YOKO'S SCENE

画家・井上よう子のNEWS。
忙しい土曜の最後- 井上直久先生の展・・そして日曜はサッカーに
また忙しい(充実した?)週末でした。
まず土曜、朝からNHK文化センターの仕事。水彩で、色鉛筆で、それぞれの風景を描く2回め。麻痺の残る手で鉛筆を握り、下書きの瓦屋根の線をそれは丁寧に描き進めて来た方には敬服。
他にも、沢山色を作っては、試し塗りを他の紙にしてきた方、以前教えた水彩のウォッシュの方法で、うまく空や壁を塗ってきた方、洋館の窓や見上げた屋根のラインを透視図法の原理に沿って何回も角度を書き直しがんばる人、その熱心さには元気を貰えますし、その努力は確実に実を結んでいっています。。

その後ギャラリー島田へ。土曜スタートの1F中井浩史さんの思索的抽象と、B1F片山みやびさんの伸びやかでポップな具象のそれぞれ個展拝見。(素敵です。参照-ギャラリー島田http://www.gallery-shimada.com)
島田さんと少しの打ち合わせもして、兵庫県立美術館へ急行。「ブラジルx日本 旅が結ぶアート」展・「東山嘉事展」・ギャラリーにうつり「百花繚乱展」をそれぞれ拝見。
そして大阪へ…番画廊で搬出直前の河崎晃一さんの展へ滑りこみ。

そして最後に、阪急百貨店7Fミューズホールでの井上直久先生の個展。これは見たがってた高2の娘もつれていくため、息子と共に梅田まで時間合わせて出て来てもらい、待ち合わせて拝見。
会場にいらした井上直久先生(私が高校1年2年で担任持って貰い、3年で一旦は理系のクラスに入ったもののやはり芸大行きたくて高3の夏に進路変更、芸大目指すという厄介な相談にも乗って貰い、大変お世話になった先生です。92年に高校辞められてからは、ジブリの映画制作に参加されたり、日本各地・パリやニューヨークでも個展多数で、「イバラード時間」のDVDもジブリから出されていて、知る方も多いはず)に、今年新しく出された画集と、来年用の小さいカレンダー買ってサインいただきました。会期中ものすごくたくさんのファンの方が次々サインを希望されてる中でも、ひとりひとりに丁寧にお話されながら、絵も入ったサインをしてくださる姿勢には頭が下がります。(画像はその画集とカレンダー)。この展覧会は明日12月1日月曜までです。

気がつけばお昼ご飯を食べる暇もなく、もうとにかく今日しか見る時間はないしとできる限り駆け巡った午後でした。

そして日曜は、寒い中また息子のサッカー公式戦に、6人車に乗せて行ってきました。
また、いろんなドラマのあった2試合でした…
レポートしたいけれど、洗濯と制作との小休止にこの書き込み…時間がないので仕事に戻ります。
もう来週日曜は京都へ個展の作品搬入。頑張らねば!
| - | 01:25 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ