島先生の講演がありました。どんなに忙しくたってこれは何とか時間作らねば!って時がありますよね。昨日はまさにそんな時、何とか時間をやりくりして駆け付けました。
前にも書いた事がありますが、仲島先生は、ここ西宮浜に引越して来た時の長女の担任でした。少人数で1クラス同じメンバーで1年から6年まで来た長女にとって、6年になってからの転校は不安いっぱいだったと思います。(でも、転校転校を重ねた私は、経験上、小学生のうちはまだ大丈夫。思春期になっての辛い辛い転校は3人の子供には絶対させたくないという思いがあり、定住のつもりでの転居でした)
でも、夏休みに引越した我が家に届いた残暑見舞い。それには西宮浜小学校の先生方の楽しそうなラフティングの河下りの写真と「こはるちゃん待ってるで〜」の仲島先生のメッセージ。おまけに同じマンションの同じ歳の子供が、「先生に聞いてきた。大丈夫!私らみんな転校生ばっかりやから。私は3ヶ月前、この子は半年前。新しい学校やしみんな転校生ばっかりやからすぐ仲良くなれるよ」押しかけて来てくれて、長女は新学期への不安を随分取り除いて貰いました。
今思えば、それもこれも仲島マジック。
長女らの卒業と同時に教育委員会へ移られた先生。でも現場から去り難く、卒業式迫る教室を見つめ、窓辺にじっとたたずんでられた仲島先生の後ろ姿を、たまたま大学からの帰りに車で通りながら見た私…そして卒業式のいつも元気満開だった先生の俯きがちな涙の姿、今も脳裏に焼き付いています。
担任はこちらから選べませんから、娘はなんていい出会いをさせて貰った事だと思います。
そして、仲島先生はやはり教育委員会よりも現場の人。生活が厳しくなるのも顧みず、3年前、「40人の子供達を元気にする事も大事やけど、40人の若手教師を元気に育てる事で1600人の子供を元気にできるはずや!」と48歳で職を辞し、若手教師バワーアップセミナーを定期的に西宮若竹公民館で開催しながら、全国各地へ講演に飛び回ってられます。

昨日も沢山のお母さん達の心が先生のマジックで一つになり、大笑いしたり、いろんな実際のエピソードに、涙したりー私がハンカチで何回も頬拭いながら見ると、両隣も前の方も皆さん鼻水すすりながら、ハンカチで目を押さえてられました。
心にいっぱいの愛情の貯金のある子供は、大変な事に遭遇しても乗り越える力が持てる。人にも優しくなれる。
仲島先生のその言葉には深く共感。私も嫌がられても「あんたらは私の宝物やからね〜」としょっちゅう抱きしめています。(時には学生にも)「ぎゃ〜気色悪〜」と逃げつつまんざらでもない子供らの笑顔にまた励まされつつ…

仲島正教先生HP http://www2.bbweb-arena.com/naka602
著書 教師力を磨くー若手教師が伸びる「10」のすすめ 大修館書店
| - | 23:17 | comments(2) | - |
子供の時の良い先生との出会いって本当に大切で宝物だと思います。長女は4年生の時がそうでした(^^)
ようこさん、事故じゃなくて良かったです。
子供達の為にも気をつけてくださいね。

| はむち | 2008/02/20 9:17 AM |

はむちさん ありがとう。気をつけます。
| yoko.i | 2008/02/21 12:45 AM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ