YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
過去と未来への思いが交錯する中…桜が変わりなく咲き始めました
色々に、自粛や中止の中、何だか時が止まったかに思えたり…
こもって制作と、中々永年時間に追われて手付かずだった部屋の整理にも手をつけたりしていると、過去に目が行くことが多くなっていました。
お風呂場に置いてある古いペパーミントブルーのバケツは、長女が生まれた時に布おむつつけ置き洗い用に買ったもの(当時預けた公立保育所は、布おむつ使用=紙おむつはだめで、毎日20枚は持って行き、こまめに替えて下さるのでまた20枚位汚れたのを持ち帰り毎晩洗う日々でした)
3人とも小・中・高等学校になってくると、泥んこ汚れや部活であまりの汗臭いウエアを直で洗濯機には入れられないので、やはりつけ置き下洗い用に順に使い続け、そしてやがて父の汚れ物(大小便のついたもの)をやはり殺菌消毒やつけ置き下洗い用に使うようになって、、、もう本当に随分長く頑張って来てくれたんだなあ、夜中2時3時に洗濯したり、時間と必死で闘う日々を見つめてくれてきた…と感慨をもって見直したり…
本の間や教えて来た学校(中学や専門学校、大学も今の大手前以外に成安造形や京都造形芸大通信や)で使った資料などの、思いがけないところから出て来た写真やスケッチに、忘れていた記憶が蘇って、自分でも驚いたり…

そんな中、今日は、西宮浜小学校と中学校の閉校式に出席してきました。
(コロナの心配の中、小学校のグランドで、でした。)
たまたま現在この地区、マリナパーク協議会防災部長をしていることから来賓としての招待状が届き、平日の昼だし出席できないと理事長らも言われてましたが、私は大学の休み中でもあり、子供3人がお世話になった学校の閉校式見届けようと…
子供達の歌う校歌懐かしく聞きながら、この街へ引っ越してきた頃の事を思い出していました。
春からは、合併して義務教育学校として新しいスタートをされます。この浜以外の地区、今までの校区外からも来られるようになり、また良い形で活気づく学校になってほしいなと願います。(校舎はそれぞれそのまま使われるから、実は小学校にも、中学校にも、その時々の校長先生から依頼されて寄贈した、私の大きな絵が飾ってあるのですが、そのまま絵も飾って下さるとのことは、現在の校長先生方から聞いています)

帰り道、家の前の桜通りへ続く桜たちが、少しづつ花開いてるのを見上げて、季節は確実に前へ進んでる…と、そのはかなげに揺れる花たちに、希望を見る思いでした。

| - | 14:26 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ