YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
だいじょうぶ だいじょうぶ…
木曜は息子の小学校の新年度初参観日でした。今週は木曜以外全て教えに出勤の為、来週送らねばならない京都の展と新聞挿絵の絵の締め切りが迫り、夜中と朝からもギリギリまで制作して駆け込みました。(その後懇談会、そして飛んで帰り,夕食準備してまた飛び出し,夕方から中学のPTA会議が8時過ぎまで…)

授業は国語、班ごとに上手に読む練習を工夫して発表。それは、いとうひろしさんという人の「だいじょうぶ だいじょうぶ」という文章でした。
昨日も泊まりに来ていたけれど、バタバタ忙しい中ゆっくり話しもできないまま,また送り出した,今年83歳になる父と、息子の姿と重なって、胸が熱くなりました。以下その文章の一部です。

[僕が今よりずっと赤ちゃんに近く、おじいちゃんが今よりずっと元気だった頃、僕とおじいちゃんは毎日のようにお散歩を楽しんでいました。
……中略……
でも、新しい発見や楽しい出会いが増えれば増えるだけ、困った事や、怖い事にも出会うようになりました。
…中略…
だけどそのたびに、おじいちゃんが助けてくれました。おじいちゃんは、僕の手を握り、おまじないのようにつぶやくのでした。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」
それは、無理してみんなと仲良くしなくてもいいんだって事でした。…中略…それはたいていの病気やけがは、いつか治るもんだって事でした。…中略…それは、この世の中、そんなに悪い事ばかりじゃないって事でした。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」ぼくとおじいちゃんは何度その言葉をくり返した事でしょう。
…中略……
僕はずいぶん大きくなりました。おじいちゃんは、ずいぶん年を取りました。
だから今度は僕の番です。おじいちゃんの手を握り、何度でも何度でも繰り返します。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」だいじょうぶだよ、おじいちゃん。]
| - | 23:03 | comments(3) | - |
うちは木曜日に社会でした。この詩は音読の宿題で読んでくれます。感情入ってるか?までは聞き取れませんが(泣)詩にはジーンとさせられますよね。昔は大家族、おじいちゃん子・おばあちゃん子も多かったものね。核家族のうち、こんな優しい子に育ってくれてるかな?(*^^*)
足もリハビリに入りました。昨日はベンチの控えと三塁コーチのみで本人は腐ってましたが、チームは勝って、来週の試合に備えてますますリハビリに熱が入っています(笑)
| はむち | 2007/04/23 10:15 AM |

うちの長女も毎日音読の宿題でこれを読みます。
毎日泣かされてます(笑)
| Lucky River | 2007/04/25 11:29 AM |

はむちさん  やはり5年生母たちは音読の宿題で聞かされていますね。でも、親が聞いてあげないといけない宿題ってのは、はむちさんのように、聞き取りにくい方々には酷ですよね・・忙しいってだけでも聞いてやって「大きな声で読めた」とか「感情に気をつけて読めた」なんて保護者のチェック入れねばならないのは苦痛なのに・・・。息子さん次の試合に出れるといいなあ・・私からもエール送っておきます!

Lucky Riverさん  やはりそちらも・・(^^)私はへたくそな息子の音読を確認しに教科書読んで、じ〜〜んでした。
| yoko.I | 2007/04/25 10:12 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ