YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
夏空?…トンボに秋の気配

先週、金・土・日は、早朝からサッカー大会へ行く息子をお弁当持たせて送りだし、金・土は自分も朝から仕事で飛び出して、帰宅後にまた翌日の試合の為にドロドロのユニフォームを洗濯するという慌ただしさだったのですが、日曜は何とか会場の潮見中学まで少しは応援に…。
雨の中出かけて雨の中試合を熟した後で、私が着いた時は止んでいたものの、既にユニフォームも足や靴下、顔にまで泥だらけ。あー洗濯が大変…とりあえず玄関上がったらそのままお風呂場へ直行して貰おう…泥はそのままでは落ちないから、まず何回か濯いでつけ置きしてから、根気強く石鹸で部分洗い揉み洗いして流し、やっと洗濯機だな…など考えていた私の前で、息子達頑張って中々いい試合。
U13(アンダー13歳)の試合だったので、1年生中心だったのです。
なんと息子の初ゴール!。シュートが決まって帰ってきて、監督U先生の「ナイスシュート!」の声かけに、照れ臭そうにうなづきながら、また走ってゆく息子の姿に、親バカおかんは感激しながら、洗濯の心配ばかりしてた事反省しきりでした。

でもあの雨、同じ兵庫県内で、佐用町などでは、同じ頃に死者がでるほどの大惨事になっていたんですね…後でニュースで知り、胸が痛みました。
突然の自然災害…、大切な大切な家族を失われた方々に、…心からお悔やみを申し上げます。

昨日は雨が上がり、バス停でバスを待つ間…
眺めるヨットハーバーへ続く公園の上の空は、何だか雲も高く感じて秋の空のよう。
確かに立秋は過ぎたけれど、お盆の今頃はまだ、夏らしいモコモコした雲だったはず…
遠い日、小学校高学年の夏休みに、自由研究で毎日雲の観察日記をつけていた私…
積雲や積乱雲といった低空にどんとある夏の雲に、夏休み終わり頃、9月が近付くと、空高く、層雲・けん雲など、俗にウロコ雲や羊雲と言われる雲が混ざってきて、段々と秋の空に変わりゆくさまを実感したものでした。

異常気象…、怖くなります。
あの頃梅雨は「6月10日頃から7月10日頃まで」と習ったのに、8月始めまで長引いた今年の梅雨、それが明けたらもう秋が?と思わせるような空と、たくさんのトンボ達が飛び交っていました。
| - | 03:17 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2024 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ