YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
卒業式-レミオロメン「3 月9日」の歌に
遅い報告ですが、先週火曜は次女の中学卒業式がありました。
3年前、小学校の卒業式では、小さい小さい娘だったのが大きくなったナアと感慨深い思いで見つめていたところへ、一人一人卒業証書を受け取り未来への決意を言う、娘の番になって「…将来は母のように、絵で人の役に立つ仕事に就きたいです」…!の思いがけない言葉に押さえていた涙が止まらなくなり困りました。
今回は式の最後に、PTA役員として担任の先生方に花束を渡す大役があり、父兄席最前列に座らせて貰ってボロボロ泣いてはいられないなとやや緊張…卒業証書授与や、在校生の送辞、卒業生答辞も無事ジーンとしつつも聞き終え、卒業の歌。それは卒業生が選んだ、3人組バンド・レミオロメンの「3月9日」という曲でした。

流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へと続きます
…………中略……
新たな世界の入口に立ち
気付いた事は一人じゃないってこと

瞳を閉じればあなたが
まぶたの裏にいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私もそうでありたい
……中略……
上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて
………
泣きながら歌う子も多くて押さえていた私も涙が…でもそれ以上に隣にいたPTA役員仲間のYさんの咽び泣きに胸をつかれました。
彼女の1人娘Mちゃんは、次女と同じくバレーボール部員で頑張っていました。でも2年の夏休み明け頃から朝起きられなくなりました。カウンセラーとして私と同じ大学に勤めていた時期もあるお母さんは、学生達の心の相談にのりながら、我が子の不登校にどんなに胸を痛めた事でしょう。
何とか修学旅行へ参加できた事や、時々登校できた事を聞いては喜んでいました。でも、卒業式には来れませんでした。「本人も大分迷ってた…揺れてた…でもだめだったみたい」といつも通り明るく言ってくれたYさん…その彼女の想いが思わず溢れ出た鳴咽に、思わず肩を抱き抱えて一緒に泣いてしまいました。Mちゃんは先日突然お父さんに「レミオロメンの3月9日のCD買ってきて…」と珍しく頼み、毎日一生懸命聴いていたそうです。きっとみんなと一緒に歌いたかったのでしょう。そしてその姿をYさんは心から見たかったに違いありません。

金曜日、子供達は卒業した後も、5月に引き継ぐまで続くPTAの会議でYさんと会い、Mちゃんがスッキリした表情で翌日一人卒業証書を貰ったこと、単位制高校を受験にも行った事聞き、心から、心から、エールを送りたい私です。
| - | 22:41 | comments(4) | - |
良かったですね。子供の成長は本当に嬉しいものです。実は私は難聴で、会話は普通にできますが音楽は難しいので、どういう歌なのか分かりません。長女の時は「ベスト・フレンズ」でしたが、歌詞だけでも伝わってくるものがあります。
| はむち | 2007/03/22 9:22 AM |

はむちさん そうでしたか。人は弱い部分があると、その分他の感性が鋭くなるとか・・はむちさん、絵がうまかったりして・・・?
| yoko.I | 2007/03/23 1:59 AM |

どうなんでしょう(笑)24歳の時に一晩で聞こえなくなった中途失聴なので、絵もその他も取柄は無いですね。歌は上手かったんですけど(^^;;娘がコーラス部でちょっと微妙な心境の母です。
| はむち | 2007/03/23 10:06 AM |

精神的ストレスで難聴になった友人がいましたが、彼女は一時的なものでした。一晩で聞こえなくなるなんて・・きっとその上手かった歌声は、娘さんに引き継がれていますね。
| yoko.I | 2007/03/25 7:09 PM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2023 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ