YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
青の時間
永年お世話になり、時にまっすぐに厳しい事も言って下さる稀有な存在であるS氏から、「ご参考までに」とお便りが届いた。それは、書籍の中の一つの章をコピーした物で見出しは「青の時間」。
読書家でもあるS氏は、時おりご自身が読んだ中からそういう私の指針となるような言葉のかけらたちを送って下さるのだ。(それはたぶん他の人へもだろう)

「ファーブルによると、人知れぬ山の中に、青の時間があるという。それは、夜の昆虫が眠りにつき、昼の昆虫が目を覚まし始める時間。その一時、地球は静まり、薄明の中で、青いのだろう。・・・」

日没直後と、日の出の直前に、隠れた太陽の光を孕んだ青が空一面を覆うひとときがある、ブルーモーメントと呼ばれるそのひと時には、中々出会えないけれど、父の病院へ急ぐ道で空を見上げてこれがブルーモーメントか…と立ち尽くしたことがある。
ファーブルが見た山の中の青の時間は、深い森の中、さらに静寂なものなのかもしれない。

最後に、「ふと、人間の魂にも、長い活動を経て、夜の時間も終わって永遠の眠りにつき、一方で、新たに昼の生命が目を覚まし始める、その狭間に、静かな青の時間があるように思えた。…」
という言葉が、心に沁みました。
| - | 00:08 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ